出雲での、今日明日

 頭も軽く ・ 心も軽く ・ 軽いのりで  行こうと!

「我らがパラダイス」  林真理子著  

林真理子の本はほとんど読みません 対談 エッセイ は目を通すことは有りますが

2905177.jpg
セレブ入所の高級施設を舞台にしたテーマは面白く読みましたが、最後のあと10ページを読む気がしなくなりました、現実味のない感じのエンディングだったので2週間してからやっと完読、起承転結はむつかしい、映画化すれば脚本はどう仕上げるか。

「下流の宴」も訳の分からなかったNHKドラマの印象が有りました。

この本は書店で見つけ  ”横丁カフェ” の書評を見て買いました 
  書評筆者は仁多郡奥出雲町出身  ド田舎から大都会のど真ん中BC八重洲本店で勤務。

倉本 聰の 「いやしの郷」がオーバーラップしました。





2905175.jpg
まだ読む気がしません、退屈でも忙しくても読む気が起こらないのは、複雑な内容に煩わしく思うからでしょう。







▲Page top