出雲での、今日明日

 頭は柔らかく ・ 心は軽く ・ 歩みはゆったりと  行こうと!

大山寺参拝    鳥取県大山  

梅雨入りながら 空梅雨模様
 気温30度越えの快晴 意を決して 大山まで ドライブ 1時間チョット80km


2906211.jpg
大山寺参拝駐車場から5分程度で山門に着きます
 家内は日々のお疲れで 車中で休息


2906212.jpg
大山寺本堂へお参り
"御先祖様に会える寺---------。


奈良時代養老2年(718年)  したがって来年が 大山開山1300年だそうです


2906213.jpg




2906214.jpg



2906215.jpg




2906216.jpg
鐘楼の大釣鐘をありがたく ゴーン3度撞かせていただきました。


  「誰は為に鐘は鳴る」アーネストヘミングウェイ著 映画(1943年)ではゲーリークーパー・イングリットバーグマン
  昔のことを思い出しますが、最後は何だったかテーマがむつかしくて理解できませんでした、今読めばどうでしょう。

  




2906218.jpg
山門から 参道 登山道を下る急な坂道を写しました



2906219.jpg
大神山神社の鳥居をくぐって、自然石が石畳上に敷き詰めた 参道をしばらく歩けば
 大神山神社 の境内 拝殿にたどり着きますが今回はお参りはしませんでした。


FMラジオ「あの頃、青春グラフィティー」6月24日は18年前に他界した歌手村下孝蔵特集でした、
 元マネージャーがリクエストした ”丘の上から” 琴線に触れる調べです 御手洗の丘公園ユーチューブで見ました
  哀愁ただようマイナーな曲作りとギターの上手さは抜群、なぜか村下孝蔵を聞くと涙腺が緩む感じになります。


▲Page top