出雲での、今日明日

 頭は柔らかく ・ 心は軽く ・ 歩みはゆったりと  行こうと!

稲田神社    奥出雲町  

29061521.jpg
奥出雲町横田に 八岐大蛇神話(ヤマタノオロチ神話)に由来する
稲田神社にお参りしました 稲田姫が祀られているそうです 


29061522.jpg
古色蒼然とした趣の佇まい
 神話ではいろいろ物語が有るようですが、信仰心が希薄で説明できません。
  

29061523.jpg



29061524.jpg
参拝の前に
 境内にある社務所の
  ゆかり庵なる 蕎麦屋で 食事をしてから 参拝しました    信心より食い気が先でした。


2907231.jpg
社務所が蕎麦屋になりました  ゆかり庵


2907232.jpg
おにぎりが付いて人気です






餅まき      

出雲大社 出雲教国造会館で行われた 奉納神楽演舞に
 餅まきが有りました

29070111.jpg
夏越の祓 神事


29070112.jpg
2



29070113.jpg
  ”国譲”の舞を奉納



29070114.jpg
 演目の途中に 散餅もちまき の場面が有り、拝殿がにぎわいます


29070115.jpg
神様の傍なので、競い合うことなく静かに 神様より授かりました



29070116.jpg
拝殿の外へも


29070117.jpg


2907031.jpg
『山王寺本郷神楽社中』の皆さんは松江市から30分山間部へ入った   
  雲南市大東町山王寺地区で活躍の皆さんでした


    ********************************************************************************




29062917.jpg
我が住む町の 夏祭り が行われるのは 
 7月17日(月) ”秋葉さん” 秋葉大権現 伝統行事 一式飾り
 7月18日(火) ”こんぴらさん” 例大祭  子供大人神輿行列


須我神社      雲南市  

松江市から雲南市大東の友人に会いに
 久しぶりに忌部の町から峠を越えて 道路沿いに

須我神社が現れました



29062421.jpg




29062425.jpg

29062422.jpg
「 和歌発祥の地」と言われていますが お宮の知識は有りません 説明不可です


29062423.jpg





29062426.jpg
石段の踊り場から鳥居越しに数十メートルの街並みを写しました



29062424.jpg
小さな集落ながら きれいに清掃されて凛とした佇まいの街並みです




昨日は台風騒動でしたが、山陰は影響は無かったでしょう
   降雨により宍道湖の水位が上がれば湖水も循環してきれいになるでしょう、
      水草で覆われ汚い松江市堀川もきれいになるでしょう。
   雑草が伸びるのは脅威、すごい勢いで伸びています、お手上げです


夏越の祓する人は・・・  

酉年も半分終わる 6月30日に 出雲大社 ”北島さん” 出雲教北島国造館で行われた
 神事 「夏越の祓」なごしのはらえ  へお参りに行きました


29063041.jpg
茅の輪くぐり神事をおえてから 拝殿へ上がります
 ”茅の輪”ちのわ を作法通りに くぐって
   無病息災を祈りました


29063043.jpg
少し時間が早かったのが幸い
 本堂の端に設けられた椅子に座りました 近くの幼稚園児も神妙にしています、神事には慣れている様子です。


29063044.jpg
神楽の舞は 雲南市大東山王寺神楽が奉納



29063047.jpg

3時から 大祓式が斎行されました
 半年の間にたまった汚れを祓清める”夏越の祓”
 参拝者一同 ”大祓詞” を唱えてこころを穏やかに


御言葉に書いてあったのが「水無月の 夏越の祓する人は
               千歳の命 延ぶと云うなり」

               みなつきの なこしのはらえするひとは ちとせのいのち のぶというなり

29063045.jpg
無事 大祓式 も終わりました


29063046.jpg
欲しそうに見ていたら スタッフの爺さんからお餅をいただきました だんだん
 高齢者は律義です、試食をすれば家内は当然買います 
  今夜は 山菜ごはん  明朝は餅です 他にお土産も


29063042.jpg
”千家さん”の  神楽殿へもお参りして帰りました
 途中から娘も合流して 友人のカフェへ2人で行きました、私は応援の為職場へ急行!





大山寺参拝    鳥取県大山  

梅雨入りながら 空梅雨模様
 気温30度越えの快晴 意を決して 大山まで ドライブ 1時間チョット80km


2906211.jpg
大山寺参拝駐車場から5分程度で山門に着きます
 家内は日々のお疲れで 車中で休息


2906212.jpg
大山寺本堂へお参り
"御先祖様に会える寺---------。


奈良時代養老2年(718年)  したがって来年が 大山開山1300年だそうです


2906213.jpg




2906214.jpg



2906215.jpg




2906216.jpg
鐘楼の大釣鐘をありがたく ゴーン3度撞かせていただきました。


  「誰は為に鐘は鳴る」アーネストヘミングウェイ著 映画(1943年)ではゲーリークーパー・イングリットバーグマン
  昔のことを思い出しますが、最後は何だったかテーマがむつかしくて理解できませんでした、今読めばどうでしょう。

  




2906218.jpg
山門から 参道 登山道を下る急な坂道を写しました



2906219.jpg
大神山神社の鳥居をくぐって、自然石が石畳上に敷き詰めた 参道をしばらく歩けば
 大神山神社 の境内 拝殿にたどり着きますが今回はお参りはしませんでした。


FMラジオ「あの頃、青春グラフィティー」6月24日は18年前に他界した歌手村下孝蔵特集でした、
 元マネージャーがリクエストした ”丘の上から” 琴線に触れる調べです 御手洗の丘公園ユーチューブで見ました
  哀愁ただようマイナーな曲作りとギターの上手さは抜群、なぜか村下孝蔵を聞くと涙腺が緩む感じになります。


▲Page top