出雲での、今日明日

 頭も軽く ・ 心も軽く ・ 軽いのりで  行こうと!

稚内ラーメンが うどんに  

稚内のラーメン屋に SNSから美味くて評判も店 ”青い鳥”がある事は知っていて食べに行くつもりも
 定休日 仕方なく 市内を1人で徘徊


27061930.jpg
夜も10時を過ぎれば 初夏でも北の国は寒くなります 人の気配は全くありません

27061332.jpg
一軒明かりが見えたので 入る事に

27061331.jpg
不愛想な親父の店で 美味しかったけど 寂しく 食べる事になりました
 ツアーの皆さんは ほとんどが ホテルでお疲れ状態だったようです、とは翌朝の添乗員談。





2706291.jpg
ANAホテルの 近くに有ったのが
 JR稚内駅

2706292.jpg
入場券を買って ホームまで


2706293.jpg
運転席に向かうJRの運転手さん
 19:00頃発車した1両の列車に乗客は 老夫婦1組でした




礼文島の 初夏の小花       

今回のツアー目的の1つは、礼文島固有の花と 高山植物の見学 発見だったようです。


2706131.jpg
礼文島の花ガイドさん 草花が好きでシーズンには島で観光ガイド
 シーズン外の時期は、東京でお仕事のようです

 2706138.jpg  2706137.jpg


2706139.jpg 27061310.jpg


2706132.jpg 2706133.jpg


2706134.jpg 2706135.jpg



2706136.jpg 27061318.jpg
花の名前は聞いても忘れ 花の資料も読みませんでしたので書きませんでした


27061319.jpg

礼文利尻の島は寒気の影響で、北アルプスの標高2,500m以上の山に咲く高山植物を低地で見る事が出来るそうです。



ハスの花が咲いて     出雲市斐川町  

出雲市斐川町神庭の 荒神谷史跡公園の池に古代ハスが咲きました


27062526.jpg




27062527.jpg




27062528.jpg





27062529.jpg
花を愛でるタイプでは有りません、写すのも早くて雑です レンズもマクロは持っていません
 デジ一眼を持ったきっかけは 花を写すのになぜ時間をかけて三脚で大きなカメラで写すのか疑問でした
  今でも疑問ですが こだわりとか コンテスト出品からでしょうか。


27062530.jpg
朝6時ごろ目が覚めたので、サイクリング5km 20分で到着

帰りに畑で くよし(枯れ枝・干し草・家庭ごみを焼く事)をして帰宅。
 くよしは都会では絶対無理、田舎でも原則禁止のようですが、そこはそこ現状は・・・・。
 


27062531.jpg
放牧された牛さんが 餌の牧草を食んでいます色艶が良いのは放牧だからでしょう。


惑う株高 円安  

18年半ぶり 東証 20,900円超えにどうしよか、保持株をどうしようか?
 7月上旬の 広島と東京のOFF会・セミナーでは 知人友人の元気な福々しい笑顔に会えると思います。

  高齢者ともなれば増やす事よりも
   きれいに上手に使ってこそ1人前とは 我々の恩師の教えでもあります。



アベノミクスを ネガティブに批判した人は多分 株もドルも買わなかったでしょう。

安倍総理台頭を良しとして 株 ドル を ポジティブに買い動かせた方は
 金融資産が2,3倍になったと思います、アベノミクスと言われる由縁でしょう。


昨日は 都会の空気を味わう為大阪までドライブ、”老い”がテーマの講演CDセットを聞いてのドライブも楽し
 数年ぶりに取引先へ立ち寄れば歓迎され 話に花が咲きました。

  現実は庶民段階ではアベノミクスのお日様はまだ陰っている感じです。

”ヨドバシカメラ”で 旅行用にミラーレス一眼カメラ を買う気分で歩き回っていると
 爆買集団に曹禺 20年前にはホッテントットと揶揄された日本人もパリ・NYで爆買だったと思います。

揚がる 話ついでに 45度の急坂を上がるイベントを写しました
27062711.jpg

27062713.jpg
三菱デリカのディーゼル仕様車デモンステレーションイベントを偶然見る事に

27062714.jpg
前方は 出雲市役所庁舎

27062712.jpg
ドライバーは  業界では著名なレースドライバー

27062715.jpg
全国を三菱車のデモを巡回中





Cafe THE PARK 出雲  

出雲の ザパークで ランチ
27060512.jpg
一階は ショップ


27060515.jpg



27060513.jpg
家内は1プレートランチで パンは無し
    スパゲッティーには パンが付きます


27060514.jpg
ボリュームも あり 美味いランチになりました


27060516.jpg

メンズのショップを見てまわりました、買うのはためらって結局見学のみ










スナップ  

スナップ




27052313.jpg
1



27062521.jpg2



27062523.jpg
3






27062313.jpg


27062312.jpg



27062311.jpg


27062522.jpg








「父の日」のメッセージ
私は普段は全く ガミガミなど言いませんが  「父の日」と 「誕生日」そして 「株主総会」兼家族会議の3回は、
 和えて客間で家督(今はもう無いでしょうが)と社長としての家庭と会社の方向と自身の今後あるべき姿を短時間で話しました。
 


山陰の小京都    津和野の街      

「山陰の小京都」 と言われるのは
 島根県の西方、山口県の県境に有ります  津和野町です

27062214.jpg
古い街並みに   赤いバイクが似合います 遠方からのライダーです

27062216.jpg
この街の象徴 津和野と言えば
 鯉です    写したのは鯉の少ない場所でした
    鯉は丸々と太った、お相撲さんの太もものような大きな鯉がいっぱい

27062211.jpg


27062212.jpg


27062213.jpg
いかにも 古色蒼然とした 佇まい

27062215.jpg
山口線を 本物の 蒸気機関車が走るのがJR山口線



27062218.jpg
太鼓谷稲荷神社 へ参拝

27062217.jpg
今回 ご近所の高齢者ご夫妻と県西部の 益田市へ所用で出かけたついでに
 隣町の 津和野へ 来ました 何十年ぶりかの 津和野で たいそう喜んで頂きました。
  
   我が家から 100kmは浜田市、 益田市は150km、 津和野町は180km





出雲大社神門通り  

出雲大社の神門通りの様子を写しました


2706221.jpg
出雲大社参道入り口より
 大鳥居までの数百mが 神門通り

2706222.jpg
参道から 本殿に向かって写しました、本殿まで10分も有ればお参りできるでしょう


27062014.jpg

27062011.jpg


27062013.jpg




27062016.jpg
老舗の貫録  ”いづも” となっています、 今は ”ず”を使う  いずも がほとんど



27062012.jpg
土曜日の午前中は 大社門前いづも屋が ”縁結び坂スタジオ”に変身!
  コミュニティーFM”FMいずも”のオープンスタジオになります 
   ”WEEK縁どようび”
 OnAir中を写しました


毎週土曜日FMいずも で聴ける 世田谷キャロットスタジオから13:00~15:55 OnAirの 
 「あのころ、青春グラフィティー」はMCの絶妙なトークと
       ほぼ同世代的なPOP'sを聞くことができるので楽しみの放送です。
 


オタトマリ沼の店    利尻富士町  

道北旅行2日目は 利尻島

オタトマリ沼  
  逆さ利尻富士 撮影のビュースポットと知ったのは後からガイドさんより


2706201.jpg
神秘的 な オタトマリ沼
 利尻山が見えれば  きれいな逆さ利尻富士になるでしょう

27061922.jpg
バスから降りて オタトマリ沼を見てから
 大きな土産物屋さんと  小ぶりな ”利尻富士レストハウス” 2店有り

27061925.jpg
しぇわやき(働き者)で チャーミングな おかあさんをパチリ  ブログOK
 じがねはなし(とりとめのない話)をして楽しかったです。

27061924.jpg
幸せな お父さん  ”わかさんの店”の 店名の由来は お父さんの苗字からだそうです

2706202.jpg
穏やかで優しいおとうさん と しゃりんしゃりんとした(花が咲いたように明るく元気な女性)おかあさんの店

また行く機会が有れば 立ち寄りたい所です


2706203.jpg


27061926.jpg

おかあさんに勧められて ”焼きウニ” 味噌汁は 誉めたので サービスして頂きました


北の国の 食べ物   道北  

利尻島   礼文島  で食べた 海鮮料理は 最高に旨く
 満足できた 料理でした

27061911.jpg
利尻島での朝食は最高に旨い 
 若いスタッフは躾も良く サービスも良かったので
  ”美味かった、ありがとう” が自然と言うことができました

27061912.jpg
昆布 イカの塩辛 佃煮 卵焼き   昆布ごはんはお替り
 私的には だし巻き卵が特に美味かったのは 調理人さんの腕のようです

27061913.jpg
ホテルの設備はともかく スタッフの皆さん と 天然温泉が良かったです
「利尻富士観光ホテル」の1泊でした


         *****************************************


礼文島の昼食は フェリーターミナルの2階
27061917.jpg
「武ちゃん寿司」は 元気なスタッフ勿論美人でした

27061914.jpg
海鮮丼は ボリュームいっぱい
 新鮮な素材に わさび醤油で美味しくいただき

27061915.jpg
食事にはビールを飲まれる方がほとんど、どうでもよい事に感心。


         **************************************************


稚内の夕食はANAのホテル
27061916.jpg
旅行会社の努力のたまもの
 結構な 料理が出ました

27061918.jpg
  皆さんは飲んでご機嫌でながながと歓談
   1名で参加なのでマイペース、 寂れた稚内の夜を1人で2時間歩き回りました


        利尻富士の万年雪の雪解け水のせいか 水道の水が美味い、食べ物が美味い利尻島でした


映画を見て、本を読んで 心豊かに  

日経の広告に 「勁草」けいそう(風雪に耐える強い草)オレオレ詐欺を題材にした小説
 SCの親しい書店に現物有り、オシャベリが楽しくカワイイ真実ちゃんから買いました



27061713.jpg
「勁草」 黒川博之著 読み始めたら 面白くなったので
 三晩は TV無し 和室で1人静かに 読み終えました
  最近は 根が続かないので500ページ位読むのに1,2週間かかりますが今回は3日で完読。



中国の名監督 チャン・イーモー監督「妻の家路」原題"Coming Home"

27061712.jpg 27061711.jpg
あの文化大革命後の 家族 夫婦のきずなを 描いた作品
 起承転結の  結は 私には解りづらいながら、余韻を残した チェンイーモー作品でした


27061714.jpg
以前 NHK早朝ラジオの健康番組で 地方訛りの朴訥とした語りで聞いたような
 安保徹教授の言われた ”人は生活スタイルに合わせた、体になる” 印象に残る言葉でした
 本屋で見かけたので早速買いました。


    6月21日の「父の日」には 図書券 を希望しています。
 

国宝 松江城  

国宝になった 松江城を写しました

27060313.jpg


27060311.jpg
歴史を刻む階段
 築城以来の階段か その後の階段か知りませんが


27060312.jpg
天守閣から  宍道湖の嫁が島を 眺望




27060314.jpg
観光客が増えつつあるようです




27060315.jpg
2706181.jpg
島根は最下位、 伸びる要素はたくさんある島根です
 情報発信次第で マーケットは無尽蔵

27061323.jpg
6月9日稚内のANAで日本経済新聞を読むと社会面トップに 
   郷土史家の藤岡先生の記事が載っています  おべました(驚きました)
    


-- 続きを読む --

アメリカ村をブラブラ   大阪  

昔 大ブレークした アメリカ村を 自転車で徘徊

2705318.jpg
自転車を車載してきました
 本町の駐車場にとめて 自転車で難波界隈をポタリング


27053120.jpg
デジ一眼を首からぶら下げて 目についた光景をパチパチ


2705317.jpg


2705313.jpg



2705312.jpg
三角公園で ストリートライブ 


27053114.jpg
コスプレファッションはほとんど見ません


2705311.jpg


27053115.jpg







利尻島の景色  

ツアーには1人参加 夫婦者・女性グループの高齢者がほとんど 1人参加は2名だけ 

 私は 時間厳守だけ守り あとは1人気ままに ブラブラ
   皆さん食事にはビールが当たり前、  酒も飲まない質素な暮らしぶりに驚きのようでした。


27061211.jpg
利尻山全体が綺麗に見えるのは 年間でも数日 チョット見えれば幸いの思いです
  利尻から 礼文島へ向かうフェリー船上から 


27061212.jpg
稚内から 利尻島へ 着岸前

27061214.jpg
デジ一眼とレンズは70-300㎜・24-105㎜を持って出かけました

 観光のみの旅行は 数年ぶり、 国内をバックパッカー気分の1人旅ならしたいです。


27061217.jpg
オタトマリ沼では  野鳥が乱舞
 静かな湖面に 逆さ利尻富士が有名ですが、 今回は雲に覆われていて無理






2706123.jpg

アザラシが 岩にいます  300㎜ズームだから撮れました

2706142.jpg
南浜湿原に咲く花の説明をしてくれた 専門ガイド

2706143.jpg
南浜湿原を25名のグループが 散策   
   花 野草 高山植物 が好きな方が多かったですが、私は門外漢で興味なし


27061213.jpg
出雲空港へ向かう機上より 雲間から頂上が見えたのが 利尻富士1,700m








ペシ岬の 松井久幸写真館    利尻島  

利尻島のフェリー岸壁の近くに  眺めが素晴らしい岬 ペシ岬が有り
 岬の登山道入口にあるのが  「まつい写真館」
2706128.jpg
初めて見て 通り過ぎた時は 何も感じなかった店も
 帰りに 店内に入り 見学 マスターの朴訥とした語り
  翌朝、再度立ち寄るとは思いませんでした   1人旅の気ままな行動ゆえの産物でしょう

マスターの伝えたい思い主張が、お客様に伝わる感じをうけた カフェ&ギャラリーでした

2706124.jpg
まつい写真館脇の 細い登山道を登って 約100mのペシ岬頂上へ挑戦


2706125.jpg
普段 山登りも ウォーキングもしない私にはちょうど良い運動
 帰りには まつい写真館で お茶すれば良しと 時間調整


2706127.jpg
写真家 松井久幸氏の 写真が展示してある ギャラリー

2706122.jpg
20代の時には毎年礼文へ旅行、そして10数年後 首都圏から利尻島に移住
 写真家 松井久幸 として プロのフォトグラファー 



27061321.jpg


2706121.jpg
当日と 翌朝 2回お邪魔  穏やかな紳士は再度の訪問に重い口ながら
 生き様から 島への定住に至る この島の魅力を熱く語ってくれました
   お礼に 思いのこもった写真集を2冊買いました。


礼文島の 岬  

花の浮島 礼文島

スコトン岬

27061337.jpg
最北限の地 スコトン岬  前方の島は 通称トド島

27061338.jpg
記念にもなろうかと 犬のように匂い付行動をします、
 動物の本能か?  世界一高い・日本一高い・何々1番  トイレに行きます。

27061339.jpg
お土産を  ”爆買”とまでは行きませんが 
 1万円以上送料無料にほだされ買う事に 待つ間 昆布饅頭とコーヒーを



27061335.jpg
バスを見送ってくれた  お土産屋さん


27061340.jpg





27061341.jpg




27061343.jpg
桃岩 は ガス発生の為 全く見えません




今日は2ヶ月に一回の 年金支給日 忙しくなる日です




宗谷岬       稚内市  

宗谷岬といえば ダ・カーポ の唄でしょう

 それぞれの 思いをいだいて 最北端の地へやって来られるでしょう


27061221.jpg
”最北端の地” の モニュメント は 極シンプル
 思いに思ってやってこられた方には 少々 拍子抜けかもしれません。

  ユーラシア大陸最西端ポルトガルリスボンの ロカ岬も感動に値しないそっけない感じ。
   


27061224.jpg
徒歩 自転車 バイク の 人たちは 宗谷岬を目指してやってくるでしょう
 観光バスの方々と違って 北を目指す思いがより深いでしょう


27061222.jpg
ケバケバシイ店が無ければ
 静かな 寂しい 宗谷岬になったでしょう


27061112.jpg
宗谷岬公園から 北のサハリンに向かってオホーツク海を一望


27061113.jpg
無料”流氷館”も一番に入りました



27061223.jpg
宗谷岬公園 には 野生の シカ 狐など 現れました

 芝生 花も 綺麗な公園に癒されました

27061218.jpg
野生の キタキツネ?


27061216.jpg
宗谷岬公園周辺で見かけた 野生のエゾ鹿


カフェ モルファ    松江市  

ホットケーキが美味かったと 聞いていたのを思い出して

27060525.jpg
松江市田和山の
 カフェモルファへ 昼時は 満席ですが  午後の空いた時間に立ち寄り


27060522.jpg




27060521.jpg


27060523.jpg
厚い ボリュームの ホットケーキ

27060524.jpg
1個を 2人で 食べて 充分











眉倶楽部の客人と    利尻島  

利尻島へ上陸した話

2706111.jpg
6月9日 初めての道北の旅
 利尻 礼文 宗谷岬 出雲空港~稚内空港チャーター便なので簡単
   フェリーから 利尻山(通称利尻富士地元の方は利尻山にこだわっています)が見えてきました

2706112.jpg
昼に通った時に面白そうな店だったのでチェックしておきました

 ホテッルチェックインは15:30 6畳和室で明日の09:00出発まで 用事なしは退屈すぎます 
テレビを見ても充実感が無くぐうたら感になります、くだらない番組制作にも批判的ですので余り見ません。

  本を持ってこなかったので 村1軒の小さな本屋さんへ 
   背表紙は色褪せた文庫本を3冊と週刊誌2冊買い退屈しのぎ準備


2706115.jpg
夕食まで3時間あり、 たこカレーを食べに”眉倶楽部”の戸を開ければ  雑然
 男くさい部屋に  エマニエルの出迎え 
客の若者が マスターは買物でお出かけ中  ”僕留守番です”
 留守番さんといろいろと楽しい旅の話 テントと寝袋旅行 3日ぶりの屋根の下 ここで泊めて頂いたとか 


2706114.jpg

27061231.jpg

落書き 情報 写真 名刺など ペタペタ
 床は 寝袋で寝るでしょう 布団などは無し 


2706113.jpg
離島大好き にいちゃん は利尻山登山成功して、 タバコを一服してから いよいよ島を離れます
 四国の ”猫島” へ行くとか  若人には人生いろいろなスタートが有ります
 
  稚内の夜はテントで一宿と聞いたので  ドーム岸壁か道の駅”わっかない”が最適と教えてハイタッチでバイバイ

2706116.jpg
高齢者の私は タコカレーを食べて 話をして 元気をもらいます

ほぼ同世代のマスターとは映画の話 著名人が集った銀座のクラブ時代の話 
   利尻の話 にカルチャーショックも!   眉倶楽部 の由来は 聞きそびれましたが
    東京から脱出13年前に利尻へ、哲学のある生き様に”おっちゃん乾杯”。

 
 



2706117.jpg
ライダー バックパッカー 岳人には ”一宿二飯” 2,500円位か”ただ” で絶大な人気のライダーズハウス
 
ホテルでの夕食を終えたのが20:30 まだ時間たっぷりで退屈な夜、またまた 眉倶楽部を訪問
  北の海を守る海上自衛官さんと 山・スキー・バイク・旅行・故郷  22:00まで楽しくお話     
   有意義な 利尻の夜に 大満足でした。




難波界隈散策      大阪  

大阪へ来れば 一応難波へきて 都会の雰囲気を味わいます

 今回は 自転車で 市内を1時間ポタリング 写すことは 少なかったです。


27060320.jpg
戎橋

27060321.jpg
心斎橋筋商店街 ずっと先が見えます

27060322.jpg
行列を待つのも モチベーションがあがるでしょう

27060317.jpg


27060318.jpg
ストリートライブ も おとなしくなりました

27060319.jpg
流行りの店は いつも 並んでいます

2706071.jpg
 平日のすいた時間帯です
  いつもは 歩くのもたいへん、今時は外人観光客で溢れています 







大きな客船  

境港市に大型客船が相次いで入港のようです
 今回はコスタヴィストリア号 船籍など詳しい事は全くわかりません

27060327.jpg
境港市 まで 50km 約1時間のドライブで 見学に来ました

27060323.jpg


27060324.jpg
韓国からの観光客でした
 

27060325.jpg


27060328.jpg


27060326.jpg
豪華客船の旅は ランクがいろいろ 値段も色々
 誰と行くか 1人でか  期間は1週間~3ヶ月 家族に相談が一番大変 


   私は 10日は利尻島 から 礼文島へ 向かって フェリー乗船中


27060529.jpg
”愛機巡礼” 静岡ナンバーのシニアバイカー
 富士山は当然ながら 今回三徳山へお参りをして松江城へ、兵庫竹田城跡も
  限られた自分の時間を有意義に使う生き方、 うらやましく思う自分です


出雲蕎麦 ふなつ     松江市  

午後の会合の前に どこで食べようか
 軽トラ車載の自転車GIANTエニロードなので どこでも入れます。

2706046.jpg
車では入りにくいので いつもは入りませんが 自転車なので入ります

2706041.jpg
知る人ぞ知る の感じの店  常連さん 通の人 観光客 ふなつ目当ての方
 


2706042.jpg
出雲蕎麦の名物は ”割りご蕎麦”
 

2706044.jpg
 蕎麦の前に ”卵焼き” と書いてあったので
   ”卵焼き” も注文

2706043.jpg


2706045.jpg
デザートも 美味しく 絶品の 味でした 満足


   今日9日は 北海道の利尻島 で ウニ丼 を食べていると思います。

港でのパフォーマンス   境港市  

境港市の 大型客船岸壁に 外国から 円安効果の観光客が訪れるでしょう
  豪華客船 大型客船 がこれからも 入港するでしょう



27060331.jpg
”しまねっこ”も 登場 

27060337.jpg
港岩壁では 歓迎送迎 
 おもてなし のパフォーマンスあり

27060332.jpg


27060526.jpg



27060527.jpg




27060336.jpg



27060333.jpg
島根県の民謡  安来節 を 披露される 寸前の
 ”どじょうすくい”のおじさん 



尾道へ    やまなみ街道  

高齢者3人とU70の家内とで 広島県世羅町で花とか果物の観光農園などを見に行くことに
 松江道路通称やまなみ街道を120km、世羅IC降りて 
  看板目当てに観光農園を探し回るも季節外れ 芝桜も終わり、見るもの無し

急遽、50km先の 尾道市へ行くことにしました 様子が解るのは私だけ

2705281.jpg
高齢者ともなれば、ロープウェーに乗って上がって 下るだけ  
  山頂では30分ほどの休息をしてから降りる事に

2805286.jpg
千光寺公園を 上から望むだけ  

2705282.jpg
皆さん 初めての尾道、 出掛ける事の少なくなった高齢者には脳と体への刺激になったようです。
 家内はどこへ行っても たんびがはじめて(来た事を忘れ、初めて来た)
  本人も自覚しているほど忘れ方が酷いです、 
    後は見ない方なので、良い意味で忘れられる事は幸せな事だと思っています。

2705283.jpg
ロープウエイは4分余りで到着、年寄になれば歩かないのが一番 
 私はガイド件運転手の役割、好きな事なので苦になりません   たいそう喜ばれました


2705284.jpg
しまなみ海道 尾道~向島間の橋が見えます

2705285.jpg
向島の 造船所風景

 数年前に ピナレロロードバイクを車載して尾道まで、 
  尾道~今治間80kmをサイクリングしたことが有ります、帰路は今治~尾道までバスに輪行
   今年 もう一度 挑戦する元気が有るか 前日に決める事が有るので気分しだい
    橋の上を瀬戸内海の風を受けてのサイクリングは最高、
     ”道の駅よしうみ”の ”海鮮七輪バイキング”も 舌が覚えています。

     しまなみ海道はサイクリストのあこがれの地






ディナーを BABY FACE PLANET’S  松江市  

娘家族と夕食を
”BABY  FACE  PLANET’S”で


27052812.jpg
ランチには入っても

 夜は初めて

27052810.jpg
孫が主役で大人4名
 サイズが大きい オムライス


2705287.jpg


2705288.jpg


2705289.jpg
若い人達が 駄弁る 食う 
 楽しい場所でしょう


27052811.jpg
エスニックな世界でした



27060511.jpg
出雲の今日は  月遅れの 節句
 当地では ”笹巻”を食べる風習です
我が家は 餅類が好きなので 昔おばあさんが健在の時は作った思い出が有りますが
 今は笹巻を買っています、また家内の友達から 頂くことも多く有ります。





スナップ  

スナップ


27052123.jpg
1


27052122.jpg
2

27052120.jpg
3


27052119.jpg
4

27052124.jpg

5

2705221.jpg
6


2706031.jpg
7

27052129.jpg
8



27052128.jpg
9




水木しげるロード    境港市  

大型客船 クルーズのお客さんで賑わう
 境港市の 水木しげるロード を写しました

2705291.jpg
派手な ファッションは 隣国 ”アンナイハヨセ?ハセヨ”

2705294.jpg
旅行中には 食欲  ミーハー気分 快眠 快便 家を忘れ TV新聞を見ない がベストと思っています。

2705295.jpg
この国も 女性が 元気
 男は添え物のようです 下駄屋でお土産物色中

2705292.jpg


2705293.jpg
凄い 隣国のおばちゃん のキムチパワーは  ヒョウ柄の大和なでしこ をも一蹴するでしょう
 出雲弁で 言うところのおじぇもんなし(怖いものなし)

2905296.jpg
今も生きる
 駄菓子屋には おばちゃんは興味ないようです
  お客さんは 良い子とおじさんでした




2705298.jpg
コスタヴィストリア号
 漁港しかない出雲では 大型の船を見る事は有りません 珍しいです

2705297.jpg

16:00頃から乗船が始まります、出港時間は解りませんが 楽しいクルーズでしょう。


「三峡巡り」沈没死者多数 痛ましい事故です
  10年前に 重慶から長江下り 世界最大のダム三峡ダム完成前の
    ”三峡下り”3泊4日乗船経験あり      生還を祈るばかりです。



  ”ピースボート”7月31日広島港船内見学しますが
    まだ 船の旅 に具体性は有りません、行けば気ままな1人での旅になるでしょう。





子守は アウトドア派  

3歳9ヶ月になる 孫の子守には 家の中で子守より 軽トラに乗せて 
 外に連れて出歩きます 5月31日の午前中は出雲空港と宍道湖湖岸で砂遊び

午後は 出雲大社の駐車場で観光バス見学から始まります
 そのあとは 5時まで いろいろと有ります


27053113.jpg
池の鯉に 餌をやってから、大注連縄の神楽殿でおがんおがん(幼児言葉、拝むこと)

”二礼四拍一礼”
  出雲大社の参拝の習わしです



2705316.jpg
お日柄もよろしいようで


27053111.jpg
観光バスが 引っ切り無しに 出たり入ったり



27053110.jpg
夜祭りの 準備中
 秋に全国の神様 降臨の地 稲佐の浜

2705319.jpg
稲佐の浜 夕刻 「篝火舞」KagaribiMai は 16:00~21:00
 本番に向けて 調整中 前日は雨で順延のため力が入っています。

27060121.jpg
賑やかな2輪車が日御碕灯台方面から 数十台連なってきました

27053112.jpg
最新の海上自衛隊護衛艦  ”いずも” の雄姿 
 大社漁港沖合2kmに停泊 6月4日まで出雲周辺を巡る史跡研修 も兼ねての就航披露のようです。
2706033.jpg

27060118.jpg
05:30美保神社スタート 出雲大社ゴールまで300m地点出雲大社勢溜まり 参道前です

 「えびす・だいこく100㌔マラソン」の選手を写しました14:00頃、
   遅いチームや個人がゴールするのは、夕刻かもしれません。

5月も楽しい事がいろいろありました 
    30日は大阪までドライブしてきました  健康で有難い事です。


国宝 神魂神社     松江市  

松江市の郊外に

 神魂神社かもすじんじゃがあります


2705251.jpg
佇まいが 地味なので ひと気は有りませんが
  国宝でもあり 趣が有り 静寂さが一層雰囲気を醸し出しています


2705252.jpg



2705253.jpg


2705254.jpg


2705255.jpg


2705256.jpg
近くの 私立高校の生徒が帰る所


▲Page top