出雲での、今日明日

 頭も軽く ・ 心も軽く ・ 軽いのりで  行こうと!

島根半島42浦巡り  「祭礼・浦巡りバスツアー」  

12日に行われた 「祭礼・浦巡りバスツアー」

野井とんど浦巡りバスツアーに参加しました



2601164.jpg
松江市の佐太神社参拝から始まります、
 研究会副会長一畑寺飯塚管長の新年のあいさつと会の発展祈念で始まり

 歴史学者の関和彦先生の説明で謂れ歴史のお話などを拝聴しながら散策も有ります


2601165.jpg
佐太神社の 宮司さんの お話を賜りました


2601166.jpg
加賀神社の役員さんのお話を聴講


2601167.jpg
松江市島根町小波 の民宿で 昼食


2601162.jpg
島根町沖泊 津上神社では
 事務局のT氏より丁寧に説明を受けました。


2601161.jpg
島根町歴史民俗資料館も見学
 貴重な民俗資料も有るようです、漁村の昔の漁具は初めて見る物ばかりです。


2601163.jpg
弁慶の潮掻き穴と言われる
  名所へも松江市島根町沖泊



次回は 2月4日(火) 「出雲市大社町宇龍 和布刈神事・浦巡りツアー」

    3月8日(土) 「出雲市十六島町 許豆神社祭礼・浦巡りツアー」です。




島根半島42浦巡り 野井とんど   松江市島根町  

12日におこなわれた
 「野井とんど・浦巡りバスツアー」に参加

 信仰あつい 漁村の小正月風景

2601133.jpg
午後の1時ごろ お宮「爾佐加志能為神社」に参拝すれば
 地区の氏子の皆様方は 酒宴も終焉の時
  若い衆を迎えて 神輿の 町内練り歩きを 待つところ


2601134.jpg
若い衆が お宮に 神輿”宮練”出発の報告に
 お神酒はお祭りに付き物 まずはお神酒を浴びて 

2601132.jpg
見学の私たち50数名にも  お神酒も
 ぶり・いか の刺身・バケツに一杯の”あらの煮つけ””イカの煮つけ” みかんも 
  気持ちのこもった 歓待をうけました

   
2601141.jpg
 バケツに魚の煮物を入れて振舞う方法は文化が違うと感じました



2601135.jpg
いよいよ お宮を 出発
 デーマデ(出るまで)オオハイゴン(大騒動)のオマチーサン(お祭り) 

2601131.jpg
獅子も天狗も 現れました
 獅子に噛まれれば 魔除け お利口さん 厄除けなど
  オゾカッタ(怖かった)がホエダッタ(泣かなかった)ニョーバンコ(女の子)
 
 ココンタハ(この地域)出雲弁はチカワンカ(使わないか)?

2601136.jpg
とんどの周りを練り歩いてから 町内を練り歩きです
 明朝6時頃に とんどに 火がつけられ 小正月の”とんど祭り”も無事終える事でしょう

 役員さんも行事が終われば 肩の荷も下りて やっと家族の正月が始まるかもしれません?





島根半島7浦巡り バスツアー      

快晴の10月14日に島根半島42浦巡りのうち今回[7浦巡りバスツアー]に参加しました
 

2510183 (2)
全6回の浦巡りツアーも今回で満願。

 次回からのツアーも楽しい企画になると思います、
  海に生きる漁村の生活、子供を大切にしたお祭りがテーマのようです
   写真には良い題材になると思います。





2510181.jpg
本殿で地元の役員さんのお話を聞くのもほのぼのとした気持ちにになります。


2510184.jpg
お宮では地元役員さんのお神酒での お・も・て・な・し を受けることもあります


2510185.jpg
参加者は70名位だったか 高齢者が多いのは当然かもしれません。


2510183 (1)
全て浦巡り巡拝7社参拝が終わってからは次の企画

 同行された関和彦先生の講座が有ります 
最近「古代歴史文化しまね賞」を受賞された先生の出雲地方のお話
 興味深く拝聴する事が出来ました、
先生の 「古代に行った男ありけり」今日深い題名と内容の本で、
 著者にサインを為書きお願いしました。


今日は雨 読みかけの 「法服の王国」黒木亮著を読もうと上巻後150ページ、まだ下巻も有り
 カメラ雑誌に各種カタログ・パンフレット、机の上の整理 する事いっぱい溜まるだけです

島根半島42浦巡り 満願  一畑薬師   

2510058.jpg

2510112 (2)

島根半島42浦巡りも全部参拝すれば
一畑薬師へ参拝することになります、そして

  満願



2510059.jpg
バスツアーにご同行頂いた
 一畑薬師官長様よりご高話を拝聴しました。



2510112 (1)
8月の浦巡り バスツアーでの 本堂へ参拝した折の絵です




2510057 (2)
70歳の誕生日の日 9月30日に お祓いをお願いした時に記念撮影をお願いしました


25100510.jpg

家内も 御祈願というかお祓いというか
 ご祈念項目欄に複数〇印があり 欲張り具合にチョット頬が緩みまし

2510057 (1)
参道のお土産屋さんで ”一畑饅頭”を数箱買って 姉とか友人とか、70年前の戦時中母姉がお世話になった90歳のばあさん宅に持参して 70歳の誕生日を喜んでいただきました。



島根半島42浦巡り 42番 福浦 諏訪神社  

西から巡って最後は42番  福浦地区の 諏訪神社

 ここは日本海の浦ではなく、境水道沿いの漁港です 



福浦1
諏訪神社へ到着、オートバイで来た時は9月上旬 暑い暑い日でした

福浦2
見事な彫刻の額が 飾ってありました

福浦3
春に出雲大社から始めた島根半島42浦巡りもここ、福浦の諏訪神社で完結しました。

福浦4


福浦5
対岸は 鳥取県境港市 橋の向こうは”げげげの鬼太郎”で有名な”水木しげるロード”になります。


 10月14日は 第6回浦巡りバスツアーに参加します
  同行され講演をされる 関和彦先生の最新の著書も読みたいと思います。






▲Page top