出雲での、今日明日

 頭も軽く ・ 心も軽く ・ 軽いのりで  行こうと!

バイクの季節       

快晴の暖かな陽気だったのが 3月28日
 久しぶりに 出雲大社・日御碕・宍道湖周辺を3時間ほど100kmをツーリング


26032822.jpg
高齢者には珍しい オフロードバイクがマイバイクです。
 ハーレー・BMW車には興味ありません、
  外車ならオーストリアのオフロードバイク”KTM” は良さそうですが
   プロとかオフローダーなら乗れそうですが、私には無理でしょう。



26032824.jpg
日御碕で今にぎやかに鳴いているのは
 ウミネコです 

26032823.jpg
経島ふみしま は 天然記念物のウミネコの繁殖地
 春にやってきて 子育てをして 夏までには 北のほうへ旅立つでしょう



26032825.jpg
出雲大社の近く 稲佐の浜では ヤングが楽しくはしゃいでいました

26032826.jpg
弁天島 は いつも 参拝客の 撮影スポットです



26032821.jpg
宍道湖湖岸もツーリングしました
 しじみ採りの船が 景色にあいます


しばらくぶりに ぶろぐ村”島根県情報”に帰ってきました。




世界遺産の町   キャンディー スリランカ  

スリランカの中部に有る 都市がキャンディー市 
  高原地帯にある避暑地で町全体が世界遺産”の町   仏歯寺”があることでも有名です


2603202.jpg
仏陀の歯が祭られているのが 仏歯寺
 コロンボから120km 昨夜バスで到着 ホテルチェックインは22:00 
素晴らしいリゾートホテルながら滞在は数時間、モーニングコールは06:30  そして朝9時参拝

2603208.jpg
微笑む顔が美しいのも 信仰心の賜物か?




2603203.jpg
にぎやかな模様の廻廊です
 お祭りのときは 象さんも通るかもしれません


2603204.jpg
拝む祭壇がいろいろあるので
 手を合わせますが 賽銭箱が無いように思いました 
  献花と言うか 花を買ってお供えはしました



26032010.jpg
仏教と言っても 日本とは全く違う 装飾にたたずまいに
 感心したり 驚いたり  仏教もいろいろ、人生いろいろ!


2603205.jpg
敬虔な仏教徒の お祈りの場
 観光客も 花を添えて拝みます 
  お願い事をするより、感謝の心を表すようです
 


2603207.jpg
敬虔な信者 が 聖水で身を清める所 日本では神社にはありますが
  男性が持つ 花は御供え物100円位です


2603206.jpg
神社仏閣の謂れ 歴史には興味がないので 全くの観光気分 キョロコヨロデジ一眼をもって歩いています。


2603209.jpg
華やかなサリーの装いは 綺麗でした、体型を強調しないのは和服も同じと思います。

キャンディーに滞在は仏歯寺のみ 2,3時間市内を散策出来ればと思いましたが、次は南部の都市ゴール市まで4時間のバス移動になります。




兄弟姉妹が彼岸で集まって  

春分の日 今は無人となった実家へ 彼岸で集まったのが
 家内の姉2人と兄1名 そして 私の5名



26032411.jpg
子宝に恵まれず、早く世を去った義兄夫婦の家は住む者もなく、私が管理者です。
 田舎の広い家を 手入れをするのは、手間がかかるものです



26032412.jpg
空いた部屋には 40年前の雑誌とか飲み物もそのままになっています。
 小百合さんも若いです

26032419.jpg
庭の木の葉を写しました


26032416.jpg
12:30集まって 弁当の昼飯 デザートにケーキ・プリン・ヨーグルト・スナック
 昔ヒモジイ思いをした世代、集まる時は 食べきれないほど用意します
  末っ子の家内は姉の希望を聞いて ショッピング係になります


26032421.jpg
墓参りをすれば 畑一杯に 土筆(つくし)が咲いています

26032422.jpg
掛け軸を虫干しを兼ねて広げてみました
 春夏の軸50幅(50本)位を並べて、各自2,3幅を持ち帰る事としました。



26032418.jpg
農業も園芸もしませんが 最近は軽トラを乗り回しています

墓参りをしてから 次はお盆に会う事にして、しばらくのお別れになります。

 この畑も雑草が生えます、5月と7月に草刈り作業お願いして
  向こうに見える田圃は 田植え が5月に始まります。



消費税増税まじかになりました 息子用に 発泡酒”麦とホップ”10ケース買っておきました。

 ごみ袋・トイレットペーパー・キッチンペーパー・ティッシュ・ラップなどは
  ケース単位で買って半年から1年分位は用意してあります


 

草庵     出雲市斐川町  

出雲空港から5分程度の地に有るのが 湯の川温泉 出雲市斐川町荘原

 今回 湯宿・草庵 「お食事処すゞ奈」日本3美人湯の地
 

26020816.jpg
わらぶきの門構えが草庵入口
 今回は食事処すゞ奈へ

26020817.jpg
私たち田舎者には何でもない 雑木林ですが
 都会の方には 風情のある景色でしょう 羽田空港から9搭乗して90分で到着できるでしょう

26020818.jpg
とりあえず 案内が有るまで待合の場所で歓談など
 棟方志功の版画も

26020815.jpg
今日は9名でしたので メインルームでした


26020811.jpg 26020812.jpg


26020813.jpg 26020814.jpg


※ 会計にカードは扱っていません、いつもにこにこ現金払です、
   店は古民家でも ソフトは先端と思っていましたので意外でした。




写真講座  





26032611.jpg


2602123.jpg
1

2602122.jpg
2

2602121.jpg


26032235.jpg
11

26032239.jpg4




26021434.jpg





2602179.jpg


2602178.jpg





26021721.jpg
mizoguti







2602181.jpg
10

26022621.jpg

11


26022628.jpg

かお 顔  

デジタル一眼カメラを持っての
 海外へは始めて コンデジとは全く違う 撮影スタイルになりました。

大阪のおばちゃんの如く、”飴玉・飴チャン”を持って 写す時”飴チャン”をあげれば
 怖い顔のじいさんも 顔がほころびます、子供など大喜びをします.



26031827.jpg
近くにいた孫用に、飴チャンを一握り渡して ニッコリ!



26031833.jpg
三輪タクシーの運ちゃん
 値段交渉前に飴チャンを渡して コミニュケーヨン 現地人価格で交渉成立で パチリ


穏やかな国民性と教育の徹底で明るい将来が来ると思います、隣国の気性の激しい国民性とは違います。
 

26031831.jpg
車窓から写したので 飴が渡せません
 ヒョウキン者の小学生が ポーズを取ってくれました  だんだんありがとう!



26032021.jpg
休息中か 、ただの 怠け者か
 でも リゾート地の雰囲気です

26031835.jpg
ポスターの美人と兵士 が 目についたので


26031840.jpg
インド洋に沈む陽光 が 少女を温かく照らしていたので
  影は私

26031819.jpg
大蛇を首に巻いての 記念写真中
 スナップ撮るのも金なので 隠し撮り

26031821.jpg
   老いた夫婦     犬

26031824.jpg
道を聞いた ガードマン
 人の良さそうな イケメン


26031839.jpg
温かい国の ホームレス・乞食 は生活環境は厳しくないと思います、どうでしょうか?

26032022.jpg
絵になりそうな プアマンに見えましたが、案外リッチマンかもしれません。

26032023.jpg
厳しい顔がカッコイイ オジジ(爺さん)

 私と同世代に見えますがどうでしょう、飴チャン受け取ってくれました
  ”ジャパニーズ?”  yesにニッコリ  握手をして 別れました  







JAZZ Live in 上海  

田舎者の私は初めて ”ジャズクラブ”なる所へ入りました
 日本の”ブルーノート”へ入りたいと思っても アルコールを飲まない下戸では躊躇します。
  今回、H”元”社長に金魚の糞の如くひっついて JAZZLiveに同行

26032013.jpg
クインテットの演奏 は 私好みのモダンジャズ
 フォーバース有り各自のソロも有りの演奏スタイルは聴きごたえありでした。


26032014.jpg
ピアニストは静かな雰囲気ながら
 ファッツでオスカーピータンソン張りのガンガン鳴らすピアノ


26032012.jpg
歯切れの良いドラミングと正確なリズム感に好感 ドラマー”チャーリー”
元社長が 外灘(バンド)の高級ナイトクラブで友達になったドラマーです
 


26032011.jpg
「JZ CLUB」3月のライブ予定表がありました、ポスターをあらためて見れば
当日は ”Alec Haavik Friction Five"の演奏でした

 
 バド・パウエル(p)に捧ぐと題した演奏会は終わっていました
  ”A Tribute To Bud Powell" 3/3と有り!



翌日も聴きに行きました、パークハイアットならばすごい所strong>
26032015.jpg
森ビルの 「世界環球金融中心」101階492m、当時は世界一の建物でした 
  5年前か出来た当時パーティーとかディナーもそこそこに抜け出して何回か展望台へ上がりました。

 今夜はこのビルのホテルパークハイアットの92階で行なわれる   
  ジャズライブを昨夜に続きH元社長と一緒に聴きに行きました。

   ビルの横に見えるのは 満月です 幸い晴天だったので最上階も見えますが曇天なら雲で霞みます。

26032017.jpg
21:30 客の入れ替えでチョット空いたところ

 ジャズクラブなら NYヴィレッジバンガードとかLAシェリーズマンホールなど行きたかったジャズクラブです。


260312018.jpg26032433.jpg


 偶然チャーリーとツレション(トイレで隣同士)しながら

私”マイ フェバリットドラマー マックスローチ&フィリージョージョーンズ”

 チャーリー”I Like アートブレーキー・バディーリッチ”


26032016.jpg

26032431.jpg

デジ一眼カメラを持つと怖い物なしで ドンドン前へ出て写しまくります

 写して良いか解りませんが 、フラッシュなしでたくさん写しました、
  クレームなし ポーズしてくれました。



26032019.jpg
浦東に佇む”東方明珠”TV塔468m最上展望台350mのスゴイ高い塔が下に見えるのが驚き
 地上500m近くのジャズクラブです    地上で豆粒に見えるのが車


お洒落な上海の夜になりました、 Shimomaruko元社長ありがとうございました




コロンボのホテルへチェックインが21:00
 賑やかに結婚披露宴が行われていました
  前の6枚は1日目  後の6枚は2日目の結婚式風景です
コロンボの5ツ星ホテル コロンボコートヤードホテル 
  隣は大統領官邸で完全武装の兵隊が守っているので  超安全ホテル  

26032024.jpg
デジ一眼を持つと 初心者ながら怖い物なし積極的になります 

2603231.jpg
このホテルで挙式 結婚式を行うからには ハイソサエティーな方でしょう


26032025.jpg
一旦スーツケースを部屋にいれてデジ一眼を持って披露宴を写そうと思いましたが
 時すでに遅く ほとんど終わっていました 着飾った美男美女を見たのに   
  目鼻立ちもはっきりと 、 黄色人種と違って眉目秀麗派手な顔立ちに見惚れました。

26032232.jpg
日本人の感覚でいえば 披露宴出席者だと思います


2603221.jpg
部屋からすぐ出れば 着飾った結婚披露宴参加者を写せましたが
 タイミングを失いました

26032026.jpg
ハニームーンを待つBMWとベンツ



翌日も 結婚式風景に遭遇しました

26032032.jpg
我々のディナー会場へ集まる30分前に 結婚式披露宴会場をデジ一眼をもってウロウロ

  正面に写っているのは我々のパーティー会場 
  プールには女の子がはしゃいでいます



26032031.jpg
まだ集まりは 彼女達だけ
 もっと近くへ行き写しても良かったのに シャイなので控えました 残念


26032030.jpg
南国インド洋の 涼風もさわやかな19:00ごろ
 ホテルのプールサイドが
結婚式と 披露宴会場 間もなく 始まる所です


2603232.jpg
祝福のコーラスで 宴を盛り上げる
 讃美歌女性合唱隊?だと思いました。

26032043.jpg
宗教は何か解りませんが
 牧師さんが ”愛の誓い”の儀式を終えて 祝福を

デジ一眼を持てばプロカメラマンの風貌を装って 構えれば面の皮も厚くなります
 


26032041.jpg
結婚式を終えて 披露宴など、次いろいろあるようですが 

 私もスリランカ国最後の夜 ディナーパーティーに集まる時間が来たので退散!







3月3日17:30~18:10の間

 道の駅 キララ多伎 の近くの丘から写しました


2603042.jpg
出雲大社方面 稲佐の浜を眺めました

2603043.jpg
風力発電の風車の真下から


2603044.jpg




2603045.jpg
5

2603041.jpg
雲が無ければ 達磨状態の 太陽でしたが

2603046.jpg
キャノン6D Lens70-300㎜



          *****************************************





26031842.jpg
この絵は 南国スリランカ ゴール市のリゾートレストランより
3月12日 インド洋に沈む夕日 


鳥取砂丘を 遠くから         鳥取市  

鳥取砂丘を夕方通りがかりました
 時間が無いので 道路端と お土産屋の 駐車場から 砂丘を写しました

26022638.jpg


26022639.jpg


26022637.jpg
被写体としては 人数が多いと思いました
 左側の2人と右側の1人で充分  中の4名は消したが良さそうですネ!



26022632.jpg




26022633.jpg
なかなか幻想的に 仕上がりました

26022631.jpg
またの機会にゆっくりと訪れたいと思っています。
 鳥取~出雲 160km 殆ど 高速道になりました3時間あれば充分でしょう。




八重垣神社    松江市  

八重垣神社は松江市の郊外
 若い女性の 縁結びパワースポットで大人気の お宮です

2601281.jpg
境内から鏡の池へ向かう道の
 竹垣を写しました

2601282.jpg
杉の大木には 注連縄が 
 日本人の自然への崇拝がここにも生きています

2601283.jpg
”鏡の池”は八重垣神社の象徴

2601284.jpg
八重垣神社本殿



高校の同級生より電話あり・・・”東方神起”コンサート絶対見たいのにPC無知で私にヘルプ、 
 大阪城ホール5月28日チケットゲット  久しぶりに都会へ行くようです  お手伝いが出来て良かったです。
  お礼に和菓子を持参してくれた桂子ちゃんでした。



写真講座  

写真講座

26022625.jpg
竹田城跡で読書をしなくても  違和感が有りますが 
 本人には拘りかロマンでしょう


26022624.jpg
竹田城跡は着物でも 上がられます
でも、着崩れするでしょうに

26022626.jpg
ソチ冬オリンピックの時だったのので
 真央ちゃんを 真似ていたと思います

26022635.jpg
鳥取砂丘 

26022634.jpg
砂丘の夕方

2602275.jpg
竹田城跡




26031716.jpg
雲南省昆明市の道端で  車窓より


26031717.jpg
海鴎の餌売りのおにいちゃん   雲南省昆明市翠湖


26031815.jpg
 ポスターとの対比     上海市 豫園

26031816.jpg
迫力ある 食事風景だったので     上海市豫園

26031817.jpg

普段は上品な方だと思いますが、お腹ぺコペコだったのでしょう
 見事な食べっぷりだったので 日本人なら写しませんが、







旅で見た 顔 顔   

デジタル一眼カメラを持って
 他国の人の営みを写す楽しみを経験しました


2603181.jpg

スリランカヘ入って
 裸足の人々をたくさん見ました


26031724.jpgこの国は教育が徹底しているので 公共道徳もしっかりしていて
 裸足でも安全な道路事情も有りますが、裸足はもちろん少数派です。

26031811.jpg

絵になる 埃まみれの おにいちゃん
 建設作業員というより 、 大工さんです

26031726.jpg
大きなお目々 大きなお腹
 道端のカシュウーナッツ売りの家族

26031722.jpg
キャンディーの世界遺産 仏歯寺 での 敬虔なお祈りが終わってニッコリ

26031723.jpg
遠くの地から バスを乗り継いで 来たようです (とぎれとぎれの英会話で)
 清々しい 気持ちのようです
 


2603171.jpg
餌付けが生き甲斐いの おじさん 昆明 翠湖にて

2603173.jpg
公園の露店商の子供
 道端が遊び場で 観光客に為れています、あわよくば貰い物が頂ける  チャント解っています
 昆明 翠湖 

2603175.jpg
何処の国も 男は疲れているようです
 昆明 公園
2603176.jpg

2603174.jpg
日本から持ってきた 飴玉を子守のおじいさんに渡したので
 かわいい女の子が喜んで 踊るポーズをしてくれました 昆明 翠湖

2603182.jpg
油まみれ 汗まみれ 埃まみれの 働く人々も良く見ました

26031812.jpg
ミシン屋さんは昆明でも スリランカの地方でも見ました 車窓より
 丸い文字は独特です、同じ丸文字はインドの南部チェンナイでも見たので
  ガイドに聞けば 全く違うそうですが、同じに見えます 




旅の移動日   昆明からコロンボそしてキャンディーへ  

昼食を昆明の名物料理の店で終えて 午後はスリランカヘフライトの日
 午前中昆明市内を散歩とバス移動中に写しました


2603177.jpg
高齢化が急速に進むこの国の将来も
 子供は国の宝 1人子政策も条件付き緩和に向かっています
26031834.jpg





昆明は雲南省の省都ながら 上海から遠く離れた内陸部
 開発はまだまだ遅々としています、観光客から見れば珍しい物が見つかる地です。



2603179.jpg
少数民族が多く居る 省です
 幻想的で魅惑に溢れる雲南省です
  ちょっと遠くになりますが 麗江とか少数民族の集落を
   訪れたいと思っています

26031710.jpg
生活・文化を知るには 食事風景からも知ることができます。

26031712.jpg
雲南省でも活躍された邱先生お気に入りの
 少数民族の古民家を活かした食事処

26031711.jpg
郷土料理風でハイカラでは有りませんが
 美味さには定評の名物食事どころ

26031713.jpg
日本では有り得ない風景になりました

26031714.jpg
深夜のチェックイン後すぐにホテル内で食事
 カレーの種類も ずらり10種以上 
  なにがなにやら 解りません 
味わうより 食って シャワーして 早く寝る事です
 寝たのは2時

26031715.jpg
 ナンもなかなか行ける味です
  ビールは 初めの一杯を一息で飲む、2杯目は要らない私の飲み方です。




上海から昆明      旅の写真 1  

高齢の今になっても中々旅行に出る事が出来ません
 今回久しぶり出かける事にしました

スリランカに興味あり  雲南省にも興味あり 
家内にはセイロン紅茶で有名な地、説明で納得

 なんでスリランカに行くか聞かれても曖昧模糊に説明するしかありません。


2603161.jpg
出雲空港 09:05発でツアー集合場所の関空まで
  ローカルな出雲空港では プロペラ機も就航しています
   我が家から8㎞10分チョット ニュースで今年度80万人を超えたと放送していました


2603162.jpg
大阪の天王寺に 何かで日本一の商業ビル ”ハルカス”誕生は3月7日 Open
 昼食を食べるつもりも超超満員
  隣接の ”mio”へ行きます


2603263.jpg
しばらく日本料理は食べれません
 杵屋の蕎麦とうどんのざるにしました


2603164.jpg
夕日に 輝く雲 地上から見る茜空もきれいでしょうか? PM2.5で霞むかもしれません
 上海到着前の機上から


2603167.jpg
この国は 党・為政者を守るために、民衆を威圧する予算は潤沢です
 


2603165.jpg
昆明出空港到着午前1時40分

 上海発の21:00がチョット遅れてこの時間になりました



2603166.jpg
ウエルカムフルーツも用意してありますが
 ホテルチェックインが午前2時半 眠るだけです

同室のロイヤーK氏は部屋へ入って5分後には爆睡しました
  私は風呂に入ってから・・・、3時間後には2人とも起床して散歩

 超豪華ホテルながら 部屋にいたのは数時間   明日もチェックインは真夜中の予定です

 

2603169.jpg
カメラなど不要の方が殆どです、デジ一眼は私だけです。
 朝食前の散歩をすれば  
 地元の高齢者が 太極拳か 体操風景をたくさん見ます


26031610.jpg
昆明の代表的5ツ星ホテル”翠湖賓館”の 「翠湖」には

 かもめが乱舞しています、白鳥は少ししか見ませんでした



ツーリングで見た風景  

バイクの季節
晴れた日の午後 近くをカメラを持ってツーリングしてきました。



26022312.jpg

古民家の一角を

26022314.jpg
珍しい 土壁を見ました
 おしぎりで切った藁を 赤土に混ぜて

26022315.jpg
4

26022316.jpg
老漁師が運んでいるのは
 長い大きな釣り針でしょうか


26022317.jpg
古い家 とか 景色に 目が行くように

2603201.jpg
十六島の防波堤で なまこ海鼠 採り中
 話をすれば 生まれ年が同じ、ヨガナテアバカン(用事な無くて適わない)と言っていました



2603061.jpg
子守をされている おばあさんを 写しました
 今日は私も 2歳半の孫の子守です
  軽トラの助手席を指定席にして 出雲大社へ観光バス見学と
   出雲空港へ行き 飛行機見学と 芝生で 遊ぶ事です







話題とか美味いとか珍しいとか
 ランチの店を普段から チェックしています


26022617.jpg
松江市の昔からの住宅地の狭い小路の一角、
 探さないと解らないでしょう、通りすがりに駐車場の案内板を見つけてチェックでした。


26022616.jpg
正に 古い住宅をチョット改造した感じの店内です

 女性客で満員 


26022613.jpg
3


26022612.jpg



26022630.jpg


26022614.jpg
デザートはきなこ餅とワッフル


26022618.jpg
味も良くスタッフの応対も良くそれなりの雰囲気で

 おすすめの 古民家バイキングレストラン かんてら でした。


旅行7日目
 上海発12:35  関空着15:40
 新大阪 19:00 帰宅 23:00





ジンギスカン  ”じゅじゅ”    出雲    

テレビのグルメ情報番組で放映していたので

 出雲のじゅじゅ へ


26021411.jpg
店の前で駐車出来たので入ることに

2602148.jpg
ジンギスカン料理など 好みでもないですが 話のタネにと思って

 札幌ススキノのジンギスカン料理を1人で食べましたが特に旨いとも

26021410.jpg
ラムとマトンをオーダー

2602149.jpg
”好きな方にはたまらない味”ジンギスカンでしょう。
  レポーターが好みの味でないときの常套句が”好きな方・・”だそうです。
   



旅行6日目
 上海 セミナーと企業視察・研修の終日
 上海:オークラガーデンホテル 泊






イタリア料理      松江市  

松江市パストグラッツェ

26021138.jpg
ランチタイムのオープン11:00を20分過ぎたころに入れば
 女性客でフルハウス状態


26021132.jpg
前回は 30分待ちだったのでキャンセルして
 ”うどんや”へ

26021131.jpg
ビュッフェスタイルで
 とりあえず すこしづつ 食べてから


26021135.jpg
すきな食材をチョイス

26021133.jpg
トマト テイストのスパゲッティ

26021134.jpg
マルゲリータピッツアはボリューム有ります

26021137.jpg
スイーツもいろいろと楽しんで

26021136.jpg
仕上は アイスクリームで満足のランチでした。



旅行5日目
  雲南省昆明市から空路 上海到着
   花園飯店(オークラガーデン)へチェックインしてやっと落ち着く上海です
  上海:オークラガーデンホテル 泊



カレーライス KARLY       松江市  

ランチを カレーライスにしたのは
 写真講座会場の近くの殿町にあるのでいつか入ろうと


2602227.jpg

開店当初より 賑わうカレー屋さんで一度食べてみたかったので


2602201.jpg
TVで放映されてから一段と繁盛のようです




2602202.jpg
きのこカレーをオーダー

2602204.jpg
キョロコヨロと カメラを

 人なつこいシェフだったので  スリランカで写した写真次回を持って行こうかと

2602203.jpg
鳥のから揚げも旨かったカレーでした





旅行4日目
 スリランカ 最大の都市 コロンボ滞在

 深夜00:10 コロンボ発 雲南省昆明市07:20着までの機内泊



「インド洋の真珠」 スリランカ   

昨夜からスリランカへ来ています 駆け足の2日間滞在です。
 70年前日本の敗戦処理で
  戦勝国 ロシア・アメリカ・イギリス・中国の4か国が日本を4分割支配する意図の会議を
   後にスリランカ大統領になった人物が日本独立擁護の大演説で日本国を救ったのは有名ですが、
    意外とメディアは報道をしません。

スリランカに感謝の気持ちを若干は表そうと思っています、仏教国なのでお布施をしようかと。


26021412.jpg
明日は企業・証券取引所視察もあり、この国の金融・経済の勉強も出来ます、

今日は観光を兼ねた 社会インフラの整備状況も参考にして投資口座も?



26021415.jpg
旅行に持ってゆく本は数冊、他にipad airとipod nanoは機中とベッド用です

 他に荷物は捨てる為着古した服と肌着、空いたスペースはお土産品になります
  私の土産は各地で採取した”小石”を庭に置き、老いてから楽しかった旅の思い出を回想です。
   
  バスなどの移動中は博識博学のツアー仲間との歓談で 聞く事見る物が 
   カルチャーショックでモチベーションアップでしょう‼






旅行3日目の日程は 主に観光
  世界遺産の街 キャンディー市 
  城塞都市   ゴール市 
  大都市     コロンボ市    
   コロンボコートヤードホテル泊


&cafe 華羅     雲南市  

ランチ情報番組を見て出かけたのが
 雲南市の古民家カフェ”華羅”

2602199.jpg

2602192.jpg
2階には 古物商らしく
 着物・タンス・調度品などが展示してあります




2602195.jpg

2602193.jpg 2602194.jpg




2602197.jpg 2602198.jpg




旅行2日目

 雲南省昆明市滞在は昼過ぎまで
 空路  スリランカの 大都市 コロンボへ到着後 
   世界遺産の街キャンディーヘバスで移動23:00頃ホテル到着か
   キャンディー:Earl's Regency Hotel 泊

  

 

出雲大社でお茶を  

家内の3姉妹のアッシーで松江市まで出かけて帰る途中に

 出雲大社まで参拝をする事になりました



26020211.jpg
「平成の大遷宮」効果はいまも賑わっている
  出雲大社です


26020212.jpg
長い参道(400m位)を
 楽しく歩くところを
 



26020214.jpg
”勢溜り”と言われる 広場を写しました

 2,3年前からは想像できない 賑わいとお店の充実ぶりです


26020217.jpg
立ち寄ったカフェで ケーキセット


26020215.jpg 26020216.jpg





26020213.jpg
友人の坂根氏が興した商業施設
 「ご縁横丁」賑わっています


今日から1週間の旅行に出かけます
   関空から 中国上海を乗継して
   中国雲南省昆明市到着は日が変わって00:10     
   昆明:翠湖賓館泊まり チェックインは深夜02:00過ぎるでしょう。
    


美術展を見る楽しみも増えました  

今まで 「写真展」など見た事も有りませんでしたが
 一眼デジタルカメラを買ってからは 写真展を見る機会が多くなりました


2512301.jpg
 人様の作品を見て楽しんで 感動しています
 

2602115.jpg



2512303.jpg


2602221.jpg

2602223.jpg
作者の思い入れを感じなければと思っています





今夜は明日からの旅行の準備、初めてデジ一眼を持って行きますが望遠レンズは重い荷物になります
  今回のツアー仲間は写真に興味ない方が殆どです。

 パスポート・円と元とドルの現金・銀聯カード・VISAカードが有れば足りるでしょう。








海辺の多伎図書館  

道の駅 ”キララ多伎”の 近くに

 有るのが 「海辺の多伎図書館」チョット立ち寄ることに
なかなか お洒落な雰囲気   白い建物から見える 日本海のコバルトブルーもきれいでした。 

2602215.jpg
友人から 写真展 それも 高校生の写真展
 ヤングの感性に興味が有ったので 見に行きました

2602214.jpg


2602211.jpg


2602216.jpg








2602212.jpg
印象に残った2点でした

2602213.jpg


島根の高校生に写真を 多年指導されているのは、
 松江市で写真講座を主催をされている、県でご活躍の先生でした。





ウクライナ・ロシア問題を憂いていますが、メディアは日本の国益重視の報道すべきと願っています

この国は隣国中韓の主張を報道しますが、自国民を鼓舞する為にもメディアが自国の主張をもっと報道すべきでしょう
隣国の攻勢が強まる中、孫子の代までもしっかりした日本国を 築く事が国是でしょう。

昔は”眠れる獅子”でしたが”牙を研ぐ獅子”に変身の相手に立ち向わねばなりません。

 他国を利する無責任な左系報道 売らんかなのネガティブな記事は国益にならないでしょう。



いか焼き    松江市美保関  

美保関までの65㎞ をドライブをしました。

美保神社前で 駐車をしたついでに

 帰る時に いか焼きを食べる事にしました


26012227.jpg
美保関のメインストリートになります


26012222.jpg
イカ焼きの お姉さんが 獲れたての生のイカを美味しく焼いてくれました


26012221.jpg
お土産用に 日干しの魚などが 置いてあります


26012223.jpg



26012225.jpg
日御碕のイカ焼きは”一夜干し”イカを焼くと思いますが
 ここ美保関では ”生を焼くから美味しい”と言っていました。


26012228.jpg
美味かった 焼きイカでした


26012224.jpg
民謡"関の五本松”の歌詞を書いた五合瓶
 私には興味のない代物、昔は売れても今はもう売れんでしょう?




確定申告の資料集めに四苦八苦、介護保険とか年金とかの証明はがき探し、
 特定口座外の外国株資料などを税理士へ届けて後はお任せになりますが
  来週は不在  今年は17日(月)が締日ギリギリセーフになるでしょう。





古民家カフェ "寺子屋"    朝来市竹田  

高倉健の映画「あなたへ」を見て 
 行って見たいと思ったのは 1年半前 大分県の竹田城は知っていても
  兵庫県の竹田城跡は当地でも知っている人はごくまれ、
   今はバスツアーなどで大人気の観光地になりました

26022815.jpg
昨年の暮れに 竹田城跡のカレンダーとポスター2枚を 観光協会から郵送頂きました(有料)



26022812.jpg 
大河ドラマは見ません

26022813.jpg
 楽しく見ました



26022819.jpg
竹田駅付近の上空を写しました

26022817.jpg
1年半前の開店当初に入ったのが 古民家カフェ「寺子屋」
今回も 入って お茶をしました


26022818.jpg
丸い炬燵が座敷に置いてあります

26022816.jpg 
10:30 竹田城跡へ上る前にお茶をしました,城跡へはケーキとポカリスエットでくつろいで
 下山してからは昼食もなしでアッチコッチ歩いてばかり
 豊岡から鳥取市 そして 松江市へ20:30到着して回転ずしを食べて 22:00帰宅しました
  
 



26022811.jpg
           家内のお土産には、田中屋”天空”を買いました
          見た目もお味も結構な美味しい和菓子でした。
          ブログを拝見すれば好感度upの田中屋さんでした。       



今日は45回目の結婚記念日、夫婦げんかはしないよう、気を付けています、年に1回位行き違いが有ります。
 精神衛生上も無駄・無益なエネルギー消費だと思います。





春の火災予防週間 です    

この季節は 火を使う事が多いので 火災に気を付けねば

 3月には「春の火災予防週間」が有ります 当地でも期間中は21:00にサイレンの吹鳴が聞こえます。

  ”火の用心” 気を付けましょう

26011511.jpg
今冬 火災現場に遭遇


2603011.jpg
我が家の火の用心は  息子のタバコと仏壇のろうそく、そしてガスコンロ(IH慣れない)を気を付けなければ




26011512.jpg
20代から30代にかけての15年間
 自治体消防の団員でしたので火災現場へは数多く出動した経験が有ります。


2603021.jpg
消防団員の「消防操法大会」風景
 大会までの練習は 時間と体力をつかい、
    仕事を終えてからの訓練で大変な労力を使います




2601171.jpg
正月に ボヤ騒ぎ だったのが 出雲大社 
 消防車も救急車も けたたましく出動でしたが なにも無しで幸いでした。



雪の景色も 終わりでしょう  

今冬は雪の被害で各地は大変だったようですが
 当地は 積雪も少なく 大過なく 雪の季節も終わりました

26020611.jpg
出雲大社は雪の降らない土地柄ですが
 今年は3回くらいチョットの積雪も有りました


26020617.jpg
稲佐の浜が白くなったのは初めて見ました



26020614.jpg
我が家の山茶花も 散りました


26020613.jpg
白くなった出雲空港を 西の端から滑走路を

 幻想的に写そうと思いましたがまだ未熟で


26020615.jpg
絵になると思いますが
女生徒の頭に電柱が被りました ,写真講座で指摘されるフレーミングです

26020619.jpg
出雲大社の雪吊


26020618.jpg

田圃の風景




冬タイヤをボツボツ交換する時期が来ました、これからは降ってもすぐ融ける雪です。
 とは言っても 1台はしばらく 冬タイヤを残しておきます。



1年半ぶりに 国史跡 ”竹田城跡”まで ドライブ片道280km

 急に決めたので1人で気ままにぶらぶら歩きです

  京都の友人とここで会っても良かったのにとも思いましたが?

2602261.jpg
晴れなのに PM2.5で 空は霞んでいます

 朝来市周辺の山々の自然の美 グラジュエーションがきれいです

2602262.jpg
竹田城跡を 竹田の町をはさんでそびえる
 立雲峡から写しました 秋には雲海に浮かぶ 竹田城跡を写すビュースポット。


2602267.jpg
前回は石組みを全て上がれましたが、
 これからは無粋にロープが張られ下から見るだけになります


2602268.jpg
初めて来たときに 石垣の石組みから敷地の広さに感動しました


2602269.jpg



2603014.jpg
3世代での 城跡登りは大変と思いましたが うらやましい限りでした
 ちなみに、 眼下はかなり落差のある石垣でした

2602265.jpg

NHK大河ドラマ”軍師官兵衛”のロケも敢行されたようです
 私には 高倉健の「あなたへ」が印象に有ります

26022620.jpg

以前は 全く規制はなく 自由に天守跡も 登れましたが、今後は 景観保存などでロープが張ってあったりで自由に見る事は出来ないでしょう。
 それにしても、すごい人気の観光地になりました、昔の人に思いをはせてまた来ようと思います。



▲Page top