出雲での、今日明日

 頭は柔らかく ・ 心は軽く ・ 歩みはゆったりと  行こうと!

ひな祭り  

3月3日はひな祭りでも、出雲地方は旧暦ひと月遅れの4月に行います
 我が家は近年雛飾りを出すことは無く成りましたが、其の前娘が三十路の半ばになれば親としてはなんとか結婚をと思い家内の実家から娘が生まれた35年位前に戴いたひな祭りの7段飾りを飾って3年目お陰がありました。


雛祭りの飾り方にもいろいろな迷信が有って早く飾らなければ婚期が遅くなる、早く片付けなければ婚期が遅くなるいずれも嫁に行けなくなる婚期が遅くなるなど親の思いを託した迷信です、親の心子知らずでしょうか。


c427.jpg
この人形は出雲天神と言われる泥天神かもしれません


c428.jpg
顔も昔のままの美男美女のお姿だと思います


c583.jpg
このお雛様飾りは先日観光した犬山市の城下町界隈の豪商の屋敷に飾ってありました



c589.jpg
暖かくなって花も咲き春らしくなればお雛様の季節うきうきしてきます
 3月になれば若い人は進学就職に希望に満ちた胸も膨らむ新しい出会いの春 


姉も年をとりました、誰も行く道  

14歳違いの姉もボツボツ違う世界へ行く準備を怠り無くしています。
 子供は3人居ますが大阪・タイ国・広島に居ます、旦那は数年前に病死の為今は1人暮らしです。

私が月一回程度お邪魔してトッショリ(年寄り)には出来ない用事を手伝います、また妹も3人居ますから出入りしてお互い力づけています。
 1人で住む姉の家族から日本の家族の縮図を見る思いもすることが有ります、結婚しない長男、海外赴任の次男、面倒見の良い長女でも近くに居なければ面倒も見ることが出来ません。


c555.jpg
今回金融機関取引先3行を、ゆうちょ銀行1行にまとめて入金出金口座取引等をゆうちょ職員Sさんに之からは来訪して頂き面倒を見て頂く事としましたので、JAバンクで解約手続き中です


c556.jpg
親切なJA職員さんでした



c557.jpg
このことを亡き夫に報告方々墓参しました


c559.jpg
昼時に成りましたので、松江市にあるうどんの”天霧”で食事をします、今日は姉のおごりです


c558.jpg
すし定食にしました、すしにうどんとてんぷら付です,
姉は年のわりに”食が良い”姉談なので自分の事は自分で出来る元気さです、経済的にも贅沢が出来ますが、清貧とは言いませんが慎ましい生活しか出来ないのは戦前生まれだからでしょう。




 花粉症が酷いです、高温・強風・乾燥は花粉症の3Kとか・くしゃみ・鼻水・目が痒いで集中力がなく、今月末締め切りの原稿依頼の推敲がなかなか出来ません、私は6月まで毎年お付き合いします今年はどうなるでしょうか。


お伊勢参り、内宮のこと  

朝6:20自宅出発して電車は「やくも」と「のぞみ」に乗って名古屋到着が11:30約5時間それから1時間半位でしたから結構遠い場所にあるなあと言う印象でした。

外宮に参拝してから、ここ内宮へ参拝すると賑やかさが有りまた商売上手で参拝後の買い物に見歩きが楽しい内宮でした


c578.jpg
今日の昼飯は3時に成りました、私は松坂牛丼家内は伊勢うどんにしました



c571.jpg
去年新しくなった宇治橋を渡り広い境内参道を歩きます


c579.jpg
噂には聞いていましたが、1キロ先に拝殿が有り老若男女が参拝と言うわけには行かないようです、また盛夏に厳冬に風雨の時には大変と思いながら、参拝をしましたが信仰心の無い戯言か。

 

c572.jpg
石段下から写しなさいと書いてありました、上にある拝殿は写せません。
 伊勢神宮には神聖な地がいっぱい有る様で撮影禁止が多かったです。





c580.jpg
「赤福」本店は行列でした、確かに私は旨いと思います、宅配便も使えない賞味期限も3日間ですからお土産には困るところです、今回キヨスクで6個だけ買って帰りました


c581.jpg
他にお店はいっぱいありますが赤福のみ掲載しました


c582.jpg
おかげ横丁の「招福亭」の前の張子を写しました、ユーモラスなお猿さんです、おかげ横丁もおむかえ横丁もブラブラしながら歩いて楽しい時間を過ごすことが出来ました。
 お土産品はいずこも同じで買うものはありません、所謂”消費者ニーズを掴んでいない”感があります10年20年前と同じ物を並べていれば売れないでしょう。





昨日は当地は23度だったとか、でも花粉症が酷くて元気無く自転車で出かける気がおきません
 雑用も大分溜まってきました、書類整理の中に11月万引き被害にあった為「加害者処遇状況通知希望申出書」なる検察庁からの手紙がありますが読んでも意味不明状態で無視する事に希望申出なら返信せずで良でしょう、でも捨てるのは半年先にします。

お伊勢さん参り,外宮で2時22分  

22222並びの平成22年2月22日記念に「伊勢神宮」へ参拝しました、今回予備知識もチョットだけ、外宮・内宮の位置関係もわからずに外宮からお参りしました、私達が知るお宮さんには”注連縄”Shimenawaが有るのが当たり前でしたがここ伊勢神宮には全く無く不思議な思いをしました

c574.jpg
外宮の看板です、オチラト(ゆっくり)見ないでハヤハヤ(急いで)で見ましたので、あまり頭に入りませんでした。


c570.jpg
22年2月2日2時22分には伊勢神宮の外宮に有る「風宮」にて参拝祈願中だった事を記念にします。




c569.jpg
風宮から広い境内を写しました、左手が多賀宮に成ります

c573.jpg
いろいろ拝む社がありますが、ここ”多賀宮”が一番高い位置にあったと思いますので、気を入れて「老後を楽しく過ごすことが出来るよう」お願いをしました。



c575.jpg
正宮を池越しに見たところです

c577.jpg
正宮に参拝しましたが、特に何も無くシンプルなお宮と言ってしまえば実も蓋もありません、信仰心のない輩ですからどうしようもありません


c576.jpg
多賀宮に参拝をして帰るときに写しました、自然の林に囲まれて厳かな雰囲気の外宮でした、今回は良い天気でしたからお参りも良かったですが、寒くて雨でも降っていれば失礼をしたでしょう。



後日談・・・・・・・・22222記念は結構各地でいろいろな企画があった様子、何はともあれ、我が家の願い事がかなってハッピーならばありがたい事です。



一畑電車   

松江市~出雲市~出雲大社を走る私鉄が一畑電鉄です,島根県唯一の私鉄で確か赤字続きだと思います




c335.jpg
手前の電車は廃車になって、幼稚園で活躍中です、2両編成の電車は田園地帯と湖岸の平坦地を約50キロの旅です、山坂が有ればストップでしょう。

c334.jpg
今年の夏には上映される錦織良成監督作品一畑電車をモチーフに「レールウェーズ」のポスター
中井貴一・高島礼子・三浦のおばちゃん(百恵)の次男などが出演

c336.jpg
出雲大社駅終点に到着した一畑電車です


c337.jpg
駅舎はレトロですが、電車は便利なことに300円で自転車も持込OKです

c338.jpg
天井も漆喰で綺麗、ステンドグラスは当時はハイカラで珍しい建物だったでしょう、さすが大社さんでしょう

今年もついに花粉症発症です、22日名古屋行きの為、06:20自宅出発宍道駅到着前に「大くしゃみ」そういえば昨夜もハックション、例年20日に突然に来る事忘れていました。
 市販薬を買って服用も眠い・ボンヤリの副作用に辛い旅行でした。





川柳傑作より・・・・定年の延長決まり 妻元気

          エコバッグ集まりすぎて 無駄バッグ

          新鮮と 買って10日も 冷蔵庫

浜村石材にお邪魔  

国道9号線沿い出雲市に「石の駅」と書いた看板に釣られ立ち寄りました、「浜村石材」です。

我が家の庭は出来上がっていて特に作庭する事も有りませんが、何か気に入れば和庭をともと思っての見学です。

c481.jpg
墓石も平成10年に作り3年後にまた、場所を移動して作ったので、今後の事は私の入る場所は有り安心です。



c482.jpg
デザインの新しい素材も珍しい墓を写しました、欲しくもありませんがまだ用意して無い方は参考になるでしょう



c479.jpg
ブレスレットコーナーも興味がありません、昨年10月成都の伊勢丹でチベット産ブレスレット10個くらい買いましたが家にまだ6個は家内が管理しています、どうするでしょうか。


c478.jpg
萩焼と思いますが

c480.jpg
展示品の岩で孔雀石だったか、外国のどこか解かりませんがドッチミチ欲しくはありません

c483.jpg
1メートル平米の大きさでしょうから都会地か中都市の墓地用でしょうか、デザインも洗練されています


c484.jpg
私の墓地は2*3メートルですから、これくらいの大きさも充分出来るでしょう、でも私は隣にチョット見える昔からの墓石が安住の地です。


川柳傑作より・・・メールでは 涙ににじむ 字は書けぬ

         お互いに 聞き耳持たぬ 孫じまん

         料理より 器ほめられ 苦笑い

22222 平成22年2月22日には  

一緒に働いている娘が2月22日は22222記念に休日を段取りしてくれました、それならばと即決「お伊勢さん参り」を私が決めました、22222記念を後々の思い出に「伊勢神宮」の午後2時に過ごしたいと思います。 3333は多分無いでしょう。

 11年前の平成11年11月11日には東京の自由が丘の「アフタヌーンティー」で11時11分お茶を飲んでいた事が居たく記念になっています。


今回は、まだ行った事の無い「伊勢神宮」へ行く段取りにしました。
マイカーは止めて22日出発新幹線で名古屋まで行きそれから伊勢神宮へ行きます、後日ブログ掲載します


2年前の2008年2月22日のベトナムの写真を載せてみました

c562.jpg

2年前の2月22日はベトナムはハノイに居ました、ベトナム名物はバイクで道路いっぱいにバイクだらけです


c561.jpg

ベトナムの人は顔も柔和明るい民族性で夜にも1人で歩いても怖いと言う感じはありません引ったくりスリ女性には気をつけるのは何処の国も同じ事です、35年前まで戦争があったとわ思えない感じですが、辛い時代を乗り越えてきた青年達にも経済発展の恩恵がまもなく来るでしょう。


c563.jpg
バイク3人乗りは多分今は禁止でしょう、写真より2ヶ月前にヘルメット着用と乗車人数も制限が出来たと思います、前年にも訪問したときはバイクに5人乗りも夫婦に子供3人乗った場面も良く見ました


c560.jpg
ベトナムらしい雰囲気のバナナ売りのおばさんです


c564.jpg
ヘルメット着用が徹底したホーチミン市です、下の写真はヘルメット着用施行前の2007年の写真です



c565.jpg
2007年のホーチミン市のバイク風景ですが、皆さんノーヘルメットです。
 道路を横断するときはユックリ歩くとバイクがよけてくれます、歩行者を認識すれば避けて通る術で交通事故を避けています。



c566.jpg
バイクに乗っての物売りです、ノーヘルメットに3人乗りの時代もベトナムが豊かに成り物乞いから物売りもまもなく消えるでしょう、農業から工場へ勤める時代に変りました日本の農村も40年前に農業から工業化が始まりました。。


川柳傑作より・・・・・円満は 見ざる言わざる 逆らわず

           社長業 今や問われる 謝罪力

           無料でも 家族間での 通話なし

冬の黄昏時  

私の住む斐川町は殆どが平野で田園地帯になります、天気ならば朝日も夕日もしっかりと地上すれすれまで綺麗な太陽を見る事ができます。


c439.jpg
日々変る夕陽が沈む黄昏で、雲の形によりいろいろな風景に変ります、20キロ先は日本海になります


c441.jpg

茅葺Kayabukiの民家の隣にある鳥居がなんとも日本の風景か、出雲市平田町から日本海の十六島Uppuruiへ行く途中に見かけました。



c440.jpg

斐川町の田園地帯に日が沈む前の、黄昏時でこの時間帯は挨拶に”こんにちわ”か”こんばんわ”か迷う所ですが、出雲弁ではチャンと言い方が有りますバンジマシテ又は”バンジマシタ”進行形と過去形の微妙な使い分けです。

c567.jpg
古代神話で有名な斐伊川の橋上からの夕陽



c568.jpg

太陽が沈む地点が出雲大社になります、斐伊川は水量の少ない夏になれば殆どが砂地に変り歩いて渡れる場所も有ります。


春らしく成ってきましたので、テンプレートを変えてみました

川柳傑作より・・・・冷蔵庫 奥に行くほど ミステリー

          三十路には 気になりだした みのもんた

          ダンナには 内緒で食べた 牡蠣アタル

モーニングサービス  

息子が出張中の為、朝食はモーニングコーヒーで洒落ました

c490.jpg
私は通では有りませんが、澤井コーヒーといえば当地では有名なブランドだと思っています


c486.jpg
MDとかディスプレーには楽しく工夫がしてあります


c487.jpg
コーヒーは自宅で飲むことは殆ど有りません、お茶の時間は忙しかった時代の名残で習慣として今でも有りません。
 コーヒー豆からインスタントまで、頂き物が色々有りますが賞味期限切れ品が有ります、差上げるタイミングがずれると賞味期限切れでお蔵に成ります。


c489.jpg
アイテムも色々有って、中身も良いですが包装に使ってあるハデな蛍光色のビタミンカラーが楽しそうです



c485.jpg
経験上モーニングはトーストのシンプルが一番旨いと思いました


川柳傑作より。。。。父帰る 一番喜ぶ 犬のポチ

          バカヤロー 聞こえぬ距離で 言い返す

          待望の 自由の日々を 持て余し

大阪での食事  

船場センタービルの1F2FB1は主に繊維の問屋が軒を連ねているビルです。
大阪市の本町にあり東西1キロの商業ビルで飲食・アパレル・オフィスが入っているビルです。
 タクシーに乗って”シェンバシェンタービル”出雲弁の私には言いにくい船場センタービルです
 

c392.jpg
船場センタービルB1の飲食街です、なぜか今年は2回目になりますここへ来る時は腹が減ってクタビレタ(疲れた)時に、酢豚ライスを食べたくなります。



c391.jpg
船場センタービルは1号館から13号館?位か シーリングには1,000メートルの地下街と書いてありました


c393.jpg
いわゆるB級グルメに人気の「南海飯店」です今日は久しぶりに娘と食べに来ました、さっきまで阪急百貨店に居ましたが特に食事にこだわる事も無く南海飯店にしました、昼飯は「すきや」でした娘も庶民派でこだわりが無いようです。



c394.jpg
5時ごろですからまだテーブルも空いていますが、まもなく賑やかに為ります
 私は酢豚とライスにしましたが、写す事を忘れました。
味は濃く肉は柔らかく量も多く大変結構な味です



c395.jpg
”まどもあぜる”も昼時は満員になります、夕方も満員になるでしょう





c396.jpg
インディアンカレの店で有名です、大きなカレー皿の見本もあります藤本義一の写真があると言う事はご贔屓か、でもないかも



川柳傑作より・・・・・「まかせたよ」 言われた割には 指示多い

           「まだ平気」 表示頼らぬ 母の鼻

            灯油高 家族団らん ひと部屋で

漁港の町、浜田市までドライブ  

冬の荒れる日本海を右に見て国道9号線を西へ100キロ行くと浜田市が有ります、知人が経営する店舗を3店舗見学がてらドライブしました、一応自転車を車載して市内をブラブラする予定でしたが時間が無く断念しました。

c511.jpg
漁港浜田を高台から写しました、手前の駐車場は「道の駅夕日パーク浜田」で日本海側には工場とか埠頭・桟橋などが有るでしょう



c512.jpg
知人の店がある「ゆめタウン浜田」で、知人の店舗は撤退する予定とか厳しい経済状況です


c513.jpg
 殺害事件にあった女子大生がアルバイトをしていた、SCでは従業員の聞き取りとか入出店状況チェックが有り、その後全国の系列店舗にも入退店チェックが厳しくなったとか



c516.jpg
何処もおなじ商店街風景で人通りのないのが寂しいです、知人はゆめタウンからこの商店街へ帰りました”花の舞台から裏道へ”の感があるでしょう、でも経営状態は経費が少ない分頑張れば良い結果が出るかもしれません。

c515.jpg
「どんちっちタウン」の意味が解かりませんが、JR浜田駅前風景です



c514.jpg
去年10月に女子大生殺害事件が発生して、1月には警察庁長官が”激”の為来県した重大事件です、まだ未解決の為に警察署に張り付いているのか偶々か地元TV放送局のバスがいました、私には全く関係はありませんが何となくチェックをされているようで不必要な行動は慎みたい気分です、当然車のナンバーはチェックされるでしょう。


c517.jpg
自転車でここまで来ようと思いましたが、急坂で無理はしませんでした、山の中腹の文教地区で県立大学もあります、事件以後地元経済にも深刻な影響が出ていると思います、事件の解決を望むばかりですが事件からまもなく4ヶ月もう4ヶ月です。



川柳傑作より・・・・・賞味期限 私もチョコも 崖っぷち

           「義理ですョ」 紅らむ頬が 本音言い

           10人の チョコよりも 彼女のチョコ1つ

ゆうちょより、権利消滅のお知らせ  

郵便物が毎日5~20通来ます、開封と管理は殆ど私ですとは言え殆どはチョット見て捨てる事が多いです。

 でも中には大事なお知らせがありますが面倒なので、貯めてからまとめて事務整理しますが、役所の事務書類は無味乾燥大切なのもただのお知らせ程度も有りどっちみち嫌いな郵便物です。

c492.jpg
この郵便物も1ケ月経ってから何となく開封したら、20年間入出金しなかった郵便貯金だから2ヵ月後に無効になるとかの「権利消滅のお知らせ(催告書)」でした、危機一髪あと1ケ月でパーに成るところでした。

 手続き終了2週間後、番地記入が無いので、局へ番地記入の保証人として私も同行しました、旧郵便局で20年前に貯金をする時に住所に番地が書いてなければ局員に咎められるので絶対書いたと思いますが、貯金者が書かなかった事に成りました、確かにはがきに番地は書いてありませんが田舎なので配達はします。  お詫びにタオル持参でした、今のゆうちょ銀行は気を使っています。


c491.jpg
元金がクラウン・元利がレクサスと成ればフムフムですが、家内のですから”お好きなように”としか言えません。
 13日にヴィッツでチョットした交通事故を起こしたので諸費用込み100万円の予算で中古ヴィッツを買いますが会社で用意しますので、家内の金は手付かずです。

 この20年間は利率が下がった時代ですから4が6に成った程度の1.5倍でした、その前の時代は利息が5%位で10年で2倍になる時代でしたが,でもどっちみち貯金では金持ちには成れませんインフレで利息以上に物価が上がっています。

結論として役所の書類ももうチョット工夫して読みやすい、親切な案内、サービス精神の有る内容の事務書類にしていただきたいと思います。








携帯の事・・・・・2人とも携帯オンチの為、ドコモショップのお姉さんに簡単な設定さえ出来ないのでお願いした時の話から、初期の契約の内”使わない”のなら契約解除されたらと提案があり早速にパケットとかなんか解からない契約内容を解除手続きこれも、家内ともども手続きをお願いしました、月々千円は安くなるでしょう。

c493.jpg
嫌がると思い手だけ写しました、写してみれば手だけで若い事が解かります21歳

川柳傑作より・・・・・聞いてない 誰もそこまで 聞いてない

           家庭内 ケンカも出来ない 部屋事情

           「もう寝たの」 「眠れない」が アイ言葉

桜と言えば、木次の斐伊川土手  

春の桜見物にはまだ早いですが、島根の中山間地にある斐伊川土手の堤防桜で有名な雲南市木次町Unnan-shi Kisuki-tyoに来ました、市と言っても平成大合併で雲南市に成りましたが、実態は1次産業中心の村社会だとおもいます。

過っての交通の要所で栄えた木次も、今は静かな町並みで「桜の町」で村おこし、春に成れば名物桜のイベントで町全体がしばし盛り上がるでしょう。
 その前にチョット木次を紹介しましょう。

c460.jpg
松江市から出雲市そして雲南市の中で桜見物の名所では1,2を競う木次の桜並木でしょう

c461.jpg
斐伊川土手の桜は後1ケ月半もすれば見ごろになるでしょう、近郷近在から老若男女がお花見気分でお出掛けで、この道も黒山の人だかりになります


c462.jpg
斐伊川の支流にかかる潜水橋が見えます、ここはぜひとも自転車で渡りたい場所です

c463.jpg
潜水橋大好きの私は早速渡りました、ここの橋は斐伊川に架かる潜水橋よりチョット広く安全に渡れます



c459.jpg
高校時代宇塚君のお父さんはここ木次駅の駅長で、駅長舎へお邪魔した思い出があります、同級はJTBを退職して野菜つくりなどが趣味のようですが、体調が良くない様ですが、なんとか今年の夏は玉造温泉で同級仲間数人で会いたいです。

c458.jpg
駅構内でラッセル車が見当たりませんが、今年は数回雪かきに出たでしょう、夏にはトロッコ列車が運行するでしょう、トロッコ列車とは窓が無く見晴らしの良い客車だったと思います






川柳傑作より・・・・妻よりも 家電のほうが いい返事

          父さんに 「似てるね」と言われ 泣く娘

          iPod  すぐ沸くかと 祖母が聞く

昨日は、旧暦元旦でした  

旧正月の元旦は2月14日でした、本来は14日の午前1時から出雲大社は福神祭に入り午前4時まで正月行事ですから行くつもりでしたが、**が車でチョット事故をした為自重しました、でも家内の気分転換と休み無しで働く事をいさめる為にもと、昼ごろより出雲大社と松江市周辺へ出かける事としました。



c546.jpg
旧正月ながら人出は少なく、玉砂利をゆっくり進みました



c541.jpg
御仮殿へお参りはお願い事一つしました


c542.jpg
さすがに、正月縁起物の破魔矢を買い求めていた方を結構見ました


c540.jpg
お日柄も良く、結婚式も3組見ることが出来ました



c545.jpg
ここは北島家の拝殿で賑やかな雰囲気でした


c543.jpg
大きな注連縄へお賽銭を投げ入れに久しぶりに挑戦し4回目に10円玉が入りました


c544.jpg
このお姉さんも何回も挑戦していましたが、どうなったかは見ませんでした

 何はともあれ、正月ですから今年もよい事があるようもう一度神様にお願いしました


チョット、ショッピングにお出かけ  

東京の知人に島根らしいお土産を送る事になりました、年配の方ですから田舎の品も喜ばれるでしょう。

松江市に有る物産観光館へ立ち寄り、一応何がよいか見ながら決める事に、物によれば産地で用意するかもしれませんが。

c414.jpg
松江城近くにある県の物産観光館で見るだけでも結構楽しいものです、旅行客観光客の方々が結構多い店内でした。




c419.jpg
県内の主な窯元も出品していて、それぞれの趣・作者の個性などキラリとヒカル作品が沢山あります。



c415.jpg
漆の塗り物も数社あります


c416.jpg
我が家用に香合も欲しくなったのは、ミリンボ(見て買いたくなる)の家内です


c417.jpg
この八雲塗りの花器も色目が良く出ていました、欲しいと言えば買ってもよいかなと思いましたが、家内は素通りしましたので一件落着買いませんでした。

c418.jpg
愛嬌のよい張子の縁起物か干支の置物か、昔からの郷土玩具と言うより今流行の作家の作品に見えましたがどうでしょう


川柳傑作より・・・・・株下落 資産無いのに 大騒ぎ

           買い物で 右へ左へ カカァナビ

           「記憶に無い」 妻に通じる訳がない

赤い前掛け  

田んぼの中にあるのは、増光寺です我が家の近くですから良く前を通ります、車なら通り過ぎますが自転車ならではの風景が見えます


c377.jpg
小さなお寺ですが、信心深い方々が多いようで何時も綺麗に掃除がして有ります


c378.jpg
お地蔵さんも明日14日は旧正月元旦、真新しい赤い前掛けがお洒落です


c379.jpg
ダーガ(誰が)コッサライタカ(作成)ワカランダドモ(解かりませんが)、正面から見たらチョンボシ(少し)ガイナドモ(大きいけど)コライテモラーダワ(許して下さい)   と言う所でしょうか



c380.jpg
近くには築地松の有る屋敷があります




川柳傑作より・・・・母の味 三ツ星よりも 口に合い

          ゴミ出し日 捨てに行かねば 捨てられる

          俺社食 息子給食 妻美食


c398.jpg
綺麗に手入れされている住居(屋敷)です、田舎では特に驚くほど大きな方でも有りませんが、手入れにもお金がかかります、自分でするか”シルバー人材センター”にお願いするか、本職の庭師さん植木職人さんにお願いするか日当がそれぞれ違います。 

今時のテレビには、うんざり  

朝昼晩の食事時にはTVを点けて自然に見る事に、家内は何故かニュースが好きで見る事も無く見ていますが、最近では小沢小沢、朝青龍朝青龍、鳩山、次はトヨタか・・・。

どこのTVもニュースはこんな問題だけです”木を見て森を見ず”枯れて行く森のごとく日本が大変な時代に、メディアは小沢の木・鳩山の木・朝青龍の木を面白おかしくネガティブキャンペーン、高級取りのテレビスタッフ達は取材が簡単、火中の栗を拾う事も無い安全地帯から”正義のペン”でナンチャッテ取材程度で日本の行く方向をあやふやにしてしまうでしょう。

 記者も編集部も報道機関は「政治と金」の本当の真実、からくり、システムを知っていますが、族議員と言われる過っての権力者に不利な事は書く事は無いでしょう、但し”川に落ちた犬”の状態になったらなら皆で徹底的に「正義のペンの棒」で叩き尽くすすでしょう。

ワイドショウ、週刊誌などの見出しは新聞の広告で見ますが見出しは大げさで興味もわきません、売らんかなの記事で正義の微塵も感じられません。

とは言え、私の好き番組もあり「そこまで行って委員会」は録画して夜中に見ながら溜飲を下げる事もあります、首都圏では放映が無く、いかにも大阪らしいえげつない所もあります。



c538.jpg
まもなくバレンタインデーさすがに今日は女の子からおばちゃんまでバレンタインコーナーは多かった、スタッフ5人でフル回転でした。
 


c539.jpg
 手作り用のアイテムが多くなった感じで、かっての高級志向・遊び思考から、本命も義理もそれなりに結構真剣に選んでいる様子に見えました

川柳傑作より・・・・食べ盛り 子のお下がりを 父が着る

          パパ部長 家の中では ママ社長

          仕事減り 休日増えて 居場所なし

贅沢な映画鑑賞  

映画「おとうと」を見に行こうと家内を誘いました、OKで「ゆめタウン出雲」Tjoy21:25のレイトショーになります、もぎり(昔はこう言いました入場券係り)のお姉さんが”割引は有りますか”ようは60歳以上に見えると言う事で割引して1,000円でした。




c532.jpg
オヤ! 観客はもしかして私達だけでした、ラッキー貸しきり状態です、他人同士2人なら侘しいですが夫婦ならハッピーでしょう。

c537.jpg
ポスターを始めて見ました、先入観なしで鶴瓶、吉永小百合だけはしっていました


c533.jpg
昔は5人10人の兄弟の仲には”月とすっぽん・ピンから錐・瓢箪から駒・鳶と鷹”(例えが違うかも)とびっきりの上等とか箸にも棒にも・・など、兄弟姉妹にも格差が有った昔です。


c534.jpg
山田洋次監督は死期を幸せに迎えられるよう、民間の篤志家が身寄りの無い方々を懸命に支えている現状を描く事も「テーマ」のひとつかもしれません。


c535.jpg
病気で死期の近い弟に会いに行く吉永小百合ですが、役作りの為か”艶・色気・妖艶”さのないおばさんに成った小百合でした。


c536.jpg
23:40終了、私達だけの映画館でした。

 私の鑑賞感では”ワインの乾杯”がこの映画の象徴だったか、始めのワインの乾杯は娘の結婚前夜家族3人で乾杯ながら娘と母とがワイングラスをカチーン、最後のシーンは娘の再婚前夜に3人で乾杯も娘とお祖母ちゃんがグラスをカチーンで映画が終わりました。


川柳傑作より・・・・正論を 吐かぬ聴かぬが 出世道

          新任地 記念が今の お母ちゃん

          うちのパパ 大人のくせに ママと寝る

神庭に有った、諏訪神社を初めて参拝  

寒いけど天気もよし、家内と墓参りを済ませてから、全国的にも有名な古代の銅剣発掘現場の”荒神谷遺跡”へドライブそれから帰る時見えた案内板に「ぼけ封じ・やる気の出る諏訪神社」急ハンドルで方向転換早速お参りしました


c501.jpg
神様の庭と書く神庭地区にあるここ諏訪神社は始めての参拝です、なかなか雰囲気のある神社で教職を退官された禰宜の意向か参拝者の為にいろいろ工夫がしてあります。



c499.jpg
境内は箒目もあり、よく掃除も行き届いています


c495.jpg
近年遷宮が合った様子で、木肌も綺麗な本殿です



c496.jpg
当日は2月3日の節分の日でしたので、お豆が置いてありましたので有り難く頂戴しました




c497.jpg
木の香りのする拝殿の内部です


c500.jpg
小高い丘の中腹にありますから、長い参道もゆるやかな坂道になっています、参道の周りには庭石とか木・石・陶器の置物などが飾って有ります


c498.jpg
太郎杉の1人ごと”真剣だと知恵が出る” ”中途半端だとグチが出る” ”いい加減だと言い訳ばかり” と書いてありました


c494.jpg
広い敷地は竹林も杉林も雑木林もありのお宮さんです。




c530.jpg
春の息吹か、”蕗の薹”Fukinotouがメゴ(芽)出しました


c531.jpg
家内の里に有る小路の傍らにひっそりと”ふきのとう”が芽生えています。
今日は両手いっぱい摘み取って姉のところへ持って行き”蕗の薹味噌”を作ってもらうはずが、てんぷらに成りました、ご馳走でした。
 4,5個は持ち帰って味噌汁などの調味料に使います。





奇祭「おもっつぁん」  

松江市秋鹿町で行われた”おもっつぁん”を2月7日晴天気温10度見学に行きました。

行事内容も知りませんが、田舎に残る奇祭とかで面白い風習などが有るかもしれません、おもっつぁん行事は各地にあるようですが例年TV取材はここ秋鹿のしか見た事がありません。

c518.jpg
石段を境内から写しましたがオジェホド(怖いほど)キー(急な)坂です、松江市内から10分の道の駅なぎさ公園・フォーゲルパーク付近の日本原風景の残る地です。

c519.jpg
この未整地の参道を”おもっつぁん”が降りてきますが今日は晴天ですべる事は無いでしょうが、雪・雨ならミトーモン(見ている人)もシーモン(する人)もサブバッカデ(寒いだけで)オモッシェコト(面白い事)はないでしょう。

c520.jpg
思ったより静かな行進でハネターコクター(飛んだり跳ねたり)は有りません、「聖者の行進」かセイントゴーマーチ?

c521.jpg
急な坂をサデボロケー(勢いよく転落する事)とアイマチ(けが)しますが、意外ととユックリ降りて来ました、昔は酒飲んでタワイガネホド(意識が無くフラフラ状態)でしたが、近年は教養が邪魔してジャジャマツ(無茶な人)は居ないでしょう。



c523.jpg
担いでいるのは御餅です、大きな餅おもっつぁん、コギャン(こんなに)エナギ(良い天気)ならハダカンバラ(裸になっても)でもノク(暖かく)ナーデショウ(成るでしょう)

c522.jpg
この地に住む商売仲間で男盛りのときはショーンコネリーばりのイケメンの”よっさん”も66歳、今年からは子供達に担ぎ手を譲ったか、今まではだいたい先頭になって担いでいたのに、今年からは裏方で「酒の燗」などしている事でしょう、また1人ここでも老兵が消え去ります。



自分以外は”ジャマ”、カメラマンの本音か  

お祭りとか諸々の行事には記念にとか作品展にとか私のようにブログネタ用にとかでカメラマンもプロ・セミプロ・マニア私のごとくエエカゲンととかく集まるようになります。

 ”おもっつぁん”行事をブログネタにと思いチョット出かけました、初めてこの祭りに出かけましたがカメラマンがいっぱい居ました、ココヤシゲナシ(親しみのある人)としばし雑談、ここの参道は道幅が狭く急坂でベストショットのポイントが限られているようでプロ・セミからは素人が邪魔していけないとの事、所謂被写体について回わるので構図に入ってしまうようでシャッターチャンスが台無しになる。

 私ごときは心してお邪魔にならないよう、すごすごと後方に下がる事にしました。
2月7日松江市秋鹿町 おもっつぁんのお祭りにて。



c524.jpg
この方達とお話しました、真剣さが違いレベルも違いました,私は軽いのりのほうですから知らない方にすぐ話しかける事が出来ます、時と場合にもよりますが背広の方は苦手です。

c525.jpg
絵とは関係ありませんが、ポイントを求めて次々降りてくるところです、初めから用意している方には邪魔になります


c526.jpg
おもっつぁんとは、旧正月に合わせて大きな餅を神社に奉納した後、地区を練り歩き最後は家々で持ち帰って食べる風習でしょう、ジンジンゲ(信仰心)が無いので解かりません


c527.jpg
私には一眼レフとかは全く興味がないので、マニアの事はわかりません

c528.jpg
後ろの石段にもカメラマンが居ます、同級の元バンカー"新ちゃん"も居ましたが私のJordan顔を見て緊張感なくしてよい作品が撮れなくなったらと思い声をかける事を遠慮しました、もう立派なカメラマンスタイルでこれからの人生楽しむ事ができるでしょう。


c529.jpg
この季節なら雪が降ってもしかたありませんが、最高の快晴気温10度信仰心の無い私でも出かけられました、雪なら辞めたでしょう。


静かな石見の海岸に,アジアンテイスト 「Laut」が  

最近、島根石見銀山が世界遺産遺跡に指定されてから、江戸の時代に銀の産出港として栄えた温泉津町に脚光が浴びています、一時寂れかけた温泉地では有りましたがこれから平成の繁栄で甦るかもしれません。

 あるブログから温泉津Yunotsuの近く「福光」にお洒落なレストランがあると紹介があり9号線を西へ太田市から江津へ行く予定が有りましたので昼飯を予定してNAVIに登録して出かけました、電話も住所も解からないながらすぐ解かるほどの地区と思い大雑把に福光主要部で登録して着いてみたら田んぼと小学校駐在所の場所が福光主要部でした、写真では海が見える場所あとは私の動物的感で探し当てました。

c503.jpg
海岸沿いのトンネルを抜けたら、

c502.jpg
砂浜の綺麗な海岸に場違いな建物が見えました、あれがもしかしてレストランか
 砂浜のゴミは夏になれば綺麗になるでしょう、プライベートビーチのごとく適当な大きさの遠浅の浜辺です、夏になれば私はバイクでツーリングに来ます。


c504.jpg
周辺は商業施設は何もありません、でもここだけは都会風です、印象はアジアンテイスト「LAUT]でした


c505.jpg
お客様は1名、若いウエーターは服装も決めて料理のタイミングも良く、適当に話しかけてくれました中年の女性に何処から来られましたかと聞いていましたが”沖縄から旅行中”とかなぜここに電車でと不思議でした


c507.jpg
私には今日の海は荒れていると思いましたが、ウエーターに聞くと普通だとか”サーフィンに此処の波はどうでしょうか”サーファーに人気があるようです


c508.jpg
料理はスパゲッティーにしました、茹で具合も良くなかなか旨い料理でした。

 ホームページを見て納得松江市イングリッシュガーデン内のレストランと同じ店、松江の店へは入った事もあり、内装もスタッフの躾もよく代官山・大阪南堀江にもあるかのような出来上がりの店でした。

ここまで誉めれば、夏海水浴などの企画には最適でしょう、NAVI登録なら「JR石見Iwami福光Fukumitsu駅」が良いか、国道9号より5分程度か



c506.jpg
良い季節になれば浜辺で遊ぶ事もでき、家族ずれなどには最高でしょう


c509.jpg
浜辺から写しましたが、建物は「福光会館」地元の皆様の集会コミュニティーの場所かもしれません、このレストランも国道沿いに有れば売上も10倍位は稼がれるのにと思います、あまりにも場所が悪すぎます人が居ません来ません。




c510.jpg
JR山陰線「石見福光駅」を写しました、駅構内ながら単線とは、こんな駅があるとは知りませんでしたのどかです、レストランLAUTの50メートル近くの駅でした。



公開川柳より・・・・義理チョコと 好きな彼氏に 言うつらさ

          自分用 見栄で頼んだ ラッピング

          本命が 左遷と聞いて 義理となり

厳しい商環境  

不況風の吹く当地にも、ビックリするような厳しい話が多々有ります

 20,30年前には我が世の春を謳歌したデパート(実態はSCですが)も存亡の危機にあります、あそこも閉店ここも閉店空き店舗だらけの店になりました



c435.jpg
靴屋さん、かばん屋さん、1月21日には老舗のブティックの閉店、他の店舗も金策資金繰り大丈夫でしょうか


c436.jpg
嘗ては、高級ブティックで名を馳せオーナーもあの事業この事業と手を広げ有頂天だったか、もしかして”天狗”だったか。 


c437.jpg
人の居ないお店屋さんはどうしようもありません
閉店しても多分、共同店舗ですからもしお互い押印していたら借金は残り、返済はしなければ此の事が一番の悩みでしょう


c438.jpg
バレンタイン企画の商品出しも、元気がありません、友人知人のオーナーが居ますが商売の話は前から余りしませんでした、投資の勉強の機会もありましたが今となってはキャッシュポジションも難しそうです。


川柳傑作より・・・・掃除した 翌日に 車内でスナック食い散らす

          この不況 走行距離まで 管理され

          カーナビが 妻のいびきで 聞き取れず

石の駅?の看板につられて  

浜村石材は出雲から大田市に向かう途中、9号線出雲市大島町に有ります

c477.jpg
石のアート・オブジェ・などがいろいろ展示してあります、特に用事も有りませんが見ておいて必要な時には・・・・。


c476.jpg
素材も色々、形もいろいろの灯篭ですが、松江産出の来待石は有りません、多分中国で製作して輸入した者でしょう、日本では難しいでしょう

c470.jpg
「古代かわら」も中国かいずれにしてもアジアの何処かでしょう。
どんな使い方が出来るか、また色々な庭を歩いて回ります



c471.jpg
この島石はすぐ左官屋さんが作業できるよう、大きさも高さも揃えてある既製品です


c472.jpg
外国産か県外の海底の島石のレンガも珍しかったです、これも頭の中に入れて何か利用できればと思います。
 普通の石より歩いた感じが軟らかくて、玄関からアプローチなどにも最適でしょう、料亭・割烹の玄関などに打ち水などしてお客をお出迎えの雰囲気もでそう


c473.jpg
この、島石の敷石は気に入りました、我が家の何処かへ使いたいです。
 私の知る島石は松江市に有る大根島の溶岩の”島石”なら最高ですが、いまはもう無くてバスケットボール大の石でも万が付く値段でしょう、大根島にある「由志園」には凄いほどゴロゴロ有ります。



c475.jpg
鍾乳石の1部ですが、日本なら犯罪物でしょうが、まだ法整備も整っていないよりこんな物ゴロゴロで石ころ感覚でしょうか



c474.jpg
外国は何処か解かりませんが多分中国の何処かの石臼でしょうか、日本の石臼より大きい感じです。

朝青龍引退とか、TV報道を見ていてリッパナ受け答えを日本人の心で言葉で話すのを見て相撲ファンならずとも頂点に立った人はさすがと感心しました、記者の愚問にも誘い水にも、愚痴も言わず恨み辛みも言わず充分品格が有ったと思いました、ファンでも有りませんが”お疲れでした”と言いたいです。

川柳傑作より・・・・元カレの 歯ブラシ使い 便器磨き

          言い出せず デート帰りは 猛ダッシュ

          小宇宙 利休は茶室 俺トイレ

稲荷詣で  

お宮へお参りすれば、大体お稲荷さんがあります、お稲荷さんは商売繁盛ですから、今年は同級の宇塚君の居る京都「伏見稲荷神社」と島根の小京都津和野にある「太鼓谷稲荷神社」へ行く事にします



c308.jpg
博多の櫛田神社の境内に会ったお稲荷さん

c309.jpg
参拝中に同じ写してもらう事ならと、飛びっきり綺麗なお姉さんにお願いしました、気さくな感じで3枚写してくれました、年に似合わぬライダージャケットは自転車の為です

c310.jpg
日御碕神社の裏に有ったお稲荷さんです


c311.jpg
祠を近くから写しました



c314.jpg
熊野大社に有るお稲荷さん

c313.jpg
珍しくJ形に曲がった参道は良い雰囲気でした

c312.jpg
参道の石段を降りる時に写しましたが急坂ですから日御碕でした




川柳傑作より・・・・「空気読め」それより部下の気持ち読め!

           エコと言い 課長のお茶だけ やや薄め

           エコな人 昔で言えば セコイ人

商店街  

我が家から20キロ山間地に入った木次町へ行きました、車社会の前の昔は交通の要所だったと聞いています。

 知人宅へ行く為ですが、商店街市内を散策する為、車載した自転車で30分ほど乗り回す事に。

c468.jpg
軽くて車に乗せ安い為、ロードバイクピナレロを車載専用にしています。



c464.jpg
日曜の午前ですが、店は日曜日の為か殆ど閉店です、



c465.jpg
本来商店街活性化対策で道路をカラー舗装して整備のつもりが、工事の為お客様が減少しすぎて工事中止して歩道のみカラー舗装されたとか・・・地元の方に聞いた話ですガ


c467.jpg
昔賑わった時代には旅館がかなりあったと思います、今も数件営業中ですがなかなか厳しい商環境に成ったと思います

c466.jpg
商店街ではなくSCの中では「掛け軸展示販売会」をしています、




c469.jpg
SCサンチェリバとチェリバホールは同じ建物ですから人の出入りは多いでしょう、商店街は蚊帳の外でしょうか
この日も高校生が珍しいほど沢山居ました。






川柳傑作より・・・・オバサンに 男子トイレで せかされる

          音立てぬ ように頑張る カレの家

          ケータイで 愛を語って いるトイレ

たまには、お出かけ  

今年初めて、S氏に電話して夜出かける事に、今は引退して悠々自適のSさんには商友として30年間本当にお世話に成った方です。

 下戸の私に快くお付き合いくださいます、いつもワンパターンの行動をします、19:00迎えに行き松江市までの40分間ドライブしながらオオバナシ(賑やかに話す事)始めはSCショッピングセンターを回り今のトレンドを体感します、それから”回転寿司”でまたまたお話、それから本屋さんへ行き22:00頃になったら帰宅22:30前後になります

 c443.jpg
松江市サティーの本屋で立ち読みはバイク本で、人気のツーリングコース紹介記事を見て行きたい行きたい思いが募ります


c442.jpg
Sさんはラジコンの飛行機が趣味でしたが、仕事仕事で断念、でも本屋へ行けばラジコン雑誌に目が行きます。
”青空少年”の夢が甦り、何十年ぶりにラジコン飛行機のプロペラが回り始めるか・・・。


c444.jpg
私の知り合いのアパレルショップにハーレーがディスプレイして有りました。
 オーナーのK氏はハーレーライダーですからこの企画も出来るでしょう

c446.jpg
回転寿司で熱燗1本のS氏、普通の男なら夜に出かければ飲み屋などで飲む為に出かけるのが普通なので私には飲み友達が居ません、ましてや本屋などとは有りえませんがS氏は快くお付き合いして頂きます。
 

c445.jpg
今夜は9時前でしたが客が引いた所で、客数も少なく10時閉店前ながら私たちだけになりました。


川柳傑作より・・・・1,000円で サービスエリアで 万使う

          新米で ズシリと重い Uターン

          エコカーに 負けるものかと エコ運転

出雲大社周辺  

出雲大社の隣には「北島」さんの拝殿があります、結婚式とかいろいろな行事が行われます

c454.jpg
見事な日章旗日の丸が敬章台にたなびいています

c453.jpg
大きな注連縄の房の中はお金が一杯刺さっています

c455.jpg
今月の行事が書いてありました

c457.jpg
開店前の主人の掃除風景です、寒かったので左手はポケットでした

c456.jpg
おしゃれな和雑貨に食器・花器などいつ見ても楽しい「さかえ屋」さんです。




川柳傑作より・・・・1回で 満タンためらう 給油かな

          メタボまで 2センチあるわと 食べる妻

          「いつ買った?」 返事はいつも 「安かった」

▲Page top