出雲での、今日明日

 頭は柔らかく ・ 心は軽く ・ 歩みはゆったりと  行こうと!

百田尚樹 「永遠の0」  

TV「たかじんのそこまで言って委員会」に出演の著者のキャラが気にいり
「永遠の0」を読んではまりました、
 敗戦近い 昭和17,8,9年そして敗戦の20年、私の生まれた時代の 命を賭して戦った戦闘員の生と死、軍の不条理を淡々と描いた作品でした   書評はしません。


2502183.jpg


初の作品ながらミリオンセラー、取材力・知識に感心しました、
NHKFM日曜12:15トーキングウィズ「松尾堂」"本と古書の魅力を語る”で 
作家百田尚樹が出演され薀蓄のある語り、以外にもお笑い系出身のようです。
  
 秋には映画化されるようです、読みながら 映画に出来そうかなとは思っていました。




我が家は戦争の犠牲者は親戚にも無く、
  凛々しい海軍姿の父の写真が唯一戦争に係った印として有るだけです。

特攻魚雷「回天」特攻機「零戦」十死零生の武器を考えた罪深い戦争とは
 「桜花」綺麗な名の非道な特攻機   呉市の「大和ミュージアム」へもう一度行かなければ


次は「海賊と呼ばれた男」上下刊買っては有りますが、次の次読もう

2502181.jpg
松の木に 雀が枝にいつもたくさん
 写してから解かった事は 身を守る為 
  松かさと同じ格好に見えるのでとんびなどの天敵から逃げる為
 
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://oka64.blog118.fc2.com/tb.php/2083-817f5a67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top