FC2ブログ

出雲での、今日明日

 頭は柔らかく ・ 心は軽く ・ 歩みはゆったりと  行こうと!
2020/08≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2020/10

マチュピチュと言われる地     

11月22日 朝8時に 松江~尾道間通称”やまなみ街道”を通って
 ”しまなみ海道” を渡り愛媛県 来島海峡大橋 道の駅よしうみ 昼前に到着 サイクリングと食事を終えて、さてどうする

この日は 曇天だったので  石鎚山ドライブをやめて  行き先を急きょ変更  
 「東洋のマチュピチュ」言われる新居浜市別子銅山へ行くことにしました。  




01112211.jpg
曇りの日だったので 山に囲まれた 別子銅山に到着した 
  午後3時ごろには日没が近い感じの暗い日になりました


0111221.jpg
今日は マイントピア発の東平行き 別子銅山産業遺跡群ツアーバスは終わったので
 次回に 行くことにします



0111222.jpg




0111223.jpg
新居浜市内から30分程度山間部へ入った場所  が別子銅山




01112216.jpg
ポスターを写しました    
   愛媛県新居浜市 東平Tounru 別子銅山の採鉱本部の全景 
  「東洋のマチュピチュ」と言われる地です    我が家から250km  


0111225.jpg
小さな 観光列車が通っていました
  どこへ行くかも知りません   今回勉強不足何も知りません




01112215.jpg
道の駅 マイントピア別子 結構規模の大きな道の駅
 観光バスも6台来ていたので  結構人気の道の駅のようです


0111226.jpg
種々鉱石の展示がなされています

10年位前か いずれ中国で銅不足が発生する予見、銅銘柄を香港証券取引所HKEXで買い 今だ保持中!



0111227.jpg
閉山して42年だそうです  



0111228.jpg
マチュピチュへは 遠すぎる辺境の地行きたいとは思いませんが   クスコの街をストリートビューで見て
 アンデスの高地に住む紫外線に日焼けした皺の顔 インディオの派手な民族衣装は写したい思いは有りますが



0111229.jpg
来春ごろに また来てみようと思います  私的には近い距離です 250km






コメント

東洋のマチュピチュ、知りませんでした。素敵なところですね。南米のマチュピチュにはすごく憧れますが、行くのは大変そう。せめて東洋のマチュピチュには行ってみたいです。
おもひでや、行ってきました。本当に隠れ家ですね。非日常な雰囲気の中でお洒落なランチ。良かったです。今度はモーニングに行こうと思います。
okaさんの行かれたところに行ってみる。また一つ楽しみができました。

テレビと国会の話。全く同感です。国会に至っては、これこそ税金の無駄遣い。もっと前向きな議論をしてほしいものです。

okayoさんの意見に賛同します。国会の話、一日に大金が会議費用にかかるようで何とか必要なところに適正に使って頂きたいと思ってしまうのはいけないのでしょうか。寄付やボランティアも必要、国会でも節約?できるところはあるようにみえます。選挙で選んだ私たちのお願いです。
現実をみてブログ写真で癒されるこれもありです。

おはようございます。
ここは行きたくてずっとねらっていたとこです。
読売旅行で募集してましたが都合が悪くて断念しました。
来年は行こうと思っています。
写真を見て益々興味倍増です。

東洋のマチュピチュ  たたら山内に 通じる何かが有るかもしれません
 成田からマチュピチュ到着まで40時間大変です、でも人気です。

くにびきへ入って クラスの皆が友達感覚になりました、でも雑談する時間の余裕はありませんね、卒業してからかもしれません。
 下戸なので ランチとカフェ巡りになります、また探しときます。

テレビのニュースはほとんど見ません、見てもどうしようもないので。

 ドライブ用に NHK”文化講演会”講師により面白いです
今日は「万葉びとの朝」上野誠氏学者らしくない語りが面白いので録音しています。
国会もラジオ録音した時も有りましたが、聞いてもしょうがないと OFF

別子銅山 道の駅から 2時間の観光バスツアーが有り 次回はこれだと思いました 13:00が最終です、1、2月は運休です。
資料を差し上げます。

 元気で好奇心があれば どこへでも行けます 有難い事です。

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://oka64.blog118.fc2.com/tb.php/4681-98ed7f50
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。