出雲での、今日明日

 頭は柔らかく ・ 心は軽く ・ 歩みはゆったりと  行こうと!

城山稲荷神社        松江市  

今年、初めてのお参り
 昨年もほぼ毎月お参りをしていた
  城山稲荷神社です


2601201.jpg



2601202.jpg
趣のある 龍の水口の手水


2601203.jpg
拝殿でご祈念
 神様の前で 2礼2泊1礼 あまりお願い事はしないほうです。


2601207.jpg




2601204.jpg
お稲荷さんには 狐さんがいっぱい


2601205.jpg



2601206.jpg




1月も無事終わりました、元旦から家族は仕事、 私はヨガネニ(用も無いのに)動きまわっています。
  まだ年賀状もチョット見ただけで置いてあるだけ
    旧正月なので今晩はもう一度年賀状を拝見します、当選番号も調べます! 




にほんブログ村 写真ブログ 中国地方風景写真へ
にほんブログ村

しまね ふるさと館    松江市  

松江城近くにあるのが
 「しまねふるさと館」(旧名物産館) 時々立ち寄って ぶらりぶらりと展示品を見て歩きまわります。

26012714.jpg   
島根県の特産品 工芸品 陶器など展示販売してあります    

26012711.jpg
木製雑煮椀 5客 10万5千円とプライスカードに


26012712.jpg
湯町窯はきれいな出来上がりで好きな窯です        
 26012717.jpg
   形と絵文字風と蓋付きで 目に留まりました



26012713.jpg
ぶらりぶらりとしていたので、声をかけられました。
 何の事か解りませんが、檜の炭で脱臭効果とか 他に体にも良い品物のようです。
「新春炭まくら展」2月3日まで開催のようです  カメラを持っていたので
    ブログOKと言う事で 写しました。

26012715.jpg
安眠快眠の家内は説明を聞いて欲しくなりました
 寝室用に檜の炭脱臭剤もまとめて  おまけも頂き有難い事です。

名刺には ”天然国産ヒノキ100%の炭” 
 社名は思いを3つ合わせた造語「パミア」パッション・ミッション・アクションの頭文字だったようです
これから羽ばたくベンチャー企業だと思います。
 パミアのHPとブログも拝見 ご活躍の春日社長でした。 
  
  


脱臭剤
アイテムも数種で各パッケージの出来上がりも良く、デザインも綺麗で売れる予感がしました。
 手書きのプライスカードに社長の思いが詰まっています、ディスプレーは女性の感性がベスト。





明日は旧暦の元旦
 今夜の大晦日の夜から新年に変わる時刻に出雲大社では「福神祭」おこもり神事が行われます.

ここな     松江市浜乃木  

ドライブ帰りにお茶を

26012128.jpg
昼食を選ぶ時に 家内は ”ここな” へ行きたいとよく言います
 黒田店と東津田店が良かったからでしょう

 はじめて 浜乃木店の店へ入りました



26012123.jpg
今日は お茶をすることに

26012124.jpg


26012125.jpg


26012126.jpg

*********************************************


26012834.jpg
曽野綾子の著作が多く本屋に並んでいます、純文学には興味なし
 「老いの才覚」など高齢者・老人に向けての本は買いましたが 
   才女にあまりも立派な意を諭されても 今更と言う感じで買いません。
    でも店頭には数多く老いについてのハウツー物がならべてあります。

 自分には バット職人で頂点を極めた方の、生き様にこそ重みが有ると思っています。


孫と私は  ”軽トラ野郎”   

昨秋”軽トラ野郎”のCMを見て買う事に。


発注してから 約2ヶ月待ちでした、
 1台あれば何かと便利なのが 軽トラック 今では体裁など構わないので普段の足として使用しています。


2511217 (2)
軽トラは中古車市場で人気が高く、愛車スバル軽トラ7年3万㎞45万円下取り、キャッシュバック5万円も有り‼
 乗用車なら7年で0円に近いでしょう、私のレガシー7年走行距離が多く11万kmで0円でした。
  ”軽トラ野郎”のロゴ入りの
    キャップ・スポーツタオル・ジャンパー3点おまけ付き





25112924.jpg
16年ぶりのモデルチェンジとか
 華やかな東京モーターショーに「軽トラック」出品はスズキのみ、
  でも意外とギャラリーは多かったのでカスタム用に潜在需要は有るようです。




25112921.jpg
東京モーターショーで見た千万円以上のかっこいい車も多数有りましたが

 一番欲しくなったのは ”軽トラ野郎”スズキキャリーでした。

25112922.jpg
軽トラブースに似合わぬほどの 説明の上手な可愛いお嬢さんでした、スズキキャリーの感度UP。

26010327.jpg
納車されたスズキキャリー は私と孫の専用車になるでしょう、家内は乗ることはないでしょう。


2601252.jpg
   おやつを食べながら、出雲大社の駐車場へ行き、観光バスを見るのが最高の喜び‼
    ”おじいちゃん、おじいちゃん”と言う孫に じいちゃんも至福の時です‼
     

 危険物・ゴミの搬出、自転車車載して遠出、写真撮影、孫の子守用など用途はいろいろあります
  そして会社用にも活躍で賃貸契約して私も潤います。






映画 「上流社会」 「慕情」  

TVで 録画した 映画 見ました

 我ながら びっくりするほど 時が過ぎました、50年以上前の映画。

2601233.jpg
ビングクロスビー・ルイアームストロングのジャズメンと
 世紀の美女と言われ後にモナコ公国女王となったグレースケリー
  ミュージカル映画 なぜ当時見たのかといえば、ジャズメンが出たからで物語は興味ありませんでした。

2601231.jpg
フランクシナトラも バイプレイヤーとして
  シナトラのジャズボーカルも好きです 

2601232.jpg
レコードの時代 演奏を見る事が出来るのは映画しかありませんでした、
 ルイアームストロング通称サッチモの演奏キャラクターは絵になります。
 今は簡単 すべてYouTubeで見る事が出来ます  隔世の感‼


2601235.jpg
映画音楽のスタンダード  「慕情」 も好きで、
 後年香港へ良く行く事になるとは当時は全く思いませんでした。
 


2601237.jpg
ウイリアムホールデン・ジェニファージョーンズ
 青春時代に観た映画は覚えているものです、感受性豊かな時代




2601234.jpg
「武器よさらば」ロックハドソンとの共演のジェニファージョーンズも良かったです
  Wホールデンは キムノヴァクの”ピクニック”も好きでした


2601236.jpg
朝鮮戦争へ取材に行き 帰らぬことに
 戦争の悲劇をテーマに 原題”恋とは素晴らしきもの” 



2601242.jpg
今でも人気の 香港島のこの位置  屋根が写っていませんでした
 今はビル群の林立 ”100万弗の夜景”も今は100億弗の夜景でしょう 
  08年以降ビクトリアピークへは上がりません。


2601238.jpg
  40年くらい前か 香港で 映画のロケ地 病院・街頭・ビクトリアピークなど観光した思い出も有り。


2601243.jpg

国道9号線沿いの”ふれあい公園”だったかの 景色は 香港のビクトリアピークに似た風景だと思っています。

ベタ踏み坂    松江市  

ダイハツのCMでブレークの
 ベタ踏み坂

 年寄の私ながら 炬燵で新聞・テレビの生活は性に合いません
毎日 何かをしています 動いています、読書は最近していません



2601221.jpg
YouTubeでCMを見れば 30秒の中のチョットの間見られる
 ベタ踏み坂です  CMの坂は急坂に見えるように写しています

2601222.jpg


2601223.jpg
見物客が結構多い ベタ踏み坂です




26012121.jpg
家内が コンデジ で写しました 
 坂もカメラも興味は全くありません

26012122.jpg
帰りは 私が写しました運転中は一眼は使いません、コンパクトデジカメです
   
 カシオのコンデジ 3年前の旅行用に買ってその後ブログアップ用に使っています、
  去年夏に一眼デジを使いだしてからは写す量が1/10になりました。

 次の旅行の 予備にコンデジを買おうかと、専業メーカーより使い勝手の良いカシオが好きです。
  ミラーレスはもう少し完成度が高くなってから選ぼうと保留中です。



美保神社 参拝       松江市美保関  

午後の空いた時間1時から5時まで 出かけることに

美保関までドライブして、 今年初めてなので美保神社へ

2601224.jpg



2601225.jpg


2601226.jpg
厳かな雰囲気の 美保神社です。


2601227.jpg
出雲の國では 東の美保神社(恵比寿さん) 西の出雲大社(大黒さん)
 「恵比寿大黒両参り」と言われる お蔭も倍の効き目?参拝方法も有ります


2601229.jpg
寒くて 足早に 帰りを急ぐ 参拝客


2601228.jpg
神社の鳥居越しに  美保関の漁港を見ました




ipod nanoを買ったのに 使い方を忘れました、故障で買換えながらiTunesもstoreも使われません、
 ウオークマンなら スイーツで”可愛い好美ちゃん”に頼めますが
  小中学の孫が居れば助けてくれるのにと思います、2歳半の孫ではYouTubeを真似て覚えたばかりで無理。
 


古代出雲歴史博物館    出雲市  

出雲大社の 東隣にあるのが

 「古代出雲歴史博物館」天気の良い日は 散歩に最高でしょう。


2601218.jpg
催事の内容によっては 入場する事が有ります


2601215.jpg

2601216.jpg


2601217.jpg


昨日は久しぶりの快晴  夕方ちょうど松江に居たので湖岸へ
 宍道湖の夕日が きれいでした
148 - コピー
沈む太陽も季節と共に 右側の湖面の向こう出雲平野の地平線に沈みます


179 - コピー

ウズベキスタン

 夕日見学を ウズベキスタン・トルクメニスタン・カザフスタンの青年30名位が楽しんでいました。
  数枚写してあげれば、大層喜んでくれました、他国ではカメラ持ち逃げも有りですから、
           母国で私のブログを見るかもしれません
   片言英語でしたがチョットだけ チージマシタ(通じました)? 
  地図を見れば 厳しい自然の地に見えましたがどうでしょう、シベリア鉄道の車窓から見た感じで?
   私自身は 中央アジアに興味が有り 旅行も機会が有ればと思っています





写真講座  

写真講座提示作品

自転車 - コピー


26012015.jpg

26011311.jpg
みかんを渡す少女

26011312.jpg
3

26011314.jpg
笑顔が良かったので

26011313.jpg

26012311.jpg
何を語るか



26011714.jpg
8

26012011.jpg
9

26012013.jpg
10


26012014.jpg






ジャスミン    松江市  

松江市の高台の住宅地に
 繁盛している中華の店 桃仙閣の隣


2601181.jpg
ジャスミンへ入りました


2601182.jpg
おまかせ飲茶ランチ


2601183.jpg



2601184.jpg
家内は お粥  私は ジャージャー麺


2601185.jpg



2601186.jpg
デザートは4種 と 珈琲で


煎茶にコーヒーに紅茶 頂き物が通年に渡って溜まっています、賞味期限はとっくに過ぎています。
 
  2人でお茶を飲むときは 今時は簡単に飲める物でないと飲むことをしません
 煎茶は来客時のみ、コーヒーはインスタント 煎茶もコーヒーも紅茶パックのように
 ティーパックに入れたら簡単に飲めて在庫が減って良し、 パック入れは私が担当。


2601212.jpg
寒い朝 我が家の手水鉢に氷が張っていました

訃報に絶句 船井幸雄先生81歳で死亡にご冥福を祈ります。
   40年前に 日経を通じて、ご縁を頂き
   経営セミナーと船井総研株主として、多々お蔭を頂きました、
   たくさんの方々との人脈にも恵まれる事が出来ました。




青春まっただ中   

カメラを持って2時間だけ 出かけました
 夕日がきれいだった神戸川の河口
  夕日が水平線に沈むところを写すつもりも、曇ってしまいました。

2601177.jpg
卒業を待つだけの 高校生でしょう  自転車で寒い中を海岸沿いに走っていました
 大学とか就職などで都会へ出れば、出雲で過ごす貴重な日々になる時かもしれません。
  写してくれと ポーズを取ってくれました。 


2601209.jpg


うらやましい限りの 青春の風景に見えます。

2601179.jpg
海岸に向かったのは 魚釣りだったようです でも
 カップルは抜け駆け?して 東屋でエアンバイ(良い具合)”君と歩いた青春”


26011710.jpg
このオッツァン(おじさん)は
 エマノキ(今でも) 釣りをしていれば ”青春でしょう”

2601211.jpg
晴れていたら 夕日もきれいだったのに
 以前写した 絵です

26011711.jpg
カメラ向けて写しても良いと言ったので 顔が特定できない程度の写真をのせました。
 昔見た洋画「草原の輝き」「朝な夕なに」などの高校生の男女関係の発展ぶりに
  驚いていましたが、今はもうは日本も追いついたでしょう。

  ポーズまでは 頼みませんでした 抱合っても絵にならないし、
   絵になるのはやはり”涙の別離” のシーンだと思いました。




島根半島42浦巡り  「祭礼・浦巡りバスツアー」  

12日に行われた 「祭礼・浦巡りバスツアー」

野井とんど浦巡りバスツアーに参加しました



2601164.jpg
松江市の佐太神社参拝から始まります、
 研究会副会長一畑寺飯塚管長の新年のあいさつと会の発展祈念で始まり

 歴史学者の関和彦先生の説明で謂れ歴史のお話などを拝聴しながら散策も有ります


2601165.jpg
佐太神社の 宮司さんの お話を賜りました


2601166.jpg
加賀神社の役員さんのお話を聴講


2601167.jpg
松江市島根町小波 の民宿で 昼食


2601162.jpg
島根町沖泊 津上神社では
 事務局のT氏より丁寧に説明を受けました。


2601161.jpg
島根町歴史民俗資料館も見学
 貴重な民俗資料も有るようです、漁村の昔の漁具は初めて見る物ばかりです。


2601163.jpg
弁慶の潮掻き穴と言われる
  名所へも松江市島根町沖泊



次回は 2月4日(火) 「出雲市大社町宇龍 和布刈神事・浦巡りツアー」

    3月8日(土) 「出雲市十六島町 許豆神社祭礼・浦巡りツアー」です。




グロとは     大田市五十猛  

地方紙に載っていた 国の重要無形民俗文化財グロ を見に行きました

 大田市五十猛町大浦いそたけ町
 グロとは 丸い仮屋を設けて歳徳神を祭って豊漁を祈願する正月行事

2601143.jpg
出雲の國の ”とんど”とはかなり違います、
 ここは石見の國 隣国の朝鮮の影響も有るようです

2601145.jpg
モンゴルのゲルと同じと感じました モンゴル人は中国が大嫌いです、
 モンゴルでは中国文字の看板は見ません、中国語ではパオ(包)ですが使わないでしょう。

2601147.jpg
グロの中では 良い子たちとか高齢者が
 餅などを焼いていました、見学者にも振舞われることも有るようです

2601146.jpg
11日から14日までだったか グロでは地区の皆さんの憩いの場になるかもしれません
 15日には グロに火がつけられ 正月行事も終わるでしょう

2601142.jpg
手前の木は 焚き木用で
 良い子が手頃な角材を焚き木に持ってはいるところ

2601144.jpg
グロの近くには 正に韓国と縁の深そうな お宮
 韓神新羅神社 からかみしらぎ神社 が有ります
此処の地域には 韓国に関する地名とか島が点在しています
 グロの風習も朝鮮半島から伝えられた説があると ガイドブックの記してあります。


最近、読書をしません 原因はあまりにもくだらない本を読んだのでガメテ(失望)しまいました。
 「天佑なり」幸田真音著 「法服の王国」黒木亮著を読んで感動してから  
   息抜きに渡辺淳一著「愛ふたたび」を読むも、渡辺文学あまりにもつまらなくガックリ 
    以後単行本を買っていませんが、
     先日お会いした関和彦先生の著書「古代に行った男ありけり」
      読んで気を引き締めなければと思う所です!


平和そば本店   出雲大社  

出雲大社には蕎麦屋がたくさんあります。
 大遷宮効果で 賑わう大社の街の表通りの蕎麦屋さんは行列で食べるのも大変。
 
上海での仕事を終えて 日本で 充電中の友人と食べる事にしたのが

 今回は平和そば本店 

26010811.jpg
 神門通りから 日本海の浜へ通じる 道路沿いに有り 
  知る人ぞ知る 感じの店です

26010813.jpg
有名人も来店されるようで
 サイン色紙が飾ってあります

26010812.jpg
シベリア旅行で知り合い、その後上海で仕事をする事となった 
 浜*君です  時々訪ねて来てくれる友人です。


26010814.jpg
どなたのブログだったか 親子丼も美味いとかを覚えていたので
  親子丼セット(割り子蕎麦2皿付き)


26010816.jpg
薄暮の照明の具合で
 本殿の大屋根が黄金色に写りました

26010815.jpg
日本海に沈む夕日に 感動してくれた 
 浜*君でした
 日本ではどんな仕事をするでしょう、今までの経験体験勉強を通して
  大きく羽ばたくクリエーターになることを祈っています。



昨日の昼食に TVで見た 話題の店へ
 11:40頃に中に入れば 超満員 ウエーティングも 結局キャンセルをして うどん屋さんへ
オベタコト(ビックリした事) 女性だけのグループが殆ど 夫婦客など少々‼
 最近松江市に開店したイタリアンビュッフェ&バー パスト・グラッツェでした。



レストラン クルトンを紹介   出雲市斐川町  

ランチを食べたのは出雲市斐川町福富
 プチレストランクルトン

26010821.jpg

26010823.jpg
とろとろオムライスの トマト味にしまし。




 26010826.jpg
家内は 数量限定のランチの
 ローストビーフです



26010824.jpg
デザート


26010825.jpg
焼きプリンは絶妙な味



ニーサ用に2人の口座を開設完了、送金も済。
  NISA特需で上昇銘柄が出ていると思いますが、勉強不足で銘柄選びはまだです。
 昨夜は東京のフランス料理”モナリザ”でセミナーでしたが、
  息子が出張中で仕事の応援の為欠席は残念でした。


写真講座  

最近写した写真を掲載します 
 ポリシーは有りません まだ写真の良し悪しも解りません
  脈のありそうなのは プリントに仕上げ評価を受けます
  


26010719.jpg


26010720.jpg
2

26010718.jpg
3

26010721.jpg
旧宅へ久しぶりに立ち寄った部屋は埃だらけ

26010722.jpg
汚れたキューピーさん 
 30年以上前に住んでいた部屋


26010716.jpg
出雲大社の 手水舎

26010717.jpg
7

2601081.jpg
老夫婦を写しても 
 まだ伝わるものが 表せないと言われそうです。



2601083.jpg
一畑薬師の お地蔵さん

2601084.jpg
絵になるか解りませんが

2601153.jpg



2601151.jpg


サンライズ出雲     出雲市       

過日、友人が東京から「サンライズ出雲号」に乗って 島根へ 来県

 09:58到着の出雲市駅まで迎えに行きました、沿線ではよく見ますが 駅で見たのははじめて。


26011411.jpg
サンライズ2

JR山陰本線 荘原駅~直江駅  あと8分で出雲市駅へ到着です

26011322.jpg
乗車記念に 駅員さんが サンライズ出雲 の前で 写すサービスも有り

26011323.jpg


26011326.jpg
電車の写しかたは 何がベストか解りません

26011324.jpg
私は東京へは飛行機しか乗りませんが
 東京から 夜行列車に乗って 島根に観光のお客様が多くなったそうで
  サンライズ出雲は 大人気の 列車のようです

26011325.jpg
下車された後の  個室を チョット写しました

26011321.jpg
夕方写した 出雲大社 
 山陰観光の 目的地の 一つ  でしょう。



島根半島42浦巡り 野井とんど   松江市島根町  

12日におこなわれた
 「野井とんど・浦巡りバスツアー」に参加

 信仰あつい 漁村の小正月風景

2601133.jpg
午後の1時ごろ お宮「爾佐加志能為神社」に参拝すれば
 地区の氏子の皆様方は 酒宴も終焉の時
  若い衆を迎えて 神輿の 町内練り歩きを 待つところ


2601134.jpg
若い衆が お宮に 神輿”宮練”出発の報告に
 お神酒はお祭りに付き物 まずはお神酒を浴びて 

2601132.jpg
見学の私たち50数名にも  お神酒も
 ぶり・いか の刺身・バケツに一杯の”あらの煮つけ””イカの煮つけ” みかんも 
  気持ちのこもった 歓待をうけました

   
2601141.jpg
 バケツに魚の煮物を入れて振舞う方法は文化が違うと感じました



2601135.jpg
いよいよ お宮を 出発
 デーマデ(出るまで)オオハイゴン(大騒動)のオマチーサン(お祭り) 

2601131.jpg
獅子も天狗も 現れました
 獅子に噛まれれば 魔除け お利口さん 厄除けなど
  オゾカッタ(怖かった)がホエダッタ(泣かなかった)ニョーバンコ(女の子)
 
 ココンタハ(この地域)出雲弁はチカワンカ(使わないか)?

2601136.jpg
とんどの周りを練り歩いてから 町内を練り歩きです
 明朝6時頃に とんどに 火がつけられ 小正月の”とんど祭り”も無事終える事でしょう

 役員さんも行事が終われば 肩の荷も下りて やっと家族の正月が始まるかもしれません?





弁天島を歩いて一周   出雲大社  

出雲大社 稲佐の浜のシンボルは
 弁天島  昔は完全に海に囲まれていて
  夏の海水浴に来ても 弁天島周辺は遊泳禁止で近くへ寄れませんでした 


2512265.jpg
アレ!潮が引いて島が地続き状態 

 いつかは 島というより 陸続きになるでしょう




2512261.jpg
靴を履いて 岩沿いに 歩きました

2512262.jpg

波が引いた時に 小走りで 波間をわたります

2512263.jpg
去年など全く歩いて渡ろうなど思ってもみませんでしたが



2512264.jpg
弁天島のお宮へも 参拝出来そうですが
 もう若くありません 急坂な道から 
  サデボロケテ(勢いよく転び落ちる)てアイマチ(怪我)などしたらと自制します。


2601051.jpg
今頃は こんな具合
 近くの 古老に聞いた話では家の近くまで海で 船が来ていたそうです。


2601052.jpg
2013年11月12日の神迎神事の1場面です

 島の手前の位置は
   旧暦10月10日に 全国の八百万の神様がお出でになる 場所で
 「神迎」の神事が行われる場所です








小白鳥の飛来    出雲市斐川町   

出雲空港周辺の宍道湖斐伊川河口へは最近よく来ます

 野鳥が 田圃に たくさん いる風景 こそ 自然環境 に恵まれた 地でしょう。

  都会の方からは 垂涎の景色だと思います、出雲空港から2kmの田園地帯です。


26010322.jpg
斐伊川河口 の中州が睡眠場所

26010321.jpg
たぶん 朝10時頃中州から飛び立って 餌を食むため田圃へ
 夕方 4時から5時頃には中洲へ帰るでしょう

26010323.jpg
宍道湖で 

26010325.jpg
真上を飛んだ 小白鳥 結構大きな鳥です



2601041.jpg




26010326.jpg



2601111.jpg
近くに集団で餌探しの  雁でしょうか



2601112.jpg
警戒心の強い野鳥で 距離が遠くてもすぐ飛び立ちます
 小白鳥は 車で10m位近づけば徐々に距離を取って離れて行きます、
  車外に出れば距離が有っても飛び立ちます。








焼肉 有原苑   出雲  

珍しく焼肉店へ行きたいとのことで

 ”焼肉のあらき””食道園””まんまる”など浮かびましたが

若いスタッフが 桃源の”有原苑”を 勧めてくれました。

 

26010714.jpg
雪の夜 でした  ”有原苑”へ


26010711.jpg


26010712.jpg


26010713.jpg
 賑わっていた 焼肉店でした


今日明日は 正月行事の風物詩 ”とんどさん”とんど などが  出雲の各地で行われるでしょう。

昨日の朝は 雪が10cm位積もりましたが午前中に殆ど融けてしまいました。


オムライス  松江市  

孫の通う 保育園の「生活発表会」を 終えて
 ランチを 私の好みも入れて  オムライスの 「ポムの樹」へ

2512286.jpg
都会にある ポムの樹へは 若い女性の列待ちで中々入る事は出来ません

 



2512288.jpg
お子様ランチを食べる  孫の顔は
 食べる方もそれを見る方も 至福の時



2512285.jpg



2512287.jpg
松江市の ポムの樹

 家内は当日は法事の為 参加できませんでした。


2601091.jpg
昨夜から 雪が降りました 20:30頃


 スナップ写真を  

26010619.jpg
1

26010618.jpg
2

2512193.jpg
3

26010611.jpg
4

26010612.jpg
5

26010613.jpg


26010616.jpg

2601073.jpg
7

2601072.jpg
8

26010731.jpg
9


26010733.jpg


2601082.jpg



昨夜 久しぶりに1時間ほど 日経を読みました 普段読むことは地方紙も含め見出し程度です。
 3日の一面に   「NISA口座、400万超 投資意欲高まる」 
   同じ面の特集に「超高速取引が席巻」を読んで 時代は完全に変わったと思いました。 
  今時は瞬きをする間に数百回の取引を繰り返す超高速取引数が6割、代金は4割、主役は巨大ファンドとか。
   個人はちまちまとした NISA程度かと、 勉強会に出かけて大局を見なければと思ったしだいです。
 来週の 広島と東京のセミナーとオフ会 に参加できないのが残念です。



うっぷるいの風景       出雲市十六島  

出雲市十六島IzumoshiUppuruiは島根半島の漁村です
 珍名当て字難名などの地名クイズなどの定番かもしれません

  我が家から15km 20分も有れば到着、自転車で海を見る1時間のサイクリングコースの地です。

26010621.jpg
出雲大社までは 日本海岸沿い10㎞峠を6㎞で 到着
 鰐渕寺までは5km位でしょうか
  十六島までは1㎞の地です




26010617.jpg
快晴の日 だったので とれとれの 海苔の仕上げ作業中でした

26010611.jpg
先日のTBS「世界ふしぎ発見」の番組の賞品に
 十六島海苔が紹介されました  貴重な海苔で高額です
  我が家も 正月の雑煮に使っています 正月明けの半額になった十六島海苔もゲットしました。
2601071.jpg
餅が好きなので 元旦から毎朝 雑煮です 当地は丸餅に海苔とセリの醤油味で具は無しでシンプルです,
  家内の実家は3㎞弱の近くなので文化風習は同じで生活に違和感はなしです。
   時には ”ぜんざい” になります。

26010615.jpg
昔は 厳冬の荒波の中を 岩場での収穫作業は命がけだったと聞いたことが有ります

7日の”山陰中央新報”に十六島海苔の収穫最盛期との記事と写真が掲載されていました。

出雲大社の正月風景  

正月も終わりましたが 
 これから 1月31日の旧正月 まで 正月行事で賑わう出雲大社を写しました

2601068.jpg
大社の町へ入って 目につくのが

 日本一の 大鳥居 そして  神門通りへと続きます
2601062.jpg
少ない駐車場と渋滞 対策 の 為
 一畑電車利用 の 参拝客が多かったようです

2601067.jpg
いよいよ 出雲大社 参道へ近づきました

2601066.jpg
出雲大社への参拝記念の 撮影スポット
 勢溜り 

2601065.jpg
勢溜り から 振り返れば
 大鳥居が


2601069.jpg
松の並木の参道

26010610.jpg
銅製の鳥居を拝礼して出雲大社境内になります

2601063.jpg
拝殿   2礼4拍1礼 のお参りの作法は良く知られた 出雲大社独特のお参りです

2601064.jpg
大屋根が 60年ぶりに 葺き替えられ「平成の大遷宮」完成の 本殿です



昨日は 上海から先月京都へ 帰国した 友人が夕方訪ねてきたので
  日御碕から稲佐の浜の日没に合わせて ドライブをしました  海に沈む夕日に感激感動‼でした。
   今日は出雲大社へご祈念の初詣を行くので同行予定です。  






-- 続きを読む --

真鶴を見ました     出雲市斐川町  

宍道湖周辺 斐伊川周辺は 水鳥・野鳥の 観察が出来る 恰好の地のようです。

 県外車も良く見ますが、遠来の方に聞けば、この地を目がけての撮影目的のようです。

  今回も仙台・福岡・長野ナンバーなどから来た青年・高齢者に会いました。

25123119.jpg
ごく普通に 農家の田圃の周辺で 餌を食んでいます

25123116.jpg
アマカメラマンに聞けば
 真鶴 だそうです    成鳥と雛鳥のようです

25123117.jpg
鳥の名前は知りません
 真鶴か鷺の仲間か解りません


26010110.jpg
近くの アマカメラマンに聞けば 斐伊川河口中洲で休んでいる小白鳥は一目350羽位とのこと

25123118.jpg
小白鳥の集団の中に 真鶴一家が 住んでいます





赤い鳥居    出雲  

一畑電車の沿線に 稲性神社が有ります
 お宮の御影石の鳥居と赤い鳥居の参道の間を線路が通っています。

26010311.jpg
珍しく5cmの積雪の中を 写しました

26010312.jpg
出雲大社から10分遙堪駅を過ぎたあたり
 積雪はほとんどない地区です、すぐ解ける雪でした。

26010316.jpg
稲性神社 の 正月飾りがついた鳥居です


26010314.jpg
雪をかぶった 狐さん

26010313.jpg
正月飾り越しに
 赤い鳥居が並んだ景色


26010315.jpg
鳥居が何基あるか数えた事は有りません


正月も今日で終わり
 我が家は 元旦9時から 初売り で 正月気分は全くありません。
  
  仕事を退いた私は 炬燵で真昼間に新聞・テレビ・読書は遠慮しています。





大きい紅イカ  

正月2日の様子を 写しました

 孫の子守には 出雲大社の駐車場で 観光バスの見物をするのがベスト、
  ”出雲大社へ観光バスを見に行く” 以前は出雲空港でしたが バスの数が違います


25123111.jpg
風の強かった海岸には 海鳥が避難中
 人が通れば 飛び立って乱舞しています

25123113.jpg
大社漁港の防波堤周辺では 
 紅イカ を釣り上げる 人がたくさん

25123114.jpg
この紅イカは 体長50cm位の4kgで小ぶりな方とか
 先日は10kg体長1mの烏賊を釣り上げたと おじさん曰く

25123115.jpg
寒い中 紅イカが 来るのを待っています

 寒ければ寒いほど 酒と烏賊のさしみ が旨い事でしょう。 



2601032.jpg
イカを釣り上げる 道具の竿です
 寒風の中何人も見ました


2601033.jpg
稲佐の浜 周辺では
 夕日を写そうと稲佐の浜には観光客がたくさん
  私たちは 普通に海に沈む太陽が見えますが
   都会とか内陸の方には珍しいかもしれません



2601034.jpg
出雲大社境内で 正月の 魔除けか悪退治か神様を守るか  ”番内”さんが現れました

 初めて見る 孫は ナデナデされ怖かったようですが、”こんにちは”と言ったら”平気”だよと なんとなく納得させました。

2601035.jpg
16:30過ぎ 正月アルバイトのJK巫女さんも ”おつかれさまでした”



25123112.jpg
甘味処のJKアルバイトさんも 明るく楽しそうで元気が伝わります



昨日3日は快晴の初詣日和   正月3日間晴天は珍しい 山陰の空です
 娘一家3人は我が家へ 年始に来てから、 出雲大社へ初詣
  渋滞と駐車場満車は辛いと思いアッシーをしました 親心よりドライブ好きだからです。


正月の稲佐の浜 夕日  

快晴の元旦の夕方
 出雲大社へ16:30も過ぎれば 大渋滞も解消
我が家から20分程度で 到着 でも 参拝は お預け


2512313.jpg
出雲大社から1㎞、日本海に臨む稲佐の浜の夕日を写しに

 弁天島の周りには 観光客がたくさん
   降臨の地ともいえる 稲佐の浜 はパワースポットでしょう


2512311.jpg
風の強い 正月の風です

 日本海も風雲波高し


2512312.jpg
夕日がくっきりと 見えます


2512314.jpg



2512315.jpg
2日の夕日もきれいでしたが  出雲大社へは 孫の子守に ドライブで 
 稲佐の浜へは行けませんでした   水平線に沈む夕日だったと思います





2601031.jpg
2日17:00頃の夕日 出雲ドーム方面です
 それにしても 日が長くなりました 16:30頃には暗かったのに
 


除夜の鐘    出雲市斐川町  

大晦日の夜はNHK紅白歌合戦を炬燵にあたって見る事が
 日本の大晦日の定番でしょうが
  紅白歌合戦を見ていても、私は時代に合わなくなりました面白くも無しジガネコト(つまらない事)

2601011.jpg
穏やかな大晦日の夜でした  23:30頃に 向かったのが

臨済宗相国寺派の名刹 保寿寺(出雲市斐川町中洲)です

大晦日と新年を除夜の鐘を打って 煩悩が消え去ればと 住職1人で鐘楼に 私は早い方で何回も鐘を打つことに

2601012.jpg
70年前の大戦時 全国の梵鐘が戦争機器の道具用に供出させられた過去が有ります
 近年 再興なった 鐘楼と梵鐘です
 


2601013.jpg
紅白歌合戦が終わるころから 三々五々

2601016.jpg
数十名が除夜の鐘を打ち終われば  本堂へお参りをして
 読経をそして焼香をして終わりました。

2601017.jpg
読経が終われば 桜茶を頂いて
 福袋も頂いて 除夜の鐘 の行事も 無事終わりました
  郷土史家の藤岡大拙住職は今年も講演依頼で 超ご多忙でしょう。

2601019.jpg
元旦の午後に写した 保寿寺様です





2601014.jpg

除夜の鐘突きから  帰り 氏神様  直江金比羅神社へ 初詣 元旦の午前1時になりました

2601018.jpg
 今年も良い事が有りますよう ささやかな ご祈願をしました。
  元旦の午前中に 年始のあいさつに改めて 参拝しました。





出雲地方は 元旦も今日も 晴れ間の見える 初詣には 最高の天気になるようです。


▲Page top