出雲での、今日明日

 頭は柔らかく ・ 心は軽く ・ 歩みはゆったりと  行こうと!

「プラハの春」春江一也著    

元外交官の作家春江一也著の 「上海クライシス」を読んだのが10年前、
 共産国家、社会主義国家の人民無視の不条理に憤りを覚える思いで読んだ事が有ります。

2908045.jpg
フィクションながら 2005年に中国で起こった、「在上海日本総領事館員自殺事件」がヒントになった、
 575ページの長編です。

 今回中欧諸国に興味がわいたので、著者の初期作品が話題を呼んだ「プラハの春」20年前の作品を読みました。
 ハンガリー動乱1956年   ワレサの民主化運動1980年(ワレサ大統領、私と1日違いの誕生日でした) など もうずいぶん昔の事になりました
  アマゾン注文は単行本のつもりが 文庫本でした、単行本が家で読むには好きです。




  2907132.jpg  2907131.jpg
1968年著者チェコスロバキア日本大使館在勤中に起った、ドプチェクの民主化運動いわゆる「プラハの春」からソ連軍侵攻に至るチェコスロバキア国民の惨劇を描いた作品、フィクションではありながら現実を直視した体験をもとに鬼気迫る作品。

 50年前と変わらぬロシア・中国の体制を維持する異常なまでの管理社会、日本では想像もできない東欧諸国の内実でしょう。
  今は東欧諸国も EU加盟、  ソ連からロシアに スターリンからプーチンへ、でも怖さは変わらないでしょう。




2908042.jpg
中欧の国々がコソボ紛争(1990年代の民族紛争)以後、国名が分断分裂で分からなくなりました、民族・言語・宗教などの違いで一触即発状態ながらしばらくは平和が保たれているようです、単一民族・島国の日本人には想像できないヨーロッパの国々でしょう。



春江一也の中欧シリーズ、読書の秋には 「ベルリンの秋」を読み、「ウイーンの冬」いずれも長編ながら読むでしょう。


最近テレビを見ません、表面だけのニュース・TBS”ひるおび”もワンパターンで食傷気味、政局・殺人事件・芸能ニュースは興味なし、歳をとれば穏やかに明るい話題が好きになり 私ごときが国の明日を心配することでもありませんと達観しています。
でもラジオは聞くことに集中できるので好きです、音楽も有りカルチャーありで家には風呂・トイレにも置いています。



  

映画「草原の輝き」  

NHKBSを録画して見たのが ”草原の輝き” と”シシリアン” 洋画も邦画も昔の映画が良くなりました。

29071417.jpg
ウォーレンベイティー ナタリーウッド 「草原の輝き」56年前の映画、20代の時に見たでしょう
その後BSなどで数回見たでしょう、
 炎のごとく燃えた恋、いろいろあった青春時代も・・・・・今は落ち着いてつつましくも農業で幸せな暮らし

  ”冬のソナタ”のエピローグもそんな感じだったと思います、一回しか見ていませんが最後のシーン
   病気のヨン様とチェジューとごく普通の旦那に子供の3人家族の再会場面  時の流れうつろい



29071419.jpg
エリアカザン監督が 1928年世界大恐慌時を背景に描いた青春物語
ワーズワースの詩がテーマになっていますが私にはわかりません
”草原の輝きは戻らず” ”花は命を失ったが” ”嘆くことはない” ”残されたものに力を見いだすのだ”

ウォーレンベイティー80歳は監督・俳優などいまも大物現役アーティスト
 ナタリーウッドは30年前に水死事故・事件で43歳で死亡







2907156.jpg
ジャンギャバン アランドロン共演 「シシリアン」 48年前の映画
 美男俳優の代表アランドロンも引退を発表81歳 



デジタルリメイク・リマスターされた作品を劇場で見たい映画がたくさんあります
若いとき映画とジャズが好きだったので、セミナー・パーティーなどで話題にもついてゆくことが出来ます、
 黒澤明同好会・フランクシナトラファンクラブ・ソニーロリンズ会などの名士とも田舎者ですが話が出来ます


映画「家族はつらいよ2」  

山田洋次 脚本監督
 「家族はつらいよ」2
  テーマはいっぱいあると思いますが、シリーズとして人気が出るか  監督も高齢ですし


29062111.jpg
橋爪じいさん 小林稔侍同級生の設定は73歳 私と同じ歳になります
 運転操作自損事故が続いたので、免許証返上がテーマ! 73歳で返上とは山田洋次監督へ、77歳なら納得ですが。

私自身で言えばスバル車2年2ヶ月で6万km、軽トラ1年で1万8千km走破、年間5万km弱乗っている計算になります
 映画でも橋爪じいさんはプリウスの最上級車買うつもりの設定でした。 スバル車モデルチェンジなら買い変えも


29062112.jpg
総花的なドタバタ進行になっています。

 おじいちゃんの息子もあんな事をして、実生活の橋爪さんの家族も”つらいよ”でしょう。





或る会合での雑談   旦那の事、妻の事を 互いにワイワイガヤガヤ
お互いの浪費・しぐさ・行動・趣味道楽に 次第に目障り、気に障る事があっても 所詮あと3年5年せいぜい10年の事
  『みんな年をとる』邱永漢著より
 歳をとるとケチになり、お互いガミガミでいがみ合いのようです お互い”片目をつぶる”事がベスト、見て見ぬ振りが最善!

2907241.jpg
歳をとったら、兄弟姉妹仲良しが一番 
 実家のお盆準備を終えれば、食べて喋って切りが有りません おおべんけにいえば(大げさに言えば)抱腹絶倒!




衝撃「ピュリツァ-賞受賞作品」  

本屋さんで手に取ってみたのが「ピュリツァー賞受賞作品全記録」の本。

2905301.jpg
帯の写真は タイトルは忘れましたが  幼女を狙う猛禽ハゲワシ

 戦争で起こったむごたらしい写真  帰還兵を迎える家族  歴史的事件 感動的一瞬 
   一枚の写真が 筆舌に尽くし難い場面を記録しています
 命を賭したカメラマンの記録・悲惨な被写体、中をペラペラ一瞥も失礼と思いほとんど見ませんでした。





2907153.jpg
NHK ”あの日あの時あの番組” 従軍写真家澤田教一 を録画しました。
   ピュリツァー賞受賞の ベトナム戦争時の写真 有名な ”安全への逃避”


2907139.jpg
ホーチミン市の大統領府  1975年4月北ベトナム軍が勝利、米軍がヘリで脱出した場所    2007年に現場を写しました

 ベトナムはホーチミン市とハノイ市周辺のみ4回行きましたが、夜1人出歩きましたが怖いと思ったことは有りません、
 駅周辺・市場の暗闇の広場で学生がこの国の将来 ・人生を語っているような雰囲気でした、チャラチャラには感じません。
でも外国ではスキが有ればスリ・雲助タクシー・女性にやられます、紳士・秘書同行の方が被害にあう事があります。
29071521.jpg
ベトナム戦争が終わって32年たった2008年のころ、若者を多く見ました 公園で写してくれたのは某著名人です。

 古都フエ・ホイアンへは観光に行きたいです、食事 コーヒー 果物は日本人に会うと思います。






写真展を見て     大阪  

先日 大阪ニコンサロン大阪で見た写真展 ”新疆ウィグル自治区の今”
 1党独裁の政治に虐げられた民族、服装・言語・集会・信仰厳しく弾圧される今を見て  息をのむ人権無視の共産中国。




2907137.jpg 2907136.jpg私が写した写真です
8年前新疆ウィグル自治区の隣の省 青海省西寧で写した、家族の絵
 チベット鉄道の始発駅西寧ですが、チベット弾圧で外国人は厳しく制限されチベットへ行けません
  ウィグル族チベット族は国家に蹂躙されています。








 キャノンギャラリー大阪で見た  ”ボーダーライン 境界を生きる者たち”  
 厳しい環境 飢餓 戦争 貧困  深く刻まれた皺の老人 恐怖におびえる子供の目 深いため息が出ました。



2907133.jpg 2907134.jpg私が写した写真です
6年前バングラデシュの子供 アジア最貧の国、インフラ援助も為政者の懐へ、 あえて愚衆政策で教育は最低限度にして反政府運動起こさせない・・・現地ガイド談     バングラデシュの写真も数点ありました。

 アジアの貧困・人権をはるかに超える、虐殺・飢餓・病気・内紛つづく暗黒大陸アフリカの写真に絶句!




29071318.jpg
展示場外から



富士フィルムフォトサロン大阪は 京都舞妓撮影会コンテスト
 最後に見学した舞妓の写真展は レベルも違い興味ありませんでした。  
2907141.jpg
撮影禁止なので 私が3月に写した観光舞妓さんを載せました、8月1日祇園 ”八朔”が有ります、またの機会に!




******************************************************************************************




素晴らしい 写真集に出会いました
29071312.jpg
「山陰絶景」  ドローン撮影は 圧巻です  撮影者KWANは出雲市在住のようです





▲Page top