出雲での、今日明日

 頭は柔らかく ・ 心は軽く ・ 歩みはゆったりと  行こうと!

「丘の上から」   村下孝蔵   

大崎下島 御手洗の街はいまも 江戸の雰囲気を醸し出す 昔は北前船の寄港地でにぎわった港町。
 ミカン畑の山頂に”歴史の見える丘”があります。

私的には 村下孝蔵の 「丘の上から」 「松山行きフェリー」 曲構想の地 で立ってみたかった丘です。



30041723.jpg
帰るときに上がってきた サイクリスト数名

30041728.jpg
丘の上から 島々を見た景色 


30041727.jpg
急坂を登ってきた ロードバイクの若者たちは健康的な汗いっぱいでした
 久しぶりに健康的で気持ちの良い青年たちに会うことができました




30041724.jpg
私と同年配の高齢者の方と、 三江線乗車とかいろいろお話しました



30041721.jpg




30041726.jpg



30041729.jpg
集落は 御手洗の街になります





30041722.jpg
芸予海峡というのか 来島海峡かわかりませんが
 松山行きフェリーを見送った海峡でしょう

3004148.jpg 3004149.jpg
全国コミュニティーFM「あの頃青春グラフティー」村下孝蔵特集で元マネージャーが推薦した

 ”丘の上から”を聞いてAmazonで 買った 「林檎と檸檬」ベストセレクション

   #村下孝蔵はもう20年前に亡くなっています、今もファンが多いようです。

    哀愁漂う歌声 短調のメロディーが泣かせたヒット曲の数々   若くて亡くなったのは悲しいです。





30041725.jpg
ミカンの収穫もほぼ終わった頃でした











高い本も 捨てるしか  

管理する空き家には、義父・義兄夫婦の蔵書がたくさんあり だいぶん処分しましたが、
捨てるには惜しい本は書棚に少しだけは置いていますが 50年から20年前の本は売ろうにも
 高額な本 全集物 辞典は全く値打ちがなく捨てるしかありません。

30030511.jpg
再読したい本が いっぱいありますが 、 まだ家で静かに読む習慣ができていません。



3004191.jpg


30030512.jpg
古書店から来ていただきましたが、私と息子の本を主に買い取って(ただ同然、ブックオフ持ち込みが良)
全集物は人気がなく置いて帰りました。 

30030513.jpg
昭和3,40年代か辞典文学の全集物のセールスが流行った時代がありました
      ほとんど未読の感じです、捨てるだけです  



3004172.jpg  3004192.jpg
 
韓国の女優 崔銀姫92歳の訃報を知って 昭和63年発刊の「闇からの谺」を読んだ時の戦慄を思い出します。

映画好きの 金正日が韓国の映画監督申相玉 女優崔銀姫を1978年拉致して北朝鮮で映画製作をさせる計画 、

1986年ウィーンの米国大使館へ駆け込み脱出をはかるまでの 北の想像を絶する過酷な環境の中で生きたノンフィクション作品!







30041410.jpg
鍵がなくて 開かない金庫があります 30~40年前になるでしょう、義父か義兄のか家内にもわかりません。

 中には何が入っているか、気になりますが ある時テレビで鍵屋さんの番組を見て、鍵屋さんは都会の仕事と思っていましたが
 当地にもあることを知り、1~2万円前後なら頼むのも良かろうとおおうところです。

 







映画「ペンタゴン・ペーパーズ」より面白い  

Tジョイ出雲で映画を見るのは最終21:00からがほとんど、
 観客はペンタゴン・ペーパーズも  レッドスパローも少人数貸し切り気分で見ています。

3004074.jpg
「ペンタゴン・ペーパーズ」監督も主演も大物、モチーフも面白そうだったので見ましたが
 ニクソン大統領 ベトナム戦争時の国防総省=ペンタゴンの秘密文書を スクープするのは
   ニューヨークタイムズ・ワシントンポスト2大新聞社が真実を伝えるか否か

  ストーリー展開が早くある程度流れが分っていて見なければ 理解できません。




3004073.jpg
「レッド・スパロー」 ロシアのバレリーナが再起不能の怪我を負い生きる為に、過酷なスパイ養成所でのハニートラップのNH心理戦のNHを屈指してアメリカCIA局員から情報摂る作戦・・・・。
 資本主義国家・社会主義国・独裁国家 スパイ=スパローが国家間では暗躍しているようです。

元外交官作家春江一也著でも ウィーン ブタペストを舞台に東欧・ソ連・北朝鮮の諜報員が暗躍する場面がありました。
 数年前、極東ロシア旅行時  街中を闊歩するモデル級の美人を数多く見かけ 男性陣の話題になりましたが
  当地の諺に曰く ”若い時は蝶、老いて蛾になる”
  スーパーモデル級美人のハニートラップ(色仕掛け)にかかればイチコロ、国を売るでしょう。



3004072.jpg
逆スパイ高官が ”我が国は監獄国家、個人はなく すべて国に管理されている”

 森友に1年以上も費やす非生産的な国会審議ができる民主主義国のまだるさ、
  一方、社会主義・共産国の特権階級を保つため、人権無視の横暴 絶対的上意下達の速さ
  不条理で民衆無視の為政者は保身と猜疑心と臆病からか、不満分子・政敵を徹底的に抹殺します。

  最近起こった 英国での元ロシアスパイと娘の毒殺事件、映画でも毒薬殺害方法をスパローに教授する場面ありました。

   それにしても、面白く見ました 2,3回くらい見ても面白そうです。






3004079.jpg
「午前十時の映画祭9」が今年度も始まります 名作がいっぱい
 4月13日オープンスペシャルとして 「タイタニック」


3004077.jpg
「家族はつらいよ」は見ます



本屋巡り   「散り椿」映画化 木村大作  

本屋さんをぶらつくのも好きな時間を有意義に過ごす時間です

本のタイトル 作家 帯を見て発行日を見て買います、
 写真誌・バイク誌・旅行紀・実用書なども都度買っています 



30032111.jpg
NHKラジオで 映画監督・撮影の 「木村大作特集」 を聞いて買ったのが
 「散り椿」 葉室麟著 今秋封切りの映画”散り椿”の原作です
エクセルで 簡単に主な登場人物の相関図・家系図を描きながら読まないと流れが分りません。

あの意気軒昂な#木村大作が映画にしたいと思った原作、ラジオを聴きながら思いが伝わりました、封切りが楽しみです。




30022014 (1) 30022014 (2)
男親と息子の確執、は世間一般によくある話ですが、これは孝行息子

帯に追悼 葉室 麟 昨年12月23日逝去


30022015.jpg
知り合いが 新聞に書評レポートを載せていたので買いました
 「色仏」花房観音著 途中から読まなくなりました



今日の証人喚問は私見ですが 野党とメディアの”飯の種”程度と思っています。
 TVのニュースで知る程度で 一般的に深層が理解できる事はないでしょう。
  松本清張が描く森友小説だったら面白そうですが




映画「招かれざる客」  #マンハント  

「午前十時の映画祭」で見たのが
 「招かれざる客」 4月からの新しいスケジュールも決まりました、「タイタニック」が第1回目の上映。
「シェーン」 「太陽がいっぱい」・・・・など。




30030621.jpg
「招かれざる客」 1967年作品50年前の映画 人種差別を扱った当時話題作
 シドニーポワチエの全盛期の作品 夜の大捜査線も同時代でしょう
  S・トレーシーとk・ヘップバーンの演技も評判でした

「麦秋」も見るかもしれません 笠智衆東山千栄子のほのぼのとした老夫婦、
 年齢設定は私くらいでしょうから70歳過ぎでしょう、それにしても老いた姿に見えました。



30030622.jpg
「マンハント」は大阪ロケと聞いていたので見ました
 全く、荒唐無稽なストーリー展開 ただ暴力のみ
  福山雅治がなぜ出演OKしたのか 不思議なくらいの中国映画 


30030625.jpg 30030624.jpg
 「ペンタゴンペーパーズ」はT・ハンクス M・ストリープの大物俳優の話題作
 「ブランク13」はパンフを見て面白そう




30030626.jpg 30030623.jpg
「終わった人」は読んですぐ、F事務局長の退職記念に差し上げました。
「レッド・スパロー」は ハニートラップ 共産国社会主義国では今も実在のようです、日本ではH首相が噂されました。

4作品 見るつもりです

学生時代から洋画とジャズが好きだったので、都会での集まり旅行などで話題が共有できますが、出雲弁なのでチョット。



▲Page top