出雲での、今日明日

 頭も軽く ・ 心も軽く ・ 軽いのりで  行こうと!

神在月の賑わい 出雲大社  

今日で出雲地方の神在月も終わります、昨日は2人で足早に出雲大社へ参拝に行きました、観光客も多く晩秋の日曜日”神迎Kamimukae”のころを写しました


CIMG0109.jpg
お参りには手水場で手と口を清めてからお参りします

CIMG0110.jpg
いつも参拝客の多い拝殿です、2礼4拍1礼が出雲大社の拝むときの作法です






CIMG0142.jpg
大吉でしょうか、少女が無心か願いを込めてかおみくじを一心に結んでいました


CIMG0127.jpg
何をお願いしているのか、たいそう真剣でした、心の揺れる年頃で”不惑”の年まではまだ干支一回り有りそうです

CIMG0186.jpg
お嫁さんが拝殿から披露宴会場までの移動中でした、評判の美人姉妹かもしかして女優だったかも恥ずかしいそぶりが無かったのでそう思っただけです

CIMG0184.jpg
神迎の道に有った、歓迎の飾り物です、各家々が工夫をして神様をお出迎えする大社の人々の文化でしょう


CIMG0180.jpg
猫車に柿の実がいっぱい、それにしても旧暦11月神在月は本来なら11月17日から12月15日までにあたります、旧暦と新暦アヤクチャガアーマセン(頭が混乱する)

CIMG0161.jpg
シンプルながら素晴らしい”神迎の道”のおもてなしポスター,旧暦では今日は10月14日です

CIMG0171.jpg
銀行に有ったお飾りです箪笥とは良く考えました



雑感  ドバイショック今日からの香港市場にどんな影響が有るか、HSBC株売るべきか保持か様子見でしょうか、円高対策民主がどう舵取り出来るか、日本にとっても正念場です

山陰高速道  斐川~出雲開通  

28日15:00山陰道の斐川~出雲間が開通しました、ちょうど出雲市まで行く用事もあり開通の15:00に合わせて記念がてらドライブすることにしました、とはいっても12キロ15分間です。

CIMG0064.jpg
まさしく、神話の国のロマン街道を貫く高速道で、出雲大社・世界遺産石見銀山が東京方面山陽方面からは便利になるでしょう


CIMG0067.jpg

斐川インターから15:00ちょうど高速入り口に入りました

CIMG0071.jpg
路面の凸凹の無い技術には驚くばかりです、中国の成都から重慶400キロ高速も5年前と10月に走った時の高速も雲泥でしたが、日本の高速の安全性と清潔さそして路面の平坦さの技術には感心します
CIMG0081.jpg
出雲側の案内標識で目的はほとんどが出雲大社・石見銀山かも知れません



昨夜は高校の同級生4人で忘年会をしました、本来9人に案内しましたが体調・会合の重なり・家庭の事情で欠席が多くなりました、高齢ゆえの事でしょうか、次回はカンゴロ(寒さも無く暖かい)のエトキ(良い時)にします

「神在月」最後の行事、神立橋近くの神社  

11月26日は「万九千Mankusen神社」”神等去出Karasade祭”があります、全国の神様が出雲大社で会議を終えられ、ここ万九千神社から全国にお帰りになる行事が行われました。

CIMG0053.jpg
神社はこじんまりした手入れのよく行き届いたお宮です

1
CIMG0042.jpg
神社は2つに分かれていて万九千神社は小さな建物です


CIMG0043.jpg
斐川町ももっともっと宣伝をして全国区になれば、観光客も観光バスもきてにぎやかになると思いますが


CIMG0025.jpg
拝殿の中は8畳程でしょうか、お供え物でいっぱいで足の踏み場もありません


CIMG0046.jpg
植え木物の出店は昔からの風習で九州からの遠征も多かったですが今はどうでしょう,遠くの山並みの左端が出雲大社になります、直線で10キロ位でしょうか


CIMG0013.jpg
刃物も昔からの名残です、すっかり時代も変わりました農業離れ・機械化で刃物磨ぎ物など必要ないでしょう


CIMG0003.jpg
皆さん何をお願いか、昔は小雪の舞う寒い天気も、近年は”万九千さん日和”と言いたいほど良い天気です、”万九千さん荒れ”はすっかり昔です。

追記・・・・11月26出雲大社では旧暦の10月10日に当り神迎えの式がありました、旧暦では神迎え新暦では神送りの前夜祭ですから、カンサン(神様)もチト(チョット)トチメンボウ(面食らう)振らっしゃるでしょう





地デシの宣伝  

快晴につられ出雲ドームまでのサイクリングたまたま地デジの民放・NHKのアナウンサーによる宣伝用の収録撮りだったようです

c226.jpg
ここ出雲ドームの内部へは来る事は有りませんが、田舎では良く目立つ大きな建物になります


c227.jpg
5人がそれぞれ入れ替わり立ち代り、自社の収録時は真ん中に立ちCMよろしく地デシの収録でした


c228.jpg
いわゆるギャラリーと呼ぶでしょうか、興味のある子供も親も見ています、私はブログネタの為にだけ見ていました


c229.jpg
言い間違いをして誤っている、山陰放送の坪山アナです、右の男性アナは島根が初任地NHKの井上アナです


河川敷きゴルフ場  

斐伊川の河川敷にはゴルフ場があります、土手の上は自転車道路になっています、数年前にこのゴルフ場で1回プレーをしたこともありますが、私にはゴルフは会いませんでした、どちらかと言えば動いているボール野球・バレーなどが楽しかったように思います。


c230.jpg
土手の上を10キロ乗ってきました、追い風向かい風自転車には風の影響が大きいです



c231.jpg
国道のバイパス「からさで大橋」橋上からゴルフ場が綺麗に見えます

c232.jpg
4人共80~50メートル位からグリーンにオンさせました、私には上手に見えましたが
c233.jpg
4
c234.jpg
さすが国交省特別仕様の草刈機です、きれいに土手の草を刈り取ります、牧草として家畜の餌になるでしょう






Windows7のバリュースター先週から使いますが、様子がわかりません面倒なことになりこんがらかっています、前に使っているのは故障でスタートアップに時間がかかり面倒ですが使いやすいです

世界一高い展望台 in 上海  

中国旅行中に1時間チョットの時間を割いてホテルからTAXで森ビル行くことに、同行はスマートでクールな映画で言えばグレンミラー物語のジェームススチュワート並の紳士M氏と2名です。





c210.jpg
夕食後ホテルへ帰ってすぐ21:20TAXでここ金融センターへ到着は21:50、チケット100元ビデオでレクチャーを受けてから最上階は100階の世界一展望階



c205.jpg
500メートルの高さ田舎者の私には建造物の500メートルの換算は我が住む地の仏教山300メートルで比べなければ現実感が有りません、今日は快晴の為雲も無く夜景も最高で感動ものでした


c206.jpg
かっては1番だった金茂ビルも東方明珠もずっと下に見えます、バンド外灘は工事中とか来年綺麗になったら行きます



c207.jpg
床面50センチ幅で長さ*10メートルはガラスです、ガラスの上を歩くと何が縮む思いがします


c208.jpg
360度見渡せる夜景には感動しました、私は変わったものを見ると感動するほうですから、時間を割いてきた甲斐がありました、翌日また行きたいといったらツアー仲間よりチョット失笑されましたがこんな行動を羨ましくも思われもしました




c209.jpg
時刻は23:18クローズは23:00ですから、最後の2人になりましたでもスタッフは感じよく最後まで見送ってくれました勿論笑顔です・・・さすがデベロッパーは日本です、サービスも躾も日本製です。

蛇足・・・男は変わったところへ来ると犬・虎・ライオンのごとくマーカーしたくなります、世界一の展望台トイレで私たちも身軽くなってホテルへ帰りました。

大阪心斎橋をブラブラ  

仕事が終わり車で帰る19:00までの1時間半夕食と心斎橋をブラブラしました、以前は1週間に一回のペース今は1ヶ月に一回です

c281.jpg
大丸北館OPENに向けて”ufufu girls"のバックを配布中です、家内もいただきましたョ!


c287.jpg
おしゃれななブーツは誰でも履きたいでしょう、時には肉体の欠点をより目立つ感じのファッションもあります・・写真とは関係有りません


c288.jpg
いつもは10人以上が並ぶクレープ屋さんですが、神通力も失いつつある風景です


c290.jpg
パステルへ入ろうかやめようか


c289.jpg
まだ迷っています


c291.jpg
結局、テイクアウトのうどんやさんで何時もながらの”ざるうどん”と”温玉うどん”にしました、安くてうまい早い



海岸通をバイクでツーリング  

11月中旬の快晴の日、日本海までツーリング今回は初めての場所へ行きました通常の舗装路をはずれ林道から日本海を目指します

c211.jpg
眼前に広がる急傾斜の崖は険しい小道の連続になります

c212.jpg
小枝でトンネル状の林道でチョット休憩して携帯のGPSで確認、大事をとって林道を離れて一般道へ入ります



c213.jpg
突然に漁港が有りました岩に”義勇”の文字は出雲市美保の漁港とか初めてです

c214.jpg
バイクですから何処へでも行きます、漁船の係留基地へ着いて海辺の魚を見ました


22日と23日は福岡博多までドライブです、ETC往復2千円、平日なら多分1万5千円位の金額でしょう、喜んで良いものか将来お国も金策がが必要になると言うのに

ローカル空港は便利な事も  

我が家から8キロ先に出雲空港があります、宍道湖の西岸にあり東京へ1時間チョット大阪・福岡50分位ですから、我が家から10分~20分で到着駐車場もすぐ近くですから、自宅を出て2時間も有れば渋谷に居る事に。

c223.jpg
ローカル空港ですから駐車場も無料すぐ近く何十メートル先にターミナルビルが有ります


c221.jpg
道路からもすぐ近くに飛行機が居ます

c222.jpg
上海・北京空港の広さは大きくて、私には宍道湖の大きさに感じています、出雲空港の外周は私が自転車のメーターで計ると6キロ有りました・・・ちなみに宍道湖の外周は50キロでしょうか、我が家から宍道湖一周は60キロあります。


c225.jpg
近くに有る斐伊川の支流の土手の上は、都会の人には味わえないツーリングには最適の一本道です


c224.jpg
出雲空港もJALの廃止路線にならないよう、これからも就航出来るように旅行に仕事に乗りたいと思います、東京・大阪・福岡・隠岐・期間限定で札幌・名古屋またチャーター便で韓国・中国も時々有ります


錦鯉の品評会  

出雲ドームで錦鯉の全国品評会が有りました、朝方新聞の今日の行事欄で見つけて見に行きました、どんな様子か1時間ほど時間を割きました

c270.jpg
入り口で和菓子の坂根屋さんに会い”2、3百万の鯉でも有りますか”と大きく言ったつもりが”億の値段です”とか、でも今回一切値段はついていませんから全く相場がわかりません。

 10万でも買いません、残念ながら設備のある池が有りません。

c273.jpg
素人には60センチ以上の錦鯉が見事に見えます、等級は色とか色柄・色の鮮やかさとかいろいろポイントが審査基準に有るでしょう


c272.jpg
ドーム内部の全景で木造のドーム建築は機能美に溢れた美しさです、噂によればメンテナンスが大変だとか、当時全国的に有名になった市長さんの置き土産で、市長さんはその後民主の代議士になられ泣かず飛ばずでしたか、その後どうされたか引退でしたか噂にもなりません

c271.jpg
総合優勝の錦鯉で104センチの大きさで、島根県益田市の方ですが、どんな所で飼って居られるでしょう

c279.jpg
審査風景で40センチ以下位の錦鯉は1匹づつ袋に入っています、それにしても死んだら大変主催者は管理が大変と思います






出雲 神在月のころ   

11月は出雲地方は「神在月」と言います勿論全国から神様がお集まりになられるからです

c274.jpg
緋毛氈が鮮やかで「神在月は出雲へ」のポスターも綺麗でしたので私の自転車を写しました




c278.jpg
稲佐の浜にある弁天島に全国の神様が到着され出雲大社へ御出でになられるとか

c276.jpg
北島さん(出雲大社を挟んで左が北島さん、右側が出雲教結婚式場です)の拝殿前です、結婚式の記念撮影中です

c277.jpg
近年は親類縁者も少なくなりました、昔は倍3倍集りましたが、写真屋さんも簡単に写しても値打ちが有りませんドゲデモエコト(どうでもいいのに)に時間をかけて写しかけてはチョット仕草に手を掛けたりして、モッタイブッテ(難しそうな演技)いました。


c275.jpg
巫女さんも立ち話も楽しそう、出雲大社の神様もおおらかですから大目に見ていらっしゃいます。



2日前にバリュースターWindow7入荷、今日セットアップをお願いして、使いますが解からない事も多く、色々登録とか慣れるまで大変です、ヤングなら楽しいことも私はTooOldですから。

かもめさんは楽しいなぁ  

山陰の冬は晴れが少なく”弁当忘れても、傘忘れるな”の諺が有ります、快晴に成るとこの季節はすぐにバイクか自転車で出たくなります、この日は日本海を目指してツーリングしました。

c216.jpg
岩に居る釣り人は渡船で来たでしょう、好きな方にはたまらない光景でしょう


c218.jpg
休んでいたかもめも私が近づくにつれ舞い上がりました。

 かもめさんは食べ物もいっぱいあるし天敵も居ないし上になったり下になったり楽しそうです


c219.jpg
休んでいるかもめに向かって小石を投げました、ヒチコックの映画「鳥」でかもめが何千羽襲ってくる場面が有りましたが、石を投げてから思い出しました、この時はバイクでフルフェースのヘルメットを被っていたので怖くは無かったですが、この10倍居たかもめさんには悪い事をしたと思っています
c220.jpg
昔”かもめのジョナサン”の映画を見た覚えが有りますが印象が無く忘れました



プリウスを買うことに・・・車の買い替えなら迷わずプリウスでしょう、今注文すれば来年6月入荷とか、これからは家内と2人であっちこっちへ行くドライブ中心で全くの足代わりの為、レクサスなど豪華車には興味が有りません、プリウスGシリーズにMD付きナビは少なく純正か市販か迷う所ですがナビが車両代の10%以上とは高いといつも思う所です、オーディオはMDよりiPodの時代とか。

菊花展と盆栽展  

毎年の事ながら秋11月になると菊作りをされている方々の作品展が各地で開催されますが、斐川にある豪農屋敷でも菊花展が有りました。

朝方家内と墓参ドライブ(ほぼ毎日約30分~1時間、昨日有った事・今日する事を話しながら墓参を兼ねたドライブの事)ののち自転車でまた来ました


c175.jpg
屋敷周辺も少しずつ整備され綺麗になってゆきます

c174.jpg
立派に出来上がった錦織さんの菊です

c176.jpg
屋敷の畳の部屋で部屋数は多く今は地元の方々の手芸・陶器・などの展示会などにも利用さています


c177.jpg
愛好家の盆栽も楽しめます、愛好家の立ち話を聞きながら、盆栽の奥深さなどのお話の輪に入り聞かせていただきましたが、この世界には私は門外漢で終わるでしょう

c178.jpg
花の写し方も構図も解りませんが

PC買い替えでWindows7のバリュースターWを注文しようにも10日現在発注STOP状態、異常な人気は不人気ビスタ明け待ちだったか、景気回復でそうなったか解りませんが1ケ月待ち位か年末にはブレークでしょう、結局NECダイレクトに注文でカスタムメイドも有りましたがカタログのWシリーズ発注で来週入荷になりました

岬めぐりは楽しい  

マイバイクのセローで60キロツーリングです、時間は2時間ほど予定で出発です11月にしては20度ジャンパーを着てチョット肌寒い感じかでも気合を入れて出発しました

c253.jpg
出雲大社を過ぎて日本海岸沿いの起伏のある景色の綺麗なドライブコースの終点に日御碕神社があり鳥居は海から参拝する感じに見えます

c254.jpg
経島は天然記念物のウミネコ(海猫・鳴き声が猫)が住む島で有名で春先には島いっぱいにウミネコのハーレムになります、島の頂にある社と鳥居も趣のある風景です


c255.jpg
東洋一の灯台日御碕灯台で時間が有れば上まで登りますが今日はツーリング目的ですから失礼
です。

c256.jpg
今頃は何処の防波堤も釣り人が多いです、私には時間も興味も有りませんが、釣りをしたい気分のときも有ります

c257.jpg
帰宅途中の陽が傾く前の日本海です、16:00頃でしょうか、水平線に陽が沈むのは後30分でしょうでも今日はうす曇で赤い夕日には成らないでしょう




神在月には万九千神社のお祭り11月26日  

斐川町にある万九千神社は全国八百万の神様が会議を終えられて、この神社から全国各地のお宮神社へお帰りになられる最後の行事の地です。
 ですから、ここ斐川町のこの地は「神立」の地名です、斐伊川にかかる橋は「神立橋」と言います。

c235.jpg
”万九千Mankusenさん”のお祭りは11月26日に行われます、但し夕方には神様も旅立たれますので16:00位までにお参りしないと神様は居られません



c236.jpg
あと10日もすれば境内も人人の波になるでしょう、昔は小雪の舞う寒い日々でしたが近年は晴れの日の多い暖かな日和になりました、露天は植木物・大判焼き・駄菓子の店映画寅さんが居そうな田舎のお祭りの雰囲気です


c237.jpg
斐伊川の神立橋の近くに有り、近年周辺に国道9号バイパス道路が出来て住宅に囲まれるようになりました、鳥居の近くで80坪の宅地(当地では標準)坪15万円位でしょうか庭付き車庫付きで3500万円位でマイホームが出来ます。



雑感    ”売れば上がり、買えば下がる”をまた体感しました、万科企業株を3年くらい保持しましたが買い替え資金確保の為先週10日に売ったら3日間で約10%上がりました残念でした、買い増し銘柄の常茂生化と亨泰も値上がり中で買うにもチョット様子見です、でも今後ますます上がればあの時買って置けばと思い悩む株投資です、

小学校の同級の仲間  

発起人会と称して地元直江にいる小学校の同級会が有ります、久しぶりに忘年会のような集まりをしました、会長の遠藤君ほか10名が"ぽぷり"へ集まりました、欠席2名。

ブログを同級生も見ていると思いますので写真も掲載する事にします、とは言ってもあんまり変わった事をシート(すると)オベーモン(驚く人)が居ますのであまり写す事はしませんでした、私の行く旅行にはブロガーも多く料理など色々写す事はごく普通ですが、高齢者の会はナンボナンデモ(幾ら親しくても)ちと遠慮しなければ、ブログの説明から始めるのは聞くのも話すのも頭がジラジラ(混乱)します。

コゲシテ、ヨーネミート(こうして、よく見ると)皆幸せが顔に出ています、各自皆仕事を持ってもいますから怠惰な生活の者もいません。

c258.jpg
戦前昭和18年の干支は眠れないときに数えるあれです、どう見てもドラゴン・タイガーは居ません、
右端が会長の遠藤君ですお茶をよばれたり野菜を頂いたり若い時には迷惑をかけたり遠藤君にはナンノカネ(何事も)お世話になっています干支はモンキーです


c259.jpg
面白くも無いショットですが、話はオモッシェコトバッカで(面白い事ばっかり)オオハイゴン(大賑わい)でした、完ちゃんが”新築中の本堂が出来たら音楽でも舞踊でも同窓会もシテモエケン(しても良い)ヤラヤ(しましょう)”と言いました知り合いの方で音楽など発表される方はどうぞでした、今完ちゃんは”ファド”の歌手の知人を考慮中とか、立てっている(人)では有りません座っている剃髪の(人)が完チャンです、この時も”国会で政府委員として答弁した事が有る”との話からオベタ(びっくり)とこです、また須田君も県議会での資料作りはオソ(遅くまで)までカカッテ(費やして)エラカッタ(大変だった)とか、ソギャンコト(そんな事)を話してくれました。

c260.jpg
病気加療中の欣チャンは好きな酒もチャンボシ(少し)しか飲めません、隣のみっつぁんはナンボデモ(幾らでも)ハーマシ(酒が入ります)、三枝さんは欣ちゃんの病気のサタシトートコ(様子をしている所)三枝さんは士Samurai商売です。

c261.jpg
真ん中の(人)は此処”ぽぷり”のおばさんです写真を撮ってもらいに来て頂きました、両隣の順子さんと礼子さんは子供の時から近所同士で今もダイコンシ(本当に親しい)でエッターキター(行く事、来る事)しとります


c262.jpg
本来ポプリは料亭では有りませんお好み焼き明石焼き屋でしたが、ショジな事(いろいろな事)をしながら、チョットしたヨリ(集会)には便利な場所です、料理はドゲシャモアーマセンガ(如何し様も有りませんが)ココヤシ(親しい感じの)料理です




c263.jpg
出雲名物”割りご蕎麦”Warigosobaです、これは今日昼に家内と一緒に食べた蕎麦です、非常に旨い割りごそばでした出雲市の羽根屋と言えば昔から有名です




タイヤ交換、自転車屋さん  

出雲市にあるヤングのアンちゃんが経営している自転車屋さんで、最近パンク修理などに行く事にしています、たぶん店主はBMXなどの選手だったでしょう、可愛い奥さんとベイビーの為にも一生懸命頑張って居ます今日は奥さんもベービーも見ませんでした。

自転車ブームに乗って商売繁盛することを願っています、まだ商売の基本も出来ていませんが資金繰りの苦労を乗り越えたら立派に成るでしょう


c193.jpg
昔はやった商店街にあります、今までの自転車屋さんと違って競技用とか趣味用の金額の高い自転車です


c194.jpg
国産車のFUJIが多いのはこだわりか、ピナレロ・ジャイアント・トレックなど外国製は少ない感じなかなかMDは難しいものです


c195.jpg
3
c196.jpg
主観を言えば国産車のは華が無い感じ、実用から発生した自転車をデザイナーはまだ遊びの段階までデザインが入らないか、欧州車との違いは欲しくなるか欲しくないかだと思いますが


民主の事業仕分けなかなか良いことだと思っています。
 コスト意識も無く税金を使う立場の方が”子供支援・***支援”など作って役員になり適当な仕事をつくりのうのうと暮らす手段もあるでしょう・・・・反対賛成理由付けはどうでもつけられますが、官僚の思う愚衆もバランス感覚と生活意識などからは確りした目線・意見もあり、国民の為に成る事を民主もうまく使えば人気もでそうです

読売旅行で京都観光  

家内は私の姉に誘われて、日帰り京都嵐山観光に出かけました、1週間前から楽しみにしていました日頃の心構えもよくやはり絶好のお出かけ日和になりました。
当地で旅行と言えば「読売旅行」が人気です、今回はじめての読売旅行で出かける事で良かったらこれからも出かける事になるでしょう。

c183.jpg
嵐山の渡月橋でしょう

c184.jpg
デジカメを一応託けたら、適当に50枚程度写していました、姉も一緒だったからお互い自分の記念用に結構写していました



c180.jpg
大変ご機嫌で帰ってきました、義姉といろんな話をしながら大笑い、特に義姉の世間話には聞く事すべて新鮮で驚きで一日がすぐ終わったとか。
今まで仕事仕事で来ましたが、ここいらで休養も必要といったので安心です。



c182.jpg
京都御所と嵐山へ行く事だけは聞きましたが、その他は聞くだけ無駄な事詳しく聞く事は避けるのが思いやりです・・・と思います。

c181.jpg
何処にあった生花は解りませんが綺麗な大作です

今までは新聞ちらしの読売旅行を見向きもしませんでしたが、これからは日帰りコースをチェックして2人で出かけるようにします、月一回ペースでも良いと思うがどうでしょうか


NHKの番組紹介「坂の上の雲」司馬遼太郎原作で、庭に他国の小石を置いて小宇宙のごとく思いをはせる場面が有りました、まさしく私も観光地の小石とか外国旅行の土産に小石を持ち帰り我が家の庭に置いて有ります、まさしく我が家の庭が小宇宙にイメージ出来ることになるでしょう・・・足腰が立たなくなり庭などを見つつ思うときにです、まだ先と思っています    家内も協力して京都御所の小石を土産にくれました,春には皇居の小石も拾って来ました、ありがとう

全国そば祭り in 出雲  

天気に恵まれた出雲大社の近く伝承館で毎年恒例の「全国そば祭り」が10月30日~11月1日に行われました。

c168.jpg
朝一番でまだ用意も出来ていません、ただ来てみただけです


c169.jpg
初日の朝ですからまだ人手は有りません、2日目は家内とドライブがてら来て見ましたが朝から駐車場は満員でしたから立ち寄る事はしないで帰宅です



c170.jpg
当地では見る事の出来ない岩手のわんこそばも出展していましたが食べる事はしません


c160.jpg
動画で写しましたが、動画の挿入ができません、楽しそうな2人でした遠くで4日間も一緒にいれば幸せのきっかけにもなるでしょう  若い人は良いなあ


c172.jpg
知人のぜんざいの店でぜんざいをヨバレマシタ(食べました)



c171.jpg
そば祭りも私にはゆっくりする事も無く食べる事もなくただバイクとか家内とドライブの手段でした



義姉へ税務署より修正申告のお尋ねが来たようで、税努署へ電話して代理でも良いか印鑑は必要かなど代理でいつも煩わしい思いをしていますが事は簡単でした個人情報とか関係なし税金払えば良しでした、義姉は病気の為書類管理が出来ないので確定申告出来なかったが税務署はしっかりと管理しています、代理の私が提示された金額を了解すれば三文判押印納付書で支払いで完了でした。

私は昨年中国株の申告もれの為1度修正申告しましたがもう1社有りと言われ2度修正申告をした事が有ります、税務署はHSBC海外口座などもしっかりと把握もしていると思いますとは良く話題に上がります。

渚をツーリング  

暖かい日差しに急きょバイクでお出かけ100キロ先の浜田市までと思いましたが、出雲市に有る海岸線の浜辺・渚・波打ち際を20キロ位の海岸線が弧を描いている地点を往復5キロ程度乗り回しました


c192.jpg
同世代の方はゴルフ・魚釣り・パチンコ・酒などですが私には縁が有りませんでした、山の向こうはどんなか、川の上流はどうなっているか、次の峠はどんな景色かどんどん好奇心が広がります


c191.jpg
何くらげか解りませんが、沢山波打ち際から砂の上に死んでいます、越前くらげとかでしょうか


c187.jpg
キララ多岐から出雲大社まで続く砂地の遠浅の海岸で20キロくらいあるでしょうか



c188.jpg
風紋が綺麗な砂浜です、ここへ来る人はめったに無いでしょう


c189.jpg
波打ちぎわで我が愛車を写しておきます



c190.jpg
11月6日今年最後の渚ツーリングになるか、20度位ならまた来るでしょう



c199.jpg
波打ちぎわのツーリングは私には楽しいです、砂浜も楽しいです




雑感   2年前の中国株資料見て1元は15円弱今は12円弱で3円の円高に成っています、単純計算で2年前に例ですが1億5千万円だったのが1億2千万円になります、円高円安は厳しいです、元高になれば私には朗報ですが

一式飾り館OPEN  

出雲市平田町にサイクリングした時はちょうど地域伝統の文化財「一式飾り館」がOPENした日でした。

一式飾りとは解説までは出来ませんが、古来より人形などを陶器のみで作るお祭りの奉納行事の一種で出雲地方ではここ平田地区と斐川町直江の一式飾りが有りますいずれも7月20日前後の夏祭りの奉納行事です。


c107.jpg
「一式飾り館」は以前メンズショップ店だった所にOPENしました、店主だったT君は同じ年でしたが病気の為もう会うことは出来なくなりました。


c111.jpg
いわれが書いて有りますが、小さくて読まれませんネ

c108.jpg
一式飾りの作品です、題材は武士など多いのは着物の場合陶器で表現し易いからでしょう


c109.jpg
松江市で有った船神事ホーランエンヤの場面を作品にしています


c110.jpg
平田地区は市長さんの地元、視察にも力が入ります






c197.jpg


宣伝
11月12日~18日まで鳥取県米子市高島屋5Fで樹脂粘土で創る草花造形作品展があります知人の奥様方の作品が展示販売されます是非ご覧ください

お茶の里  

出雲市唐川は島根半島にある盆地の一角でお茶で有名な地区です、景色が綺麗で道も急な坂が多く山の中腹から一気に下り勾配が有りバイクでは楽しい道です、安全運転です

c140.jpg
日本の原風景か、盆地に点在する民家は新しく綺麗な家が多い唐川地区です、お茶で儲かっているか


c139.jpg
綺麗に刈り込みがしてある茶畑です


c141.jpg
紅葉が始まりつつある唐川地区の秋です


c142.jpg
幻想的にモヤか霧か神秘的でもあります、バイクで石段もチョット遠慮しました



c198.jpg

知人から宣伝を頼まれました、
11月12日から18日まで米子市の高島屋5階で「樹脂粘土で創る草花造形作品展」が行われます、また展示品の販売もされるようです、見に行ってください。
私はまだ見たことは有りませんが、樹脂粘土で花とか草木を本物のように創作されると思います。
グループの名前は「実似真夢」Minimamu 最小?の意




泰康路の田子坊 in 上海  

旧天地開発で人気スポットと言えば「田子坊」もその1つでしょう、有名無名のクリエーターの作品など有り、見て楽しく刺激もありアヴァンギャルドも慣れればブームに火がつくでしょう。

開発者のQ氏もお気に入りで、毎回皆様をお誘いされコーヒーケーキでの歓談も楽しそうです

c40.jpg
今までは無かった街路地図、街道洋図  田子坊Takobohです



c46.jpg
プロカメラマンの撮る田子坊の絵にはすばらしい出来栄えで行って見たくなりますが、私のは寂れたごみごみした街角風景になります。


c41.jpg
おしゃれに出来上がった、レンガにあった店名です




c45.jpg
スーパーモデル風の体形で颯爽と歩いていた小姐です、こんな姿も以前には見る事のなかった景色です、どんどん発展する上海です。



c42.jpg
写真とか絵を展示してある画廊に入り、内緒で写しました”ウーン”うなるほどの出来栄えの作品、今の中国過去の中国失いつつある中国成長に向けて起こりつつ矛盾だらけを一瞬の写真で表しています


c43.jpg
しょせん”貧民窟ですよ”開発者談、豊かになれば貧乏もよき思い出になりタイムスリップしたいときもあるでしょう


c44.jpg
お洒落なサイドカーに乗ったセレブがやって来ました、贅沢三昧の3人でしょう


上海の紹介記事にも「田子坊」の事良く見かける様になりました新天地ではなく旧天地のネーミングも受けているような、旧天地か「Q天地」か

鰐淵寺 Gakuenji  

暖かい日差しに誘われてまだ紅葉には早いながらももみじの名所鰐淵寺へバイクでやって来ました、観光の方も結構いらっしゃいます。

私の目的は名刹お参りよりも、バイクに乗る事が目的で林道とか急坂の上り下りが目的ですから全くの邪道です・・・合掌?



c132.jpg
鰐淵寺には弁慶の釣鐘伝説、


c133.jpg
苔むした石段が感動ものでした


c134.jpg
間違いなく桜の木に桜が咲いています、10月28日です


c135.jpg
桜の花です、今日も22度暖かい日です


c136.jpg
自然石の灯篭はいつの時代でしょう、この場所は建物はもう撤去されていた場所ですから数百年も前の灯篭でしょう



c137.jpg
こんなスタイルで乗っています、年は忘れています・・・道なき道急坂を登ってきたら寺の石段の参道の中腹でした、同世代のご夫妻に撮って頂きましたバイクと写したのは初めてです






JALのOBが年金減額反対とか、TVが税金投入とセットで報道するのは世論がどちらに転ぶか見る為でしょうか”同情かふざけるな”でしょうが・・・・・JALの体質は相当酷いようで政治家の就活から利権も含め一回倒産して、出直しがベストでしょうが、今までの自民政治なら政治決着で公的資金投入で終わりでしょうが今の政権はどうでしょうか

陶器の露天市見学  

出雲大社近く島根ワイナリーの中で陶器市をしていました、チョット見るだけです、出勤前のドライブがてらですから



c151.jpg
爺さん婆さんが茶碗とお皿を買い求め中です、


c150.jpg
行ってみれば、陶器の露天商がいっぱいある感じです、テントが何張りあるか50個前後でしょうか


c148.jpg
在り来たりの陶器が多い中、素焼き風のお地蔵さんとか変わった花器とかもあります

c147.jpg
ショジ(多種類)な窯元・産地が有りました


c149.jpg
このあたりは、特価コーナーでしょうか

 2年続けたインフルエンザワクチンの予防接種の希望を病院に聞けば優先順位があって今年は絶望的の様子、他の病院へ聞くまでも無く自分で守るしか有りません、ましてや新型インフルエンザ予防接種など常識外の事・・・エライ(大変)時代です

野球大会  

秋晴れにつられて自転車で1時間ほどぶらりポタリング。
豊かで平和で、子供にとっては我慢も辛抱も要らない日本の国です、でも中国も小皇帝世代は我侭放題の子も多いとか豊かになればまた色々な問題が出てきます、野球を見ながらつい普段思うことを書きました




b569.jpg
愛車のピナレロで斐川公園まで
b568.jpg
小学校の野球大会が行われています
b565.jpg
私は野球選手として試合に出たのは社会人になって商工会のメンバーとして県大会に出たくらいと地区の町内対抗戦位です、でもゴルフはしません仕事が販売業の為決まった休みが無く友人と一緒に行動が出来ない為です、


b567.jpg
弟は中学校から投手で、その名残で還暦を迎えた今でも東京で会社とか近所の仲間と白球を追ってい居るようです


b566.jpg
保護者の皆さんでいろいろ大変でしょう、週休2日の身なら出来ることも商売していると土日休むのは勿体無いでしょうと思うのは、私位か。


政治に関心は無いほうですが、それにしても政治家の発想はすごいと思います、子供に毎月お子づかいを出したり農家にお金を渡したり、税金を払う人より税金で養ってもらう人を優遇すればいずれは国力も経済も疲弊して弱者と税金を使う立場の人の国になるような気がします、大人も子供も自助努力が必要な国になって行かなければ・・・。

松江の堀川遊覧、見るだけ  

天気の良い日に自転車で宍道湖一周と思いましたが時間が無く、急きょバイクで一周しました、松江市でチョット時間を取りブラブラとしたい所ですが、いつも焦っていますのですぐ帰ります。

c154.jpg
ヘルン旧居から武家屋敷まえを堀川遊覧船がゆきます


c156.jpg
カラコロ広場にある、レリーフでしょうかオブジェでしょうか、なかなか趣のあるラフカディオハーンでしょうか。   私には松江市で外人といえばR/ハーンしか思い当たりません。



c157.jpg
城のお堀沿いに有るコーヒー喫茶店は建物全体が蔦に覆われた姿になりました


c155.jpg
ヘルン旧居近くに有った民家を改良した古道具屋か民芸屋かおしゃれな女性が入りました



c153.jpg
旧日本銀行前の堀川を行く船と私のバイクです



Windos7のデスクトップバリュースターを買い増し検討中です、機種はWシリーズですが、価格COMかヤマダかデオデオか大西電機か問題はセットアップとアフターサービスですが迷うところです、CP学園の知り合いの生徒が入れば助かりますが。

NECダイレクトへ問い合わせ、品切れ機種で*週間待ちになります。



昨晩から我が家はコタツを出しました、でも私は昼は勿論夜も殆どコタツに入る事は有りません、自室かPCルームで仕事関連の事とか読書しています。

パールバック著「大地」3巻  

中国旅行中に「大地」3巻目(全4巻)を読みました、飛行機の中、寝る前にベッドで朝起きてモーニングコール前などを使い読みきりました、旅行中の睡眠は5時間程度になります。

感想としては南から革命軍らしき軍隊の兆し、時代はいつも若者と大人の生き方の違い、私も身につまされる父と子の確執、社会秩序の無い時代と貧富の差等そして初代の苦労の結晶だった財産も2代目3代目となれば放蕩の子・親を超える子さまざまな家族を、Pバックは外国人ながらこくめいに描いています。

しかし、時代背景と年代、場所が特定できないので隔靴掻痒の思いは有ります。

旅行中先生と同席で食事中にM氏”息子2人に会社を託したい”との問いに先生”子は親の思うように成らないです”経営者または男親としては殆どが納得でした。

 私が今「大地」を読んでいますと先生に言ったら、先生”パールバックとは食事一緒しました”との事にビックリしました、でも優秀な秘書も若手の社長もまったく「大地」もパールバックも解らない世代で後のフォローが出来なかったのは残念でした。


携帯をSonyのラジデン(ラジオ付き携帯)から、PRIMEのF-09Aに変えましたが当分は何も解らないでしょう、こんな物を普通に使いこなすヤングは凄いと思います、でも携帯命でほかの事はカラッポの可能性も有るとも思えるほど、携帯にはジラジラ(頭が混乱)します

上海蟹  

上海の夜の調理に上海蟹が出ました、レストランの入り口にも売っていました。産地(湖)により値段が違うようです、日本人がドンドン食べにきて値段を吊り上げてしまいました

秋の上海名物は上海蟹でしょう
c72.jpg
レストランの入り口に有る上海蟹です、私の好みで言えば特にどうと言うこともない感じですが沢蟹とかがずっと旨いと思いますが、と言えば実も蓋も有りません


c73.jpg
88元は1,300円位とうてい庶民には食えない金額になってしまいました、上海蟹もどんどん養殖に取って代わるでしょう。





c68.jpg
上海蟹さんもタスキをかけて登場です、


c71.jpg
皆さんも前菜から次々出される料理に飽食の10日間でした上海蟹で良い思い出になるでしょう


c69.jpg
カニ料理は日本では食べるに夢中で次第に無口になり静かになります、中国ではペッペ骨などは吐き出します


c70.jpg
上海最後の夜は上海蟹の名物店での食事になりました、これからは日本から上海蟹目当てのツアーが多くなるそうです「旬の上海蟹を食べよう」などのツアーでしょう。


下戸の私でも忘年会の予定が入りました小学校の同級で地元にいるもの11名で11日に集まります、高校の同級8名は土曜日1泊は満員で日帰りに変更しようか、2つとも私が日時と場所を決めますが殆どがアナログ人間でメールが出来ない為、連絡はハガキとFAXに成ります、あと22日は福岡博多まで飛びます

日御碕ツーリング  

10月31日は晴天気温25度とは全く季節はずれの良い天気、午後の3時から5時すぎまでバイクで80キロほどツーリングしました、全く楽しい時間でした。


c161.jpg
行きは日本海沿いのくねくね道路を15キロ走破すれば漁港が3箇所有ります、釣り人も防波堤にたくさんいますが私はゆっくり釣りをする気はありません



c162.jpg
小さい漁港の防波堤にいるのは家族連れ・友人同士でしょうか


c163.jpg
おじいさんが小船で釣りに出るところですが、ジムニーの状態は意味不明です


c164.jpg
つづら折の道路から見えたのは日御碕神社です、緑の木々から朱色の神社が鮮やかです





c165.jpg
東洋一の高さを誇る日御碕灯台で、上へ上がることも出来ますが残念ながらゆっくりする時間は有りませんあと1時間しか有りません


c160.jpg
全国そばまつり会場で岩手のわんこそばは始めてみましたので動画でずうずうしく写しました、食べたいと思いますが皆は仕事中ですから気分に成りません。


c166.jpg
出雲大社の参道入り口から見た、日本一の大鳥居を写しました。
この神門通が観光客でいっぱいになればうれしい事ですが年に数回ほどでしょうか

昨日はバイクのツーリング客を結構見ました、出雲大社から日御碕灯台はバイカーに人気のツーリングコースでしょう

同級生8人で今月28日(土)に忘年会1泊玉造温泉か松江宍道湖温泉で予約しようにも全部満員でした、結局夜近くの料理屋で泊まりなしにすることにします。

▲Page top