出雲での、今日明日

 頭は柔らかく ・ 心は軽く ・ 歩みはゆったりと  行こうと!

「ベルリンの秋」 春江一也著  

「プラハの春」に続く春江一也著の 中欧3部作
 「ベルリンの秋」上下巻を 秋の夜長  昼の雨読で読みました
  20年前発刊  舞台は50年前の DDR東ベルリンが舞台  マルクスレーニン主義をソ連から押し付けられた東独



29081511.jpg
歴史的事実に基づいた ベルリンの壁崩壊に至るまでの ソ連 東ドイツ 西ドイツ 東欧諸国を描いた
 フィクションながら 当時の現役外交官ならではの詳しい時の流れ 感動して読みました。

しばらく重い小説を完読した余韻が残っています、10月に東欧3部作の最後 「ウイーンの冬」を読もうと思います





29090139.jpg 29090140.jpg
 キースジャレット(P)の名盤 西ドイツケルン市での「ケルン・コンサート」CD 1975年を聞きながら、読みました
 当時西ドイツでは自由な市民生活、東ドイツはホーネッカーの独裁国家、ベルリンの壁が崩壊する14年前のジャズコンサート!




29081512.jpg
共産国家 社会主義国家 独裁国家   国民を統制管理
 権力維持のため 猜疑・密告・保身・粛清・謀略・へつらいの権力闘争 習・金・プー NO2を抹殺した歴史の国の為政者
  今の日本からは想像もできない、民衆への締め付け  権力者の堕落・退廃したモラル    ウ~ン、人間とは! 




29081514.jpg
この秋に行くのは厳しいか 現状の家族の状態では言い出せないのです。




2908183.jpg

9月18日は 「敬老の日」 私は該当するかもしれません、誰かがプレゼントすれば倍返しをします。

本屋さんで興味ありそうな 高齢者向けコーナー、本のタイトルを忘れるので写します レビューを見て買います。



▲Page top