出雲での、今日明日

 頭は柔らかく ・ 心は軽く ・ 歩みはゆったりと  行こうと!

映画「孤狼の血」  

映画「弧狼の血」は 呉でロケをされたとNHKニュースで見たので
 Tジョイへ 見に行きました
架空の呉*市ながら、 呉市の方が見て エログロバイオレンス 大人ならまだしも!


3006092.jpg  3006093.jpg
 松坂桃季の人気ぶりが分かりました






**********************************************************************************





30063017.jpg
藤沢周平作品を 山田洋次監督が映画化した 2004年の作品  「隠し剣 鬼の爪」 BSで録画した作品 ”武士の一分” ”たそがれ清兵衛” 時代物3部作を深夜連続で見ました



30063018.jpg
松たか子 岩井俊二監督の” 赤い傘”で見た初々しい姿は 当時も新鮮さが残っているのが不思議なくらい
ピョンチャン冬季オリンピック選手が歌う映像 ”花は咲く”岩井俊二の作詞と知りました



30063019.jpg
武家社会を断って、蝦夷へ向う旅   嘗ての下女に ”主人の命令だ”  ”命令ならば・・・”
  武家社会の不条理に悩む 演技も永瀬正敏にあっていました

 清々しい 山田作品でした。






映画「万引き家族」  

Tジョイ出雲 で 話題の映画「万引き家族」を見ました


3006123.jpg
フランス 「カンヌ最高賞受賞」作品 早くも 見られるとは思いませんでした。
 21:10からのレイトショー 観客は10名程度 私には夕食後のちょうど良い時間ですが夜9時で寝る方も多いようです





3006122.jpg
感想から言えば 都会の貧乏家族の物語と言えば身も蓋もなしか、 フランスならジャンギャバン アランドロンの昔の映画で見たロマ(ジプシー)家族・難民地区の ような感じ、田舎では見ることのない生活空間です。
 映画としては面白いながら 外国で賞を取るほどの内容とは思いませんでした。
レビューを見れば 最高だった 素晴らしかったなど称賛の記事見ますが、やはり感動出来なかった方も多く安心。

NHKで是枝監督をゲストに迎えた番組、観客には何を感じて頂けたか、監督は何を伝えたかったか?









3006171.jpg
是枝裕和監督作品 フジで2週連続の放映を録画しました   劇場でも見た作品です
#海街diary #そして父になる #万引き家族

どちらの作品も 娯楽作品として ほのぼのとした気持ちで見ました 



【父の日】・・・・・・・ 息子が 用意したのは ”父の日ケーキ” 娘からは”図書カード”  だんだん(ありがとう)
 父の威厳?家長として あえて客間で家族3人で会議をします
   誕生日と父の日・母の日  決算期の株主総会などに限っています、侃侃諤諤・紛糾より上意下達かもしれません。

     老夫婦は仕事にも家庭でも一歩も二歩も引き下がって、長男が一切をするようハッパを掛けました
 私は自分ファーストを貫く意向を宣言   家内はまだ暫くは ”母”と”店長”を貫くようです。






3006124.jpg
黒川博行作品 「封印」 「左手首」1990年代の作品 Amazon文庫本1円
 読んで面白い作品です  でも  「悪果」 「喧嘩」 「国境」 「果鋭」などは、2度読みしても面白いでしょう


3006191.jpg
昨日買った新刊文庫本「雨に殺せば」 サッカーも野球見ないので、 読書します。






「カリナン」春江一也著  

友人が セブ島へ観光で20数回 行った話を聞き
 読みたくなったのが 春江一也著「カリナン」 比国の歴史 日比の戦争 ほとんど知りませんでした。

 カリナンとは、マニラ麻栽培を移住日本人が成功させた #ミンダナオ島にある町の名です。
 著者は駐比国日本大使館勤務体験


3005307.jpg
外交官出身の小説家#春江一也2002年の作品 「カリナン」はフィリピンを舞台とした日比戦争孤児の悲惨な運命から始まる小説
私自身 胡散臭い国と漠然と思っていて行く気は有りません、#ドゥテルテそのものが国を象徴しているようです。

 #カリナン以後の作品「ウィーンの冬」 「上海クライシス」は 読書の楽しみを教えてくれた作品でした。






3005306.jpg
ラジオ深夜便で 高齢者にもプログラミングの楽しさを説いていたのを聞きながら
 2020年から学校で #プログラミング授業が必須になる話を聞き、小1の孫と一緒に勉強意欲が沸きました。

本屋さんで見たのが 「キッズプログラミング」興味があります 買うか買わないか 勉強してから



 最近知り合った勉強会での友人に前職はと聞けば”システムエンジニア” プログラミングを含め聞く事はいっぱい。
  明日のビアパーティーで、より親しくなる心強い友人となれば幸いです。





「丘の上から」   村下孝蔵   

大崎下島 御手洗の街はいまも 江戸の雰囲気を醸し出す 昔は北前船の寄港地でにぎわった港町。
 ミカン畑の山頂に”歴史の見える丘”があります。

私的には 村下孝蔵の 「丘の上から」 「松山行きフェリー」 曲構想の地 で立ってみたかった丘です。



30041723.jpg
帰るときに上がってきた サイクリスト数名

30041728.jpg
丘の上から 島々を見た景色 


30041727.jpg
急坂を登ってきた ロードバイクの若者たちは健康的な汗いっぱいでした
 久しぶりに健康的で気持ちの良い青年たちに会うことができました




30041724.jpg
私と同年配の高齢者の方と、 三江線乗車とかいろいろお話しました



30041721.jpg




30041726.jpg



30041729.jpg
集落は 御手洗の街になります





30041722.jpg
芸予海峡というのか 来島海峡かわかりませんが
 松山行きフェリーを見送った海峡でしょう

3004148.jpg 3004149.jpg
全国コミュニティーFM「あの頃青春グラフティー」村下孝蔵特集で元マネージャーが推薦した

 ”丘の上から”を聞いてAmazonで 買った 「林檎と檸檬」ベストセレクション

   #村下孝蔵はもう20年前に亡くなっています、今もファンが多いようです。

    哀愁漂う歌声 短調のメロディーが泣かせたヒット曲の数々   若くて亡くなったのは悲しいです。





30041725.jpg
ミカンの収穫もほぼ終わった頃でした











高い本も 捨てるしか  

管理する空き家には、義父・義兄夫婦の蔵書がたくさんあり だいぶん処分しましたが、
捨てるには惜しい本は書棚に少しだけは置いていますが 50年から20年前の本は売ろうにも
 高額な本 全集物 辞典は全く値打ちがなく捨てるしかありません。

30030511.jpg
再読したい本が いっぱいありますが 、 まだ家で静かに読む習慣ができていません。



3004191.jpg


30030512.jpg
古書店から来ていただきましたが、私と息子の本を主に買い取って(ただ同然、ブックオフ持ち込みが良)
全集物は人気がなく置いて帰りました。 

30030513.jpg
昭和3,40年代か辞典文学の全集物のセールスが流行った時代がありました
      ほとんど未読の感じです、捨てるだけです  



3004172.jpg  3004192.jpg
 
韓国の女優 崔銀姫92歳の訃報を知って 昭和63年発刊の「闇からの谺」を読んだ時の戦慄を思い出します。

映画好きの 金正日が韓国の映画監督申相玉 女優崔銀姫を1978年拉致して北朝鮮で映画製作をさせる計画 、

1986年ウィーンの米国大使館へ駆け込み脱出をはかるまでの 北の想像を絶する過酷な環境の中で生きたノンフィクション作品!







30041410.jpg
鍵がなくて 開かない金庫があります 30~40年前になるでしょう、義父か義兄のか家内にもわかりません。

 中には何が入っているか、気になりますが ある時テレビで鍵屋さんの番組を見て、鍵屋さんは都会の仕事と思っていましたが
 当地にもあることを知り、1~2万円前後なら頼むのも良かろうとおおうところです。

 







▲Page top