FC2ブログ

出雲での、今日明日

 頭は柔らかく ・ 心は軽く ・ 歩みはゆったりと  行こうと!

世界遺産 石見銀山       島根県大田市  

6月の4日 私たちが学ぶ くにびき学園社会文化科の 校外学習に出かけました。
 今回は 世界遺産石見銀山 研修です 出雲に住む私には60kmは近いので年数回行きます。
 松江市安来市の仲間には100km以上有るのでちょっと遠いよう感覚のようです。

県東部の方には、私の出雲弁・ジージー弁が チージラン(伝わらない)言葉が多々あるそうです(笑)




3106051.jpg
5月の授業で 石見銀山資料館の藤原先生より 2時間しっかりと受講していたので概要は分かったつもりです?

石見銀山世界遺産センターで パノラマ模型を見ながら石見銀山周辺の地理 歴史を学ぶ仲間   (手振れ写真にしました)
 



3106052.jpg
猛暑の中を歩く一行   ガイドさんは矍鑠(かくしゃく)として当意即妙な語り
 郷原ガイドさんのおかげで 楽しく 学ぶことが出来ました 歩きも喋りも達者なガイドさんで最高でした。



3106053.jpg
緑陰のなかを 歩けばさわやかな涼風に 気持ちが イ~!



3106057.jpg 3106055.jpg
清流には ハエン イトトンボ



3106054.jpg
石見銀山 銀坑道の象徴 バスから降りて約2km 龍源寺間歩に到着です



3106056.jpg
研修担当のJunチャン明るいキャラで人気者 
 欠席の多い私はナンノカネ(いつもの事ながら)お世話になっています。
彼がピッカピカの一年生の時に、私はニキビ面で高校卒業の年の差 
 社会文化科クラス内で 私は最高齢の TooOld(老いすぎた)  彼はクラス一の TooYung(若すぎる)




3106058.jpg
お茶を頂き 試食もさせていただければ
 当然 買うのが礼儀と思っている 律儀な 高齢者  私も買いました。




3106081.jpg
    JKよりキメポーズが可愛いOVER60のマドンナ、
                        そしてUNDER70のタフガイ。



3106059.jpg
歴史ある世界遺産の街 大森の街並みには江戸の時代が有ります
 橋のつくりも珍しい趣が残っています  



今日は倉敷アイビースクエア1泊 で高校の同窓会に参加です



”億の近道”  

先月読んだ ジムロジャースの著書「お金の流れで読む日本と世界の未来」を読み
  20年前の著書 バイクと車での世界旅行記を読みたくなって
   アマゾンで3冊発注した後に 別の本棚に 3冊とも有り二重になりました   でもいいか!

経済・お金の本はたくさん売れていますが、学者・評論家・大学教授の著書は知識を知るだけ
 未来展望が間違っても責任無し 過去を書いた本なので興味なし無益です。   



 3104167.jpg
1990年から2年をかけてBMWバイクで、5大陸18万kmの世界一周旅行記
 グーグルアースを見ながら読めば一層 楽しむことができます。
  それにしても豪胆で冒険心 好奇心 いっぱい それに投資先をしっかりと肌感覚でとらえるすごさに感心。



3104168.jpg
特別仕様のベンツで 1998年~2001年116ヶ国25万kmの世界一周旅行記 ギネス記録
共産・社会主義国のシステムの硬直化・役人の怠惰さ 不条理はすごいようです、
 
  紀行というより投資先としての各国の、将来展望を描いた感じの本です








3104166.jpg
アメリカの時代から アジアの時代が来ることを見据えて シンガポールへ移住したのが12年くらい前




再読用邱永漢著書は100冊以上は本棚に
3104171.jpg
還暦以後に、直木賞作家邱永漢氏主催”投資考察団”の 投資とグルメ の旅をしたのとほぼ同じ時期

 ”山の向こうの、景色が見たい” 両氏に共通するのは 好奇心 行動力 楽観

過去ながら、当時の目標 ichioku    芭蕉の ”奥の細道”に習って   
  ”億の近道”のブログタイトルの時もありました。
 
 メディアから“神様”の冠が付いた邱永漢 ・ 投資家ジムロジャース に出会えてありがたいことでした。
  





フォトギャラリー見学     大阪  

大阪で行われている 写真展を見学しました。

展示作品は 1,2週間で変わり プロの写真は撮影禁止が多いです。

富士フイルムフォトサロン大阪
ニコンプラザ大阪
キヤノンプラザ大阪   3社のギャラリーを見学しました





31042312.jpg
駐車場の近く中央区本町
 富士フイルムフォトサロン大阪
  撮影OKブースが有り 写すことに



31042311.jpg
花を写した作品が多い展示場です 写真教室生徒の作品展
   3ブースありましたがプロの展示品は 撮影禁止です



31042313.jpg
梅田の ニコンプラザ大阪へ移動
 THE GALLERYはヒルトンプラザウエストオフィスタワー13F
韓国の写真家が写した 街角のスナップの一部



31042314.jpg
TopEye全国高校生写真サミット2019 優秀作品展
2018年度TopEyeフォトコンテスト 入賞作品展 いずれも 撮影OK SNS公開OKでした


31042315.jpg
高校生の作品   さすが視点が違います  



31042316.jpg
ウ~ン!  笑いました


31042317.jpg
7


31042318.jpg
8




31042319.jpg
キヤノンプラザ大阪  キヤノンギャラリーを見学

  




楓 桂 白椿 巨樹を見る会   

巨樹を見る会の布部地区のボランティアの方そして 加納美術館神氏より レクチャー有り
 第一声 地図は有りません、ガイドの後に付いてください 場所を人に教えないで下さい 
地区の方が大切に管理している 桂 白椿 楓 を守る為 人を入れないようにしているとの事。
 曰く ミステリーツアーですネ!


3104111.jpg
布部交流センターより、くねくね狭い山道を車で10分、 歩いて4,50分 険しく鬱蒼と茂る木々急坂な山道
  慣れない私たちは緊張します、時には四つん這いで前進、転んでケガすれば皆が困ります。


3104113.jpg
"大山白”と呼ばれる 白椿の巨樹 白く咲く花はこの場所にしか咲かないようです


3104112.jpg
山道に慣れた方 トレッキングが好きな方には最高でしょう


31041221.jpg


3104114.jpg



3104115.jpg



3104116.jpg



3104117.jpg
山で おにぎり弁当を食べる体験は 初めて


3104118.jpg
楓の巨樹は 怪獣のごとく


何事も体験 仲間といろいろ出かけるのも楽しいことと悟りました
 休日なし、週休2日など夢の又夢の時代を生きていたので
  土日祝日の催し物・イベントに友と出かける事はできませんでした。



  

加納美術館         安来市広瀬町  

加納美術館を拝観するのは3度目
 今回くにびき学園の仲間10数名の有志と一緒です。


31040711.jpg
加納美術館館長 神Jin氏のトークショー
 服装の非礼を詫びられたのは、巨樹を見る会で 山道をトレッキング後の軽装の為でした。

美術品には門外漢ながら 神館長自ら説明される 
 作品の 技術面 精神面にまで及ぶ 穏やかで流麗なトークに引き込まれる思いで拝聴しました。


31040718.jpg





31040713.jpg




3104128.jpg0" width="640" height="480" />


館長より縷々説明をいただき
 展示される作品がいかにすごい内容であるか とうとうとよどみなく流れるような話術に聞きほれました。


31040717.jpg
長次郎作 「黒茶碗」とあります   館長曰く すごい名品だそうです。

父は晩年 陶芸仲間と茶碗・小物など作っていましたが、私は全く作る趣味はありません。



31040712.jpg
  加納莞蕾の常設展示フロアー



▲Page top